« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月19日 (火)

コミックマーケット86(C86)3日目に行ってきました

 みなさんおつかれさまでした。

 いろいろ書こうと思っていたことはあるんですが、当日は撤収作業から反省会に参加して自宅に帰宅したのが22時過ぎ、これを書いている今も仕事で帰宅したら日が変わってた状態なので…時間ができたら書き直します。

 個人的な話。
 今回初めて行ったんですが、k.h.d.n.さん委託先のCD、展示されていた4枚全部買えて良かったです。それから次に回ったのがMOB SQUAD TOKYOでM3での204さんの新譜や今回の新譜などなど、全部は予算的に買えなかったのが残念ですが、これは!というのを選んでいろいろ買いました、全部で6枚ほど。はんだやさんで一番新しいところから2枚…途中離れていた時期があったので、そのあたりの旧譜はいずれ貯金して機会を見て買いたいです。それから2年ぶりのアルバトロシクス、新譜を…それとmikoさんのところのCDも、わたしがmavisよりあとのを買ってなかったので、この機会に頒布されていた旧譜を全部まとめて5枚くらい(テンカツも含めて)。この時点で手持ちがかなり怪しいことに…本とゲームソフトどうしよう…とか頭を抱える事態に。一応三級河川さんとかのいつも行ってるところはなんとか回れましたが、今回はかなりきつかった…コミケ前にライジンオーのBD-BOXが出たのが本当に痛かった。あれがなければ…まあ、冬コミでもその前にいろいろ出ちゃうから危ないといえば危ないんですが。ハガレンとかナイトライダーとか(買うんかい)。
 朝一でわりとジャンルも空いている時間帯に買い回れて、そのときに売り子をされていた作り手さんたちにも前回までなどの感想を伝えられたりして楽しめました(あんまり行列してないところを回ることが多いので…並んでるサークルさんでは会計の邪魔になるから、もちろんそんなことはしないんですが)。
 デジタル音楽なところは某ラスボスのために大混雑だったらしいですが、わたしが入ったときはそういう印象はまだなかったです。というか、真っ先にk.h.d.n.さんの委託先へ向かって、それからすぐにあとの目的のところをピンポイントでさくさく回ったので、そのときはわたしが回ったスペースはどこも並んでもいなければ他の買い手さんもいなくて、実に快適に回れました。
 ぶっちゃけ買い物に関しては11時になる前に資金切れ起してあとは休憩してたり改めて館内をぶらぶら新規開拓のチェックのためだけに回ったりとかしてました。

 反省会は…市川代表の『同人誌は一期一会』という言葉が印象深いですね。これはまさにそうだと思います。
 一般参加も長くやっていると、かつてファンだったサークルさんとかでも描き手さんが亡くなられてしまったり…というのもいくつもありますし、それ以外の理由でも、会場限定だとかネタ的にタイムリーさを大事にしてるサークルさんの本だとその会期でしか買えなものというのも当然ありますし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月17日 (日)

コミックマーケット86(C86)1~2日目に行ってきました

 三日目も行くのでそろそろ寝ます。

 写真そこそこ撮ってきたんですが、感想とかも。

 今年は涼しくて良いですね。
 初日は始発で西待機列に並んで、立ち待機でした。
 立ちだけどすぐ横が公園で休憩できるようになっていて、動くまで列を離れてしばらく休んでました。あとカタログチェック。
 今回からカタログブラウザをAndroidのCC-Viewerを使ってみることにしたんですが、これがかなり快適で、MAP画面でもチェックリストや選択しているサークルのカットなど欲しい情報を一通り得られるのとレスポンスが高速なのが現場で使いやすくて大変ありがたかったです。公式のコミケアプリがどうにもならないくらい使いものにならなかったことを考えると、web-APIに対応していることからも、今後はCC-Viewerを使っていくというのがスタンダードでよいかとー。Z2がでかすぎて片手操作がつらいのが難点ですが。うーん…A2にしておけばよかった(NW-F887を使う手もありますが、今回はZ2を実運用してみようというのも兼ねているので)。

 初日はいつも通り、お好みひじきさんのところの本を最優先で回って、そのあとちょこちょこ気になっていたところへ行ったんですが、lain本で作中よりも前の時間軸のカールの本と、作中と同時間でのありすの本を出しているところがあったので(今までそのあたりに寄ってなかったので知らなかった)、立ち見させていただいたら良かったのでまとめ買い…この時点ですでに予定外なんですが、それからレトロゲームの遠山氏アートワークスとか、ストライダー飛竜(初代アーケード版とそれに準拠した移植版向け)の攻略本、有明MIDNIGHT CMララバイ、その他を買ってきました。すのこタン。のところは、今回はセットかグッズ単発か悩んだんですが、コミケ前にライジンオーのBD-BOXが出たりとかなり状況が厳しかったので、定規とかタンブラーだけ買って帰りました。
 初日は12時台には上がったので、比較的楽に帰れました。
 会場外は会議棟の下がえらい涼しくて良かったです。全体的に風が吹いていて涼しい会期だなーと。

 二日目は三日目の軍資金稼ぎにまずは不用品処分で秋葉原へ…これのために他の用事も重なって結局出発が12時過ぎに。この時点でかなりアウトなんですが、秋葉原に14時前に到着、いろいろ処分して会場に着いたのが15時過ぎ。もうほとんどのサークルが畳んでいる中、なれるSEのサークルさんはまだ並べていたので、なんとか新刊買えました。そのあと館内を回って写真撮ったり、企業へ行ってとらの本を買ったり。16時過ぎ、閉場の拍手をしてから帰ってきました。

Cimg2004
 本部ポスター。三日目だと剥がされちゃうので、その前に。
Cimg2006
 これも本部ポスター。
Cimg2009
 今回の森林保護募金ポスター。
 前は1回だけ張り付いたことがあったけど、もうあれはしんどいのでやらないです…欲しい本も買えないし。
Cimg2011
 西館で見た『座り込み禁止』ポスター。
Cimg2012
 西館1Fの出口前の自販機。ラインナップが整然としていて面白かったので。
Cimg2013
 これも、
Cimg2014
 これも、
Cimg2015
 これも、
Cimg2016
 これも、
Cimg2017
 まとめて写してみた…どんだけ自販機好きなんだよ!って、そういうわけじゃないんですが。
Cimg2018
 今回の会場飲料。最近だとGF(仮)とかでおなじみ?のQPさんです。
Cimg2019
 一応1本は買いました。中身はスポーツドリンク。カロリー控えめらしいです。

 Cimg2026
 帰宅前に見上げてた会議棟。ビッグサイトの建物はメカ的魅力が詰まっていて好きですね。そろそろ経年による風合いみたいなものも感じるようになってきて、ますます良い感じ。新しいものでも常にそうではないということを感じさせてくれて郷愁めいたものがじわじわきたり。
Cimg2031
 新橋周りで帰ったので、こういうのも好きだったり。
Cimg2037
 こんなのとか、
Cimg2039
 こういうのも良いですね。
 でも、帰りはゆりかもめだったんですが、東京駅方面へ帰るならゆりかもめは新橋向けで乗るよりも豊洲行きでそこから有楽町線の方が楽といえば楽だったかもなーと思いました。

 それではそろそろ本当に寝ます。
 そろそろ寝ないと出発が間に合わない感じorz


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 3日 (日)

だ日記(ry (~20140802)

 暑い…

 なんか国がアニメの放流(海賊版?)に対策するらしいですが、まずは国内での地域による放送格差や、正規ソフトの海外との価格差とかを是正したり、ちゃんと正規ソフトを買った人の払った対価がひどい中抜きをされずにちゃんとクリエーターに渡るような整備をして、それから対策しろよな…と思ったり。
 被害額とか出してましたが、あの被害額はたぶん誰もがわかってると思うんだけど、額面通りには絶対受け取れない・受け取っちゃダメな数字だし。ぶっちゃけ拾って見てる人は拾えなくなったら見なくなるだけなので、対策されたからといって正規品が正しく買われるようにはならないだろうし、逆に正規品自体が放流されている状態よりも対策後に売れなくなってさらに厳しくなる未来しか見えないんですが。だって現状でも少ないパイの奪い合いでやたらたくさんのタイトルが作られて、視聴者層はその中から買いたいソフトを本当に厳選して手にせざるを得ない状況で、そもそもメーカーも単巻出したあとにすぐBOX化するとか、それも単巻の焼き直しとかが多かったりすることが増えてる中で、単巻マラソンする人がどう見ても減ってきてるんじゃないか?という中で、まずはその初動ありきの売り方とか、クール単位でめちゃくちゃな本数の新作が作られるとか、そういう姿勢を業界をあげて見直しをしなきゃいけないんじゃないの?とは思いますがね。
 違法かどうかということよりも、ひとさまの作ったものを他人がコピーしてそれで利益をあげるというようなダメなことを助長したいわけでもないし、ちゃんとした製品がそれなりにリーズナブルに手に入ったり見られるなら良いんですが、実際の現状はそうじゃないし。BDにしても、もはやイベント券つけないと売れないからそうやって初動を伸ばしてるんじゃないの?としか見えないし。発売日直後にはイベ券を抜かれた中古が中古ソフト屋の棚に並びまくったりオークションで出てたりとかいうのを見てると、別に作品を見たいから見たい人が買ってるっていうわけじゃないのはもう誰が見てもわかりやすい状況なのに。
 というわけで、エルフェンリートとかキルミーベイベーとかスクールデイズくらいの価格で、ガッチャマンクラウズとかもありましたけど、あのくらいの価格で製品がちゃんとリリースされるなら正規品でちゃんと買いたいというのはあります。ここにあげたものは全部ちゃんと国内版で新品で買ってるし。今の1クールアニメが2話収録でその単巻が1巻定価7000円ほどとかいう現状が、はっきり言って狂ってるとは思いますけど。
 もっとも、見るだけなら海外版というのも全然ありな選択ができるようになってきていることは、それはそれで良いことなのでは?とも。同じ1クールの作品で海外版なら全話入っていて5000円くらいだったりするし。
 そういう価格面での格差とかも何とかしてもらいたいのと、放送によって見られる・見られないの格差が国内でもひどいのに放流対策するということは、国が『放送されてない地域の人はアニメを見るな・見たけりゃ買え』と言ってるのと変わらないと思うんですけどね。
 対策すると同時に適価での配信サイトを用意するとかいう話ですが、それはそれでどうなの?とも思いますし。配信でストリームを見るのと放送などを録画等の手段で手元に保存していつでも見られるのとはまた話が違うし。
 乱暴な意見ですが、そんなにタダで見せたくないならもう放送自体やめて全部OVAにして、その宣伝だけCMでTVで流せばいいんじゃない?と。そうすれば”能動的に見たい人”だけがちゃんと買って見ますから。個人的にはその方が本数も絞られるし作る方も半端なものは作れなくなって質も上がって健全になるんじゃない?と思いますけどね。少なくとも現状のやたらと本数ばかりが増えてそれらのBDソフトがイベ券のおまけ的に売られている現状よりは、よほど健全かと。

 銀座松屋の鉄道模型ショーと高島屋の東海道新幹線50周年記念の夢の超特急展へ行ってきました。
 模型の方は毎年同じ?で、いつも通り。相変わらずですが楽しかったです。
 高島屋の方は…これはすごかったです、貴重な実物の資料がたくさん展示されていて、じっくり見たらたぶん1日いても飽きないかも。ちゃんとしたカメラを持っていけばよかったと後悔。仕事の帰りに寄ったので、カメラ持ち歩いてなかったんですよ。
 東海道新幹線に絞った展示でしたが、面白かったですね。それらの資料等は書籍などでもいくつも出版されていて展示場の外にあった購買コーナーにあるようなものを読めばより詳しくわかるのでしょうが、展示のパネルの文もわかりやすくまとめられていて良かったです。
 実機から取り外された、当然ですが実寸のパーツがたくさん展示されていたのも面白いです。パンタグラフとか車内座席とかいろいろ。歴史的な資料もたくさんで見ていて飽きません。
 せめて会期中に、コンデジだけど単体のカメラを持ってもう一度行きたいなぁ…。

 Xperia Z2ですが、4K動画撮影って技術デモ的な搭載なんだなー、と。銀座のソニービルで4K動画を撮ってみましたが、3分しないうちに発熱で撮影が止まりました(苦笑)。その直後に再度撮影を始めたら、今度は1分と持たずに撮影が止まりました。自宅で自分のZ2でも試しましたが、こちらも1分半くらいで『発熱のため~』とか表示されてダメでした。
 デジカムじゃないのだし、おまけ機能と考えれば別にこれで動画を撮りたいとかいうのはないので良いんですけどね。本気で使うなら、ひたすら本体を冷却するシステムを考えないとダメだと思いました。結露させずに本体を冷却し続けられるシステム。スマホにヒートシンクとファン付けるとか(苦笑)。たぶんそういうレベルです。
 だいたい1カ月近く使ってみての感想は…大きいから、やっぱり片手で使うにはつらいサイズです。
 Z2のスペックでA2のサイズだったらよいのですが。
 walkmanだとF880とかZX1のサイズは実に持ちやすくて良かったのだと思いました。あのくらいのサイズでフルHDの端末があれば良いのですが。というか、ZX1のディスプレイがフルHDでOSがKitKatなら良いんですが。外部SDを付けないならKitKatでも問題ない感じなので…むしろAndroidのBluetoothでのAVRCPの取り扱いを考えると今のZX1でもOSをアップデートして欲しいくらいです。

 エルフェンリートの海外版BDも買いました。
 国内版は映像ビットレートが概ね35~40Mbpsで推移して安定してるんですが、海外版は少ないときは2Mbpsくらいから多いときは40Mbps超まで、シーンによって大きく変動してました。VBRを上手いこと使ってビットレートを振って圧縮されてるのに感心してみたり。なにせ2枚組だからOVAや特典含めても8話6話くらいで分ければ良いと思うのに、1枚目に10話入ってて驚きました。
 画質を見比べたかったり国内版に入ってないノンテロップOP・EDが欲しかったので買ったんですが、見始めるとついつい全話見てしまいますね。やっぱり良い作品だったのだなー、と。
 音声は海外版はDTS-HD 5.1chしか入っていないので、国内版のLPCM 48kHz24bitの2chの方が素直に聞けますね。サラウンドシステムがあれば海外版の仕様でも問題ないんですが。
 次は中妹あたり買うかなぁ…これも国内版は単巻全部持ってますが。
 単巻も持ってるけどBOX待ちといえば、じょしらくもそうなんですが。OADがDVDだったので、スタチャならBD化してBOXに入れてくれるんじゃないかと。みなみけのBOXなんかを買っていても特典とかBOXも充実していて良かったので、あれなら単巻持っていてもBOXも買うなーという仕様だったし。しかしじょしらくは無修正の6巻の特典はさすがにもう手に入らないかと(苦笑)。もしかしたらまだ某所で新品で売られてたりするかもしれませんが。お茶屋さんだから在庫管理とか回収とかしてなさそうだし(苦笑)。気になる方は博打のつもりで買ってみても良いかもです。

 コミケのDVDカタログが今回からアクティベーションが必要になりました。
 なんだかなー…コピー対策なのはわかるんですが。
 インストール後に実行ファイルをバイナリでいじれば、エラーは出るけど認証をスルーして起動しちゃうんですけどね(苦笑)。
 問題なのはそんなことじゃなくて。
 次回からモバイル向けとかでカタログのデータを使用できなくなることで、これまで使っていたモバイル用のカタログブラウザを使えなくなる、これはかなり痛い。
 Android用の公式のコミケアプリって使ってみましたが、walkmanではスペックがきびしすぎて…Xperia Z2でさえDVDからのデータのインポート処理に20分以上かかって(ダイアログには10分程度と出ているのですが、そんなスペックの端末どこにあるの?と)、起動時はいちいちコミケットのロゴがしばらく出て待たされるし、マップからチェックリストへの移行やチェックリストから詳細への移行でもいちいち待ち時間が長いし、詳細からリストへ戻るとリストの詳細を開いたサークルの部分ではなくリストの先頭へ戻ってしまうので、とにかく使いづらい。UIは凝っていてスクリーンショットとかの見栄えは悪くはないんだけど、実際に動かすと重い重い。Xperia Z2って今期のフラッグシップ機のはずなんですが、それでこの動作って…重すぎでしょ。
 それに他のカタログブラウザではほとんど見たことがないのに、この公式のコミケアプリでは広告が表示されていて、うっかり触るとブラウザやらストアが上がってきて鬱陶しいことこの上ない。何でこんな仕様なのか理解に苦しみますね。
 次回からこれの使用が半強制になるのなら、せめて既存の他のカタログブラウザ並みの仕様や性能は実装してくれないと、実用として話にならない気がします。
 あ、あと、チェックリストの読み込みも問題があるようで、Windows版では問題がなくてAndroidでも他のカタログブラウザでは問題がない『未登録』や『抽選漏れ』になったデータがどうやら読み込み不良を起こす原因のようで、読み込めないデータがありましたとか表示されて削られるっぽい挙動は、あまりにも困りますというか…そこらの抽選漏れなどのデータを蓄積できてたのもこれまでので使い勝手が良かったところなのに、公式アプリがそこらへん使い勝手を悪くしてるのは正直意味がわからない、と。フリーのAndroid用のこれまでのカタログブラウザは、チェックリストの扱いを見ていると挙動的にはWindowsのものに準拠しつつモバイル向けに軽量化とか表示や操作を特化されてるような作りなんですが、公式のはそういうのじゃなくて一からモバイル向けに設計し直されてるのはわかるんだけど、デスクトップ向けブラウザと挙動が違ってチェックリストの共用に問題がある感じ。これはちょっと…。
 いずれにしても今回は使わないですが、冬どうしよう…っていうのは課題かもです。
 わたしみたいにただ使う方はどれを選べばいいかと悩むだけですが、各アプリの制作者さんが大変だろうなーと思いました。コピー対策なのはわかるんですが、こういう仕様変更はどうかと…。
 カタログ買わないで割ってる人が一番悪いんですけどね。カタログ買えよ、と。
 準備会も大変なのはわかるんだけど、やっぱり入場時に物理的にカタログを掲げさせるのは復活させた方がいいんじゃない?と思いますが。厳密にチェックはしなくても良いとは思うんですが、待機列とかでそれをやるだけで、タダ入場とかは抑止できると思うし。いつしか入場フリーみたいな感じになってますが、基本はやっぱり諸注意を読むとかのことも含めてカタログ購入は必須だと思うんですけどね。
 エロマンガ雑誌とかが参加する作家の配置図を出してたりするのも問題ですが。あれもカタログを買わせないのを助長してるようで、どうかとは思うんですがね。
 企業参加とかも。そういうのがカタログを買わない『お客様』を増やしてしまっているのが問題かと。
 コミケは大きくなりすぎたことで、失ったものもかなり多い感じになってきたなーという気はします。商業化に歯止めがかからなくなってるような。
 一般参加者はお客様ではなくて参加者なんだって意識をもって行くはずのものなんだけど、それを準備会自らが薄めていってしまっているような感じもしなくもなく。
 いっそ、一度は企業ブースを全廃しての開催というのもあっていいような気もしますが、それは難しいんでしょうかね。あと、ウォールサチコとか言われてる問題とか(苦笑)、要は他で名を挙げた著名な人が話題作り的にコミケに参加して混雑とか混乱を起こすとか、そういうのもちょっとは抽選段階で考慮を…とは思ったり。来るもの拒まずなのはいいんですけどね、だったら商業スペースがあるんだから商業スペースでやってくれ、とも思うわけです。

 また話が飛んで松屋の鉄道模型ショーなんですが、8Fの本会場とは別に5Fの旅行用品売り場でも、トラベルと絡めた鉄道模型レイアウトの展示があって、そこのレイアウトの丘に牛が…1/150の牛…HGのターンAを置きたくなるなぁ(ダメだろ)。HGのターンAといえばプレミアムバンダイ限定での月光蝶キットだけ買ってあるので早く本体を買わなきゃダメなんですが、まだ買ってないので今月こそは…。月光蝶キットと一緒に買ったメッキ仕様のゴールドスモーとシルバースモーも組んでないので…時間が欲しいです。ちょっとずつやればいいんだろうけど。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »