ウェブログ・ココログ関連

2009年8月 7日 (金)

歯医者はもうすぐ終わりそうというときに別の歯が痛くなる(~20090807)

ひとまず更新のお知らせです。
(何をいまさら…)

REAL ARCADE PRO.2 SAのセイミツ化動画を撮ってみた
先日これの記事を大幅に訂正しました。
一応、これを見ていただければレバーとボタンの換装くらいはわかりやすく簡単にできるのではないかなと思われます。

おしごと。
よく、ユーザーの方から「メーカーに問い合わせたときにひどいこと言われた」という苦情を受けるので、「わたしは某社からの委託を受けている~という立場なので、芳しい結果は出せないかもしれないができる限りのことはお伝えしてみます」と、わたし自身ユーザーとして苦汁をなめた経験が山ほどあるのでがんばってみたいと思うわけです。
が。
このときの心境はまさに天田少尉の受勲理由を調べるジャックのような気がして、やるせないやら切ないやら。
本当になんとかしたいんですけどね。
というか、困って連絡してくるユーザーに対して、「あなたの使い方が悪い」的なことを言ってしまうエージェントやオペレータは、コール失格だと思うんですけどね。ユーザーに八つ当たりしてどうするんですか。打たれ方が足りません。鬱で狂って失踪寸前まで追い込まれるくらいじゃないと甘いです。
…まぁ、実際にあきらかにユーザーが悪い場合も多々あるわけですが、ご案内の節回し次第だと思うんですけど、難しいところですね。というか、最近のメーカーのコールセンターや修理工場、レベル低すぎますよ?はっきりいってわたしなんかより全然恵まれた環境のはずなんですけどね、事務所や工場で資料見放題で調べ放題なんですから。現場でいきなり突発的なことにも対処しなきゃいけないプレッシャーだってないでしょうし。なんでそれで配線抜けたままユーザーに返したり、動作チェックすればわかるような初歩的ミスを放置してユーザーに返却しやがりますかね?
プロ意識が足りないんだからねっ!…って、あれ?なんか別の話で似たようなことを書いた気が…あぁ、ゲーム屋さんのときでしたっけ、原典たる基板でちゃんとプレイしていればわかる差異をろくろく直しもせず放置したり調べもせず気づかないままリリースするのはプロじゃないって。やっつけ仕事もどんだけなのよ?って…SEGA AGES2500でM2のファンタジーゾーンCCは不幸な事故だと思ってますけど。あれは岡野哲にパッケージイラストを描かせてしまったことで不幸を呼び込んでしまったのかもしれません。あの不気味で楽しくなさそうなパッケージイラスト、なんとかしてほしいなぁと…別の人に描き直してもらって、ついでにエンディングのバグも修正して、しれっと発売してもみんな買いそうな気がしますよ?ファンタジーゾーンだし。わたしなら買っちゃうな。
というわけでセガのお偉いさん、ファンタジーゾーンCCを修正版で再販してくださいな。パッケージも要修正項目ですよ。


オチません。


追記
さっきのココロさん。
02
…あの、なんかあったんでしょうか?(涙)


そういえば風邪は治らず微妙に悪化してるような、でも大丈夫。
調子悪そうに走ってるのが外から見てわかるのか、後ろの車がめちゃくちゃ車間をあけてくれるので、安心して走れます(苦笑)。
確かに、ひよりんみたいに頭ぐらぐらしながら走ってるのが前にいたらわたしだったら怖いからやっぱり車間あけるかな、と客観的に考えると…迷惑なやっちゃなー、という気がしなくもなく。
そういえば車間をつめてあおってくるドライバーへの罰則が強化されたって話もあったと思いますが、効果なさそうな気がしますね。そんなに無茶しても変わらないよーって思うんですけど、むやみやたらに車間つめる人いますよね。警察はナンセンスなスピード違反を取り締まるよりも、そういう無茶に車間をつめるようなドライバーを取り締まってくれなきゃと思いますね。難しいでしょうけど。
クラウンとかマークXなんかの高級車とかいうのは、中の人は高級ではなかったり、運転自体もガラ悪かったりってのはよく見かけるですし、そういうのを何とかしてほしいところ。無茶かな…。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月 5日 (水)

プラズマクラスター爆弾(~20090804)

なんかすごそうじゃね?
”プラズマ”で”クラスター”ですよ。クラスター爆弾は禁止になったようですが、こっちならまだおkだ。
…などと、くだらないことを考えた土曜の午後。某量販店で空気清浄機を見て。

新ヱヴァンゲリヲンについていろいろ。
視聴者的には2回目、作り手としても2回目なわけでしょうが、ヱヴァンゲリヲンって別に輪廻する物語というわけではないので、確かに破のラスト付近でカヲル君が「今度こそ…」とは言っていますが、ぶっちゃけヱヴァンゲリヲンはひぐらしのような輪廻するループの物語という解釈は、わたしはしてないんですね。彼らにとっては、あれっきり。だから、そういう例えはどうでもよかったり。P17n…いや、プリズマティカリゼーションとちゃんと書いた方がいいか、それみたいにループを繰り返して出口を探すような物語でもないですし。
それに、シンジ君はたかだか中学生の少年です。そんな子供がドラスティックに世界の状況を変えられるわけがないことも、いくらアニメでもわりかし現実的縛りのあるヱヴァンゲリヲンという物語の中では致し方ないことくらいは理解しているつもりです。当たり前のことですね。だから、シンジ君が受け身でしか動いてないとかいう批判も的外れな気がするわけです。それでヱヴァンゲリヲンという道具・兵器も、実際にはとんでも能力を秘めているとはいえ、基本的には使徒殲滅のための兵器でしかなく、世界や物語すべてをどうのこうのできるような神的存在ではないわけで、夢も希望もない言い方をするならばあれはNERVに従って運用される兵器でしかなく、それもゼーレのシナリオをなぞるものでしかないというい大筋は変えられるわけもなく、というものなので、シンジ君がまわりの影響を受けてからの反応でしか動かないとか、物語をリードするような主人公活躍しないというようなハズした見方は、その発想はなかったとはいえ、わたしには到底受け入れられません。だって、今回のシンちゃん、すごい前向きだから。確かに旧エヴァがそこを意図的にかどうかはともかく描写しなかっただけじゃないか?という疑問をはさむ余地はあるにしても、今回のシンちゃんはじめ人物ほぼ全員、結構前向きかつそれなりの主張も持ってるようにわたしは感じましたし。なおかつ、旧エヴァと違って、自分のことばかりじゃなく、まわりのことも考えられてるという点では大進歩だと思います。たとえばシンちゃんのお弁当のこと、アスカがミサトさんにわざわざ電話でいろいろ伝えたり、レイがアスカのビンタを止めたり食事会を提案して自分でもなにかを作ってみようとしたり。いまさらとはいえあまりネタばれになるのもあれなのでいちいちあげつらいませんが、とにかくそういう他者とのかかわりを前提とした自己主張をはっきりもっていることが、今回の新ヱヴァンゲリヲンが旧作よりもベクトルが違って気持ちよく見られる点なんだと思っています。ささいな違いですが大きいな、と。
破のクライマックスでシンちゃんが「世界がどうなってもいいけど綾波だけは助けたい」というのも、別に動機のない突飛な行動だとは思わないんですよ。彼にとってはレイが食事会を開こうとしてくれたことが嬉しかった、そういう些細なことだけでも十分なんじゃないかなーと。今回の新劇場版は、そういうプラスベクトル?の些細なキッカケが積み重なって、旧作とはかなり違う印象を持たせるものになっているし、それは成功していると思っています。
見てればわかると思うんですが、新劇場版に対しては、わたしはほぼ全肯定、よくやってるという感想なんですよね。
これを細かいところをとりたてて揚げ足とって貶したくないというのが正直なところ。アクションとしても気持ちよかったし、上映時間よりも濃いと思える正味の時間を過ごせたと満足していたりもしますし。よくあの密度感のあるフィルムに仕上げられたなーと、ヱヴァンゲリヲン自体情報量の多い物語ではあるんだけど、ともすれば冗長になりがちだったり説明くどくて退屈だったり鬱陶しくなりがちなところも綺麗にまとめてるように思うので。
ぶっちゃけ娯楽なんだからみて楽しくなきゃダメでしょって部分にもしっかり回答出してきてると思いますし。旧作はわたしに言わせりゃ娯楽作としてはトータルではアウトだと思っているので。TVの20話くらいまでならともかく、ですが…。これも別に他人の共感を得ようと思うようなものではなく、ごく私的な感想なんですけどね。
加えて旧作でも印象の深かった映像的シーンははずさない。つぎはぎだという人もいますが、別につぎはぎだろうが再利用だろうがそれだけ印象深いと作り手が思っているシーンなら使いまわしもおっけーよ、と思うわけです。だってそこを見せたくてあえてそういうこともやってるわけでしょうし、作り手が納得できないならそこらへんは変えてくるだろうから。この辺、某アレと某アレをパクってなんてやってるくせにオリジナリティを気取っているような似非クリエーターにはわからないのかなーとも思ったり(いつにも増して毒がきつい?)。
そんなわけで某所のトラックバックは保留のままだったりしますすみません。

風邪引いた(涙)。ふらふらになりながら車運転して仕事してたり。でも、さいたま市から秩父へ行くのは無茶振りだと…コスト的に事業所置けないとかで仕方ないらしいですが、正直休み無しで3時間近く一般道を走るのは結構きついものが。山道狭いですし、待避所あるとはいえ…行きも素直に国道で行けばよかったですよ…。帰りは素直に299走りましたけど。
そんなこんなで夜間対応とか入ると終電で帰るのが常態化している感じで、そんな状況でも7月はなんとかQMADSで全国総合2位・ジャンル(アニゲ)1位・地域1位・所属校4位という結果を出せたので満足。ついに念願のジャンル1位を取れたので、しばらくお休みしようかと…。終電で帰って早朝の仕事に出勤するまでの間にQMADSやって、っていうのがずっと続いていて結構疲れたりもしたので。面白かったけど大変だったし。
風邪引いたのは全然別件なんですけどねー。友人宅でPowerBuyer6のインストールを手伝ってて、チェックリストのファイルが読み込めないってことで原因探ってたんだけど、エアコン温度寒いから上げてよっていったのに上げてくれないから体が芯から冷えて風邪引きました。友人は作業をわたしにまかせっきりで隣でQMADSやってたり寝てたりするし(怒)。食事おごってくれるのはうれしいんですが、さすがに問題解決で頭抱えてるそばでそういうのをやられるときついなーとは思いますね、わたしあんまり人間できてないから沸点低いですし(苦笑)。

故障を直すお仕事ですが、わたしの場合、実際に見に行くと機械故障じゃないというのに当たるパターンが多いねといわれたりしたことがあります。
で。
たとえば地デジがコマ落ちして見られないとか、これ、PCで地デジ見るという以上はハードもソフトも複雑に絡んでるので一概には不良ともいえなかったり。あまりにひどいならともかく、ちょっとときどきカクっとなる程度なら許容範囲だろうと。これがTVとしての単機能の製品で発生するなら問題ですが、視聴ソフトとかも絡むPCだとやむをえない部分はあると思います。PCの外付け地デジチューナーでもそんな挙動をするのを見たことがありますし。
Blu-rayがチャプターの切り替え点で再生とまっちゃうとか、これもまず再生ソフトをアップデートしてみてどうかな?ってところですね。そもそも故障での不具合ならチャプター云々は関係なくメディア認識とかやばくなります、これはBDのビデオディスクのファイルとかの構造を知っていればある程度は納得いただける方もいるかも。
キーボードに埃が詰まっちゃっておかしくなってるとか、使い方の問題です。これは若干機械故障の側面もあるけれど…。
音量がおかしいというので見てみたらウイルス感染してたりとか。
今の現場じゃ言わないんですが、そういうの、”User Issue”じゃない?とも思ったり。原因がユーザーにあるという。というか、『ユーザーが原因だ』と言い切る海の向こうの言葉もすごいなーと思ったことがあったり(察しと思いやりで婉曲表現する日本人から出てくる発想じゃないですね)。
機械ではなくユーザーが問題だ、と。面と向かっては言わないんですが、以後のお取り扱いには気をつけて、みたいなご案内をすることはあったりして。
PCは家電とは違うのよー、量販店が情報家電なんてまぎらわしいこと言ってますが、PCはまだまだ家電のようにラフに扱っていいものではないですよというのが実際のところですね。

RAP2SAの動画の記事はそろそろ改訂します。写真もある程度撮ってるので、ほぼ全面的に書き直しかなーと。
動画の方は…選曲センスないですね(苦笑)。無駄に緊張感煽ってどーすんのよ?と。
それはさておき。
ここをはじめて1年半近くになりますが、それでなんだかんだで26万ヒットとか、いろいろ見ていただけていてありがたいことです。やっぱりOSとかハードとか換装なんかの実用?というとちょっと違うけど、実際に作業とかで使うような記事を上げると違うのかなーという気がします。それ以外はどうしようもない毒のきつい駄文で本当に申し訳ないのですが(苦笑)、それでも見放さずに見てくださる方がいるのはありがたいことです。
意識してないというと嘘になりますが、でも書くときはそこらへんはあまり考えないようにしてたりもします。あんまり他のことを考え出すと、結局やりたいことも縛りでできなくなりますし。とはいえ、ただの感想サイトにはしたくないなーというのもあったので。ヘッドホンとか、飽きたというより前にも書いたかもしれませんが、ひととおり満足できるものが手元にあるのでこれ以上買う気がしないからというのもあります。あの手の機器の感想は個々人の主観も入るし、ただの感想で終わっちゃって「だから何?」的なものになる危険性も高いので、そういうのよりも、ソフトやハードのこれこれこうしたらこうなった、というような実際に何かやったよっていうのを上げてる方が、動いた結果としての意味もあるだろうし楽しいかなーと思っています。「あれ買った」「これ買った」で感想書くだけならだれでもやってそうだし、だれでもできますし。せっかく何か書くなら、自分なりになにかを弄ったりした結果を出さなきゃダメなんじゃないかな?というのは、モバイル系とかの先達の方々のサイトなりを見ていて思ったことだったりもして、ここをはじめた原点でもあるので、駄日記の比率が増えてるとはいえ(苦笑)、そこははずしたくないところです。今後もいろいろがんばってみたいところ。

オチません。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月30日 (火)

復帰しますた

突然見えなくなっていたので閉鎖?とか思われた方もいるのでは…ということですみませんでした、復帰いたしましたよ。

原因は @niftyの登録変更処理をミスって@niftyIDが止まってた という実にうっかりミスでした、本当にすみません。
次から止まらないように対策しておきます…@niftyIDの維持費はささやかなものなので(一応接続サービスアカウントなんですが、接続サービス自体は使ってないので)。
いろいろありますが、マイクロソフトにたてついたから消されたとか遠藤さんに喧嘩売ったから報復されたとかではありませんのでご安心ください。
一応マイクロソフトとは話がつきつつあるし、その経過もはっきりしたらきちんと書きたいと思います(あちらにはあちらの事情があることもわかったので…大変なのはカスタマーサポートの人で、起こりうる問題を想定や検証もせず考えなしにOEM SP1をリリースした開発陣こそ猛省すべきなんじゃないかなぁってこと。わたしが問い合わせていることと同様の問い合わせが頻発しているそうで)。

それにしてもAtom関連のXP用ドライバはまだでしょうかー?というところです。
新LOOX U(LOOX U/B50)もVistaで慣れてきたし、何が何でもXPにしなきゃというほど重いマシンではないなぁということがわかってきたので今しばらくは我慢できそうですが、そこまでマシンスペックが底上げされてるってことはXPにすればもっと快適なんじゃないかい?というわけなので、ドライバさえ供給されたら早く取り掛かりたいですね。
HDDも240GBを早く使ってみたいし、そうすればメインのThinkPad T61pで管理してた音楽ファイルのライブラリまでLOOX Uに移せるっていう夢のような環境が出来上がりそうで楽しみなんですけどね。
問題はお値段ですが。

ガンダム00のBD3巻、キャストコメンタリーがめちゃくちゃ面白いので必見ですよ。まさにそれでしか聞けない情報が満載。神谷さんカッコイイなぁ、というか、本当にアニメとかの作品が好きなんですね。神谷さんの「コメンタリーでしか聞けない裏話などを楽しみにDVD再生して作品に関係ないダラダラトークだったらがっかり」みたいな話は同感ですよ。00のこのコメンタリーは、まさにこれ聞かなきゃ!って面白いコメンタリーだったので、時間がとても短く感じましたよ。セルゲイの元ネタについてはかなり楽しいので、ぜひぜひ聞いてみて欲しいですね。確かにヒゲだし、ハチマキ巻いたら似てる…www

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年8月23日 (土)

富士通サポート超いい!

釣られましたか?www


いや、冗談ですが、ここしばらくお笑いが足りないなぁ、なんて思ったもので、ごめんなさい。

先日、富士通修理超早いっていうのを書いたんですが、そのときのアクセス解析がこれ。
Fujitsu01
いつもわたしの日記の中ではやっぱりるっきゅん(LOOX U)関係のアクセスが多いので、やっぱりるっきゅんの修理関連ということだと興味ある人が多いのかなぁ、なんて感じで、これはなるほどと思ったんですよ。
が。
Fujitsu02
これ見てフイタwwwww
ちょwwwどんだけwwwwwww
事の真相はわかりかねますが、富士通のみなさまありがとうございます(苦笑)。
おかげさまでうちのるっきゅんは元気ですよー、コミケで落し物になっても戻ってきた強運の持ち主ですよ?
なんというか…まぁ、こういうこともあるんですねぇ、くらいで流しておかなきゃダメですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

再販天国w

実はいろいろちょこちょこと更新してるんですが、XPインストールの記事とか、まあ、ドライバ更新されたらそれについて行くくらいはしたいなぁ、と。
気が向いたらベンダーサイトはちょこちょこチェックしてます。こういうの自動更新できたら便利かもとは思うんだけど、そんなにうまい話はないかぁ…。

バンダイビジュアルのポイントがたまってたので、ストレンヂアのBDをもらいました。アクションすごいですねー、名無しの長瀬さんの演技も格好いいです、NHKの武蔵での小次郎とかで格好いい役者さんだーと思ってたけど、声優も向いてるんじゃないか?
表情とか鋼の錬金術師のアニメ版に似てるなと思ったら、ハガレンのキャラデザの人が作監ということで納得。見やすくてわかりやすくて生々しい、実にいい表情でキャラが動くので楽しいです。ストーリーはわりとどうでもいい感じですが(を)。
で。
同封されてたBEATに掲載されてたサンライズ30周年DVD-BOX、ちょいマテや…再販ですかーwww
わたしの記事も再販多いから人のことは言えませんがw
無敵超人ザンボット3、無敵鋼人ダイターン3、機甲界ガリアンってラインナップ。なんかテキトウに選んできたなーって気がしなくもなく、だったらガサラキとか入れてくれてもいいじゃん、ってのはさておき。ザンボットとガリアンはすでに持ってるしダイターンは借りて見たからいいやと思ったら、全部ボックスアート描き下ろしで再販か…ザンボットとガリアンは欲しいなー。
特にガリアンは前回のBOXのとき、OPの音と絵のタイミングがずれてたから、そこを直して再販してくれるなら買うよーって勢い。DVDを観た時は妙な違和感はあるけど記憶が美化されてるだけかな、と思って自分をごまかしてましたが、とあるいくつかのソースで確認して、自分の記憶は今回は正しかったと確信w
具体的にわかりやすいのはOPでフラッシュしてジョジョとかチュルルとかじっちゃんのアップが切り替わるところ。子供心ながらにあのOPはすごいなって鮮烈な印象で残ってたので、それをいい加減な状態で出されて残念。
で、よくこんなずれた状態で製品リリースしたなぁ、ってバンダイビジュアルに対して結構怒ってたりしましたね、前回のBOXが出た時は。
廉価再販だからそこまでいじるとは思えないけど、ちゃんと修正されてたら買いたいなぁ。

忙しくて結局タッチ&トライには行けなかったけど、WILLCOM 03予約できたよー。27日が楽しみです。有給もとれたみたいだし。とはいえ、その有給は部屋の片づけで使い切りそうな感じだけど(泣)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)