« S-Master HX搭載walkmanの残留ノイズについて調べてみた | トップページ | ただの日記です。過度な期待はしないでください。(~20150123) »

2015年1月22日 (木)

だ日記(ry (~20150122)

 『人は…繋がっているのよ』

 努力するしないにかかわらず、何らかのつながりがしがらみになって、とりあえず生きていなければいけない状態、これを幸せと見るか苦痛と見るかは人それぞれなんだろうな。
 わたしにとっては苦痛だよ。
 とりま自殺なんかしたら迷惑かける人がまだまだいるからそういうことはしないって思いとどまれてはいるものの、そういうしがらみがなくなったら、あっさり跳べそうな気はします。

 今回も毒素強めかもなので、うんざりしたくない方はここらで引き返してください。
 また別のエントリーでよろしくお願いします。

 なんたら国につかまった人の件。
 人命は大事かもしれないけど、救出に税金を使うというのなら断固反対。
 安易に「かわいそうだ」「命は大事」「助けないのか?」と言っている人たちは、その人たちだけで身代金出せばいいよ。政府が出すってことは税金から…となるならば、個人的には絶対に反対。
 そもそも軍事会社作って実績が欲しかったからとか、やめとけやめとけって言われているのに危険地帯に入って捕まって、助けてくださいも何もないもんだ。ヤバいものには不用意に近寄らない。こんな当たり前の危機感が欠落して、万一になってしまってるけど、万一の事態になったら日本は助けてくれるんだろうなんて感覚で行ってるんだとしたら、本当に助ける価値も意味もない。
 それとは別に、情けないのが、なんたら国の主張。
 これ、結構大勢の人が同様に思ってるんじゃないか?ってことなんだけど、「金が必要なのではない。精神的な戦いなのだ」って、精神性の戦いであるとかいいつつ、あからさまに高額な金銭を要求してくるとか、バカですか?と。
 ちっとも尊い戦いをして尊い主張をしているなんて思えません。というか、頭おかしい。
 しかも大事なことらしく2度言ったみたいだけど(苦笑)、全力で笑いを取りに来てるとしか思えない。
 必要ないなら身代金なんか要求するなよ、と。
 正直に言えよ、「活動資金ください」って(嘲笑)。
 ていうか、実力組織なんだから、そんなに金が欲しければ、各国で銀行強盗なり成金襲撃なりやれば?とか思うんですが。人質とって身代金要求も強盗も程度の差はあるかもだけど、汚らしいことには変わりない、人として見下げ果てた行為ではあるよね。そういうことやったらもはや人じゃない、欲望のままに動いてるんだから言語に似た鳴き声を発する動物だよ、と。そんな連中が、「精神的な戦いなのだ」って、バカ?死ね、と。
 世の中不公平なようで意外とバランスとれてるんじゃないかってわたしは思うんだけど、格差社会にしたって大勢の不幸の上に搾取する一部の富裕層がいて成り立ってるんで。それはさておくとして、他人を極端に不幸にしておいて、精神的な戦いだとか言って自分のやりたいことを通そうとする、というのは、誰かがそれを止めようとしなくても、いずれ破綻するんじゃないかな?と。
 無理が通れば道理が引っこむとは言いますが、無茶苦茶やってるくせに他人に道理を要求するなんて通るわけがないので。あと、見たところ主義主張が云々というよりは単に人殺しや戦いたいだけっぽい集団の様相なので、よほどカリスマあるリーダーが強権持って統制しているのでもなければ、いずれ内部的に崩壊する…というのもないではないかと。
 もしくは彼らが火種になってWW3が発生、とかいうのも。
 そうなったらわたしは生きていないんだろうなとか思いますが、皆が私利私欲のために殺し合いをする世界というのは、そこまで物騒ではなくても、実際にはもう一触即発なところまで来てると思ったりもします。
 表を歩いていても、電車に乗っても、車で移動していても、なんでみんなこんなに自分勝手なんだろう?って思いますから。自分さえよければ他人が嫌な思いをしても構わないって人ばっかりで嫌になる。知り合いとかでなければ、見ず知らずの他人なら、いくら迷惑かけても自分が良ければいいってひとばっかりじゃないですか、今の世の中。思いやりとか譲り合いとか言う人だって「思いやれ」「譲り合え」っていう、要は「おれのために遠慮しろ」という自己中心的なのばっかりでうんざりする。
 昔からもそういう人はいたかもしれないけれど、少なくとも、20世紀中は、そこまでひどいと感じたことはあまりなかったです。
 しかし、そういう風に考え方やモノの見方が変わってきたのは、ここ5~10年くらいかな?と、わたしは思います。
 そのくらいの間に、人はみんな自分勝手になってしまったよ、と。
 こんな世の中、生きてるだけ無駄だわ、としか思えないです。
 とはいえ、冒頭あたりで書いたように、自殺なんかしたら迷惑かけてしまう人が幾人かいるので、そのためにもとりあえず最低限、生きてないとなーとは思いますけど。惰性で生きてるだけですね。
 一生懸命生きてる人、すみません、とは思うけど、わたしにはそういう人の気持ちは理解できないよ。

 年金マンガが叩かれてるらしい件。
 格差がひどくて若者から批判が…という話らしいですが。
 『厚労省担当者の弁。
 「当初見ていただいた社労士や大学教授の方からは概ね好意的な反応でした。今年に入って突然ネット上で批判が湧き、正直困惑しています。』
 その、当初見ていただいた方たちって、批判されてる方のお年寄りたちでしょ?
 そりゃ、自分たちに良い解釈のできる内容なら、好意的に見るだろうなぁ…と。
 でも、お年寄りでも、何の説明もなく突然減額されたとか、夫の遺族年金がろくに説明もないままいきなり打ち切られた、とかで、困窮に瀕している人もいるというのは周りの人から聞いたりもしています。
 あと、年金財政に理解をとか言いつつ、その『人から預かっているはずのお金』を別方面で資産運用したりとか、そういうことをやってたら、制度への理解を…とか言っても、アホぬかせ!の一言で終わってしまうような。
 お年寄りで本来給付される対象の人ですら、なんやかやで難癖つけられて給付を絞られるというのを聞いてしまうと、本当にこの制度、公正に運用されているとは到底思えないんですけどね。
 まあ、もらってる人は無茶苦茶な額をもらっているとかいう話もあり、結局年金も格差ですか…と言わざるを得ず。
 もっとも個人的には平等だの公平だのとか信じちゃいませんけどね。
 性も稼ぎも体力も体格も思考も行動もみんな差があって当然だし、それに貴賤があるのも当然。でも、理想を唱えてそれを均すような制度とかを目指したりで強要してくるのなら、それはそれできちんと運用してくれないと困るというか。運用する側が甘い汁を吸っているのならなおさら。

 お金がないので増税しますとかいうのは、子供が親に小遣いをねだっているようで見苦しい気がする。
 いろいろ他人に仕事を押し付けておいて、三連休にゴルフ行くとか、いろいろ贅沢をやめろよ、と。

 今更最近になって知ったこと、ノンフライ麺のカップめんって、意外なほどに低カロリーなのね。2食食べてもコンビニおにぎり三つ分より低いくらい。すばらしい。コンビニパンとか、下手に食べると二つでそれらカップめんをはるかに上回る高カロリー。
 モノや場所によってはちと高いのが難ですが、もう、これでいいや~…とか思ったり。
 でも、ときどきはデカ盛り塩コーンバターラーメンとか食べたくなる危険性。
 カップめん怖い(どっちだよ)。

 あとくされなく、できるだけ迷惑かからず消えたい方向なので、新人さんにいろいろ引き継ぎたいと仕事を教えているものの、まだまだこの状態じゃ代われないな…と。消えたいのに消えられない。サービスレベルとかのこだわりを捨てればいいんだろうけど。つまり、自分で考えろ…って言って。わたしも先任や周りの人から教わってきたことはもちろん多いですが、結構な割合で自分でこうしようとかこう変えたら内部的にもお客様にもいいかな?と思ってやってきたこともあり。でも、最近は、そういう精神性みたいなものは、ものすごく軽視される風潮で。そのわりに他者へのそういう要求はひどいですけど(これも世の中みんなが自分勝手になってるんじゃない?と思うところ)。
 正直な話、客観的には、わたしなんか接客も技術も下の下だとは思ってたりします。それに最近はやる気のボルテージもバンジージャンプばりに急降下してたりで、そろそろあからさまにやる気がなさそうなのに気が付かれているのでは?という気もします。以前はなんやかやでいろいろ話を振られたり頼られたりしたんですが(本人的には出来が悪い自覚はあるので「なんでわたし?」くらいには思ってた)、このところはそういうのもないし。定時で帰れ的なことを前々から執拗に言われていたこともあり、露骨に定時に帰るように調整して仕事してる部分もあるからだとは思いますが。仕事や業務は嫌いではないにしろ、事務所に行きつくまでに精神的に参ってしまっていることがほとんどになってきたので。
 それはさておいて、とにかくできるだけ早く引き継ぎたいので、案件が一つしかない日は同行して動いてもらって教えたいって言ってるのに、時給だから休ませてとか言われると…それとか、同行してもらえそうな日でも別の案件でその人を使いたいとか勝手にアサインされていてどうにもならなくなったりとか、そういうことしておきながら、いつになったら一人で回ってもらえるの?とか、早く教えてよとか言ってくる事務所側にも辟易してたり。あんたらがこちらの教える機会を散々奪っておいて何を言ってるんだ?と。去年なんか、本当に人が欲しいときに別件で長期連れて行ってしまっていて、一人で何とか切り抜けて、件数が減ってきてってタイミングで投入されても、なかなか経験積ませられないじゃん、と。消えたい云々は個人的なものだからさておくとしても、こちらの考えているスケジュールだったり予定がダダ崩れなんですが。そういう意味でも、かなり嫌気がさしてきていたりはします。

 先日書いた某社長であり作曲家の方の件。
 コミケでの成果物の一般参加の人とのやりとりを『頒布』ということについて、昨年の夏コミつまりC86の時点で疑問を唱えていらっしゃいましたが、それ、別にいまさら言い出されたことではないので。最近になって出てきた言葉ではないです。大昔から言われてました。というか、あなたがCDのサークルとして参加されるよりずっと前から、頒布って言われてましたから(といって、別に叩きたいとかいうわけじゃなくて、単にそういう事実はずっと昔からあった、といいたいだけなんだけど)。売買のやりとりをすることについて、なんでそんな言葉を使うのかね?的な記事を書かれていたので、そこについては正直残念だなと思ったり。別にわたしが前から知ってたからとかそういうことではなくて、なんで『頒布』って言葉で語られるのか、その理由は少なからずちゃんとあるわけで(当時のわたしだってもちろんなんで?って疑問に思ったからいろいろ調べたり考えたりしましたが、理由を知って至極当然だな…と、納得)。免罪符なんて見方もなくはないですが、要は同人誌即売会というものの成り立ちにまつわる理念の部分から使われてきた言葉だという意味合いが大きいかと。
 広く見てもらいたいとか、実費のみで商業的な儲け主義なわけではないところから、とはいえ一応金銭のやり取りはあるので『配布』ではなく『頒布』という言葉が使われるようになった…というようなニュアンスだったかと。だから同人誌や同人ソフトなどでの『販売』という言葉は、今風にいう同人ゴロとか、儲けに走ったサークルへの嫌味的に言われるような単語だったなーというのも、かつてはあったと思います。ところが。ところがです。いつのまにやら、気が付くと、『販売』って使ってるサークルさん、結構いるんですよね。そうかー、こうやって理念は伝わらず、エントロピーは増大してゆくのだね、と思う瞬間だったり(大げさだが言ってることは大したことないんで気にされないように)。
 「言葉遊びはいい…」という向きもないではないですが、コミケという場において理念とかの精神性を重んじるなら、成り立ちなども考慮してやっぱり『頒布』というのがそのあり方なんじゃないかな?とは思うんですが、やってることは同じなんだからそんなもんどうだっていいという向きには、本当にどうでもいい話であったり。
 ただ、伊達に参加歴が長いんじゃないなら、そこは今更知らないとか、個人的には「え゛~?」とか思ってしまって残念だったり。いや、別にそんなことで嫌いになったりはしませんが…だって見方を変えれば言ってることはもっともではあるので。でも、それだったら、テリトリー的には同人じゃなくて完全に商業でやればいいのでは?とも思ったりはするわけですが…もにょるなぁ。
 とはいえ、同人初期の10枚くらいのをブックレットやジャケット等含めて完全復刻BOXとして出してくれたら、喜んで買いますが。リマスターなんかされてて音良くなってたらもっとうれしいかも、と。今の手持ちの機器で初期のCDを聞くと、さすがにこのころはそこまでわたしもこだわってなかったからわからなかったけど、曲は良いのに音はあんまりよくなくて残念だなーって思ったりしますし。音圧がたりないとかいうんじゃなくて、単純に録音自体があんまりよくない感じなので…実に残念。初期のものは特に好きなディスクが多いのにそういう感じなので、リマスターでジャケット等完全復刻なBOX出たら、本当に欲しいんだけどな…。初期の10枚だけでいいです。11枚目以降は特には…。
 などと言っており

 日清麺職人の牛塩仕立て、レギュラーラインナップだと良いなーと思ったのに、どうやらスポットだったようで。
 もうどこでも見かけない。
 おいしかったのにな。
 残念。
 今度のえび塩もおいしいですが、やっぱり牛塩食べたいよ…。
 お手軽なお値段でわりとあっさりしているのにしっかり牛のコクがあって、麺は細麺で食べやすかった。
 良いなーと思ってるものからどんどんなくなる。
 なんだかなー。

 3DSのハコボーイが熱い。
 紹介ムービーの19秒あたりでふきだした。
 「彼の名前は、キュービィ。男の子です」
 ぶっw
 マジかwww
 これ見て発売日に買ってしまったのだけど、やる暇がなかなかなくてちっとも進まない。
 そうこうしてるうちに装甲騎兵な某スレで
 > このゲーム、ストーリーラストが自ら装置の凹みにヒロインと収まり、共に永遠の眠りにつく(?)(顔も輪郭も黒く潰れる)、そして世界が再生するというものでわりとマジキュービィ
 まさかそんなところでネタバレを見るとはorz
 …エンディング目指して頑張ろう。


|

« S-Master HX搭載walkmanの残留ノイズについて調べてみた | トップページ | ただの日記です。過度な期待はしないでください。(~20150123) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511749/61016213

この記事へのトラックバック一覧です: だ日記(ry (~20150122):

« S-Master HX搭載walkmanの残留ノイズについて調べてみた | トップページ | ただの日記です。過度な期待はしないでください。(~20150123) »