« FURUTECHの変換コネクター・F63-S(G)とF35(G)を連結させて中継した結果… | トップページ | だ日記(ry (~20141117) »

2014年11月 7日 (金)

ウォークマンNW-A17が届きました

 総天然ショック!<あいさつ

 …いつのキャッチコピーだよ!というか、それは違うメーカーだ!というか。
 それはさておき。

 NW-A17が届きました。
 いろいろ待望のウォークマンAシリーズ復活、しかもNW-A860と違ってフルハードキー仕様。NW-A840から850あたりの時代に戻ったというか、他のウォークマンを使っている人にしてみればSシリーズとかEシリーズでおなじみの操作性で音質重視モデルが帰ってきました。
Cimg2155
 とりあえず箱。
 今回はツヤありのコーティングされた箱です。
Cimg2156
 裏側。
 Bluetoothでの利用でaptX対応ですね。これでBluetoothでもこれまでよりも高音質での利用が可能になりました(接続先の環境次第ですが)。
Cimg2157
 斜めから。シルバー買いました。
Cimg2158
 ふたをあけたところ。いつも通りです。シンプルかつ必要最小限のパッケージ。DAPの箱はこのくらいか、あってもNW-ZX1くらいで良いと思うんですよ。今の海外製DAPもいくつか買いましたが、どれも無駄に箱が豪華すぎ。箱よりも製品をしっかり作って欲しいですね。
Cimg2159
 こんな感じで本体が入ってました。ハイレゾのロゴは以前の機種同様にシールなので速攻ではがしました。はがしやすいです。これ、埋め込みでプレートとかならしょうがないなーと思うんですが、シールだとずっとつけておくとどうせはがれそうになって汚れたりするので、早めにはがしてしまうのがよいかなーと。
Cimg2160
 SDカードについての注意書き。walkman本体でフォーマットしろとか書かれています。
Cimg2163
 ちょっとみづらいかも知れなくてすみませんが、付属のイヤホンはNW-F880同様にMDR-NC31でした。
Cimg2166
 購入直後の状態はこんなんです。SDカードは接続していないと不明になります。
Cimg2168
 とりあえず並べてみた。
 タッチパネルとハードキーの併用のA860の小ささが際立ちますね…A840/A850を手放してしまったので比較ができなくて残念ですが、たぶんそれらと同じくらいのサイズです。こうして見るとZX1は大きいように見えますね。わたしはそんなに大きくはないと思うのですが、音楽プレーヤーは小さくあるべし的な人には、やっぱり大きいようです。そうかなー…。
Cimg2170
 SD突っ込んでみた。128GB。空き容量はこんなふうに認識されます。
 容量的にはZX1よりも大きくなるのがうらやましい限り。ZX1がSDスロットを持っていたらよかったんですけどねぇ…。
 とりあえず操作感については、まだ曲をほとんど入れていない段階なのでなんともいえないんですが、とりあえず良好。
 それでは、開封したばかりなのでまったくあてにならない音質の感想。
 イヤホンはMDR-EX800STで、エフェクト類は全OFF(出荷時でほぼこの状態になっています)、イヤホン設定は当然『その他』です。
 A17単体で聞いた印象としては、わりとすっきり系だけど濃さを感じさせる音です。ZX1みたいにピュア志向な感じ。イヤホン挿したときにぷしゅうーって音が少しするあたりもZX1に似てるかも。試聴機のときに気になった低音は…やっぱり軽いんですが出てます。F880のように厚みを感じさせる低音ではないのですが、深みはあります。
 バランスは試聴機を一番初めに聞いたときよりも格段によくなってるように思います。
 あのときは本当に低音薄いし出ないなーって思っていたので。
 一応、F880やZX1とざっと比較すると、A17はバランス良いんですがやっぱりF880/ZX1と比較すると低音は薄く軽い感じです。ただ、そんなに極端に差があるわけではなく、あくまで比較すると軽いねっていう程度。個性差だとは思います。厚みの点ではF880なんですが、先鋭さだとA17に分があるような。重厚さはF880なんですが、クリアな感じはA17かしら、と。ZX1との比較では、軽快さと先鋭さはA17の持ち味ではあるので、ちょっと聞きの印象だけならA17のクリアさを選ぶ人もいるかもとは思うのですが、少しでもじっくり聞くとやっぱりZX1には敵わないかな、と。繊細さと大胆さの両方がZX1にはあり、当然厚みも持っているので、そこまでの格みたいなものは期待はしてなかったし当然かな?とは思いますが、とはいえA17も健闘してます。
 事前の情報でアナログ面がZX1に近い構成をしている部分もあるとのことだったので、ある程度しっかりとバーンインしないとちゃんとした音質の感想にはならないと思うので、現段階ではどこで出てる音質の評価もあまりあてにはならないだろうなーとは思いますが、ひとまずはこんなところです。
 あと、相変わらずですが、イヤホン設定は基本的に『その他』で運用した方が良いですね。これは付属品でも同様。出荷時設定は付属イヤホンに合わせられているので、変更するとよいです。

 とりあえずA17でフォーマットしたSDをPCにカードリーダーでつないで約1万曲60GBほど転送、A17に入れてデータベース更新していたら、フリーズしてその後勝手にリブートがかかってデータベースがおかしくなる現象が出ました。こうなると本体メモリを本体側で初期化してやらないとダメな様子なので、こういったエラーが出た時の処理を変えるようなファームウェア更新をしてもらわないと、今後都度こういう面倒なことが発生する可能性があるようで少し心配です。
 ちなみにそのくらいのデータを入れた時のデータベース作成中のかかった時間は、おおよそ30分。
 試しにDSDを入れてみましたが、認識すらしませんでしたね。残念。ていうかPCMへの変換が…時間かかるなーorz

 ひとまずこんなところです。
 のちほどもう少し追記します。


|

« FURUTECHの変換コネクター・F63-S(G)とF35(G)を連結させて中継した結果… | トップページ | だ日記(ry (~20141117) »

AV機器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511749/60610887

この記事へのトラックバック一覧です: ウォークマンNW-A17が届きました:

« FURUTECHの変換コネクター・F63-S(G)とF35(G)を連結させて中継した結果… | トップページ | だ日記(ry (~20141117) »