« だ日記(ry (~20131212) | トップページ | だ日記(ry (~20131222) »

2013年12月14日 (土)

だ日記(ry (~20131213)

 忘年会はへっぽこぴーな某メーカーに潰されました(涙)。
 2件目のユーザーさんの対応が終わって15時過ぎに『当日対応行けますか?』…きた。
 どこ?って聞いたら遠くは無いけど対応エリア外で、他のベンダーが皆断ってるらしくうちにお鉢が回ってきた、と。行けないか?というので、準備もあるし事務所に戻って出発しても19時頃になるよ?ってことで、上と相談して19時で回答すればユーザーさんかメーカーから取り下げてくるだろう…と思い、そう回答したら訪問が確定したという(涙)。
 いや、ユーザーさんは悪くないです。
 へっぽこで故障しやすい装置ばっかり作ってる、へっぽこぴーな某メーカーが悪い。
 それと対応地域なのに受けないベンダーが悪いし。
 いつもうちはエリア外でも行けそうならわりと早めに良好な回答してるはずだけど、そういうときに限ってうちに決まらずよそが持ってくかよそに振るくせに、こんなときだけそっちで受けさせずにうちに投げるとか…えー?投げてるのはどこよ?おっきーとかOFEとか?知らんけどちゃんと仕事しろよ…。
 というわけで、事務所に戻ってむりくり準備して光の速さでダッシュ(一部嘘)で、極力特急で現場に向かいました。
 現場へ行く途中でうちの管理部から「メーカーのサポートもオープンにしておくように依頼しました」との心強い連絡があり、ありがとうございます!って現場に入ったんですが、いざ問い合わせが必要になって現場からメーカーに連絡したら『本日の営業は終了いたしました…』へ?ユーザーさんと苦笑いですよ…なんでこのメーカーはいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもこうなんだよ!こんなだからへっぽこぴーって言われるんだよ!
 というわけで、とりあえず管理部から裏番か何かでメーカーに連絡してもらえたみたいで了承を得たので作業を進めましたが、無理注文を聞いてがんばってる現場のことなんか何も考えてないのね…しかもこの対応、ぶっちゃけ大赤字なんですけどね(時間外のわたしの稼働だけで約5000円、それから移動費も考えると…別途で移動用補填をもらったとしても赤かも…)。うちはそこら経理は考えないで動くけど(クライアントのメーカーさんとの付き合いの問題がある)、件数での歩合だったら絶対に断ってる話。そこはクライアントの都合もあるから我々実地対応のエンジニアレベルでは断れないし断らないんですけど、まあ、このメーカーだからしょうがないかとも思いましたけど、さすがに1件あたりの値段、せめて倍はもらっていいんじゃないの?とか思います。めっちゃ安いですから。移動コストとか準備や後処理のコスト考えたら本気で黒字に持ってくには…根本的に無理って感じで。それでも話に聞く林檎よりマシですけど。あっちのペナルティはベンダーとエンジニアを殺す気だ…。

 そんなこんなで二次会途中から参加して、翌日、普段は飲まないもんだから二日酔いで頭痛が…。
 なので、ZX1をじっくり聞き込んでの感想は明日以降に…。
 かれこれ110時間以上のバーンインを経て、購入直後とは別物でかなり良い感じになってます。
 実際、もう価格.comとかにもレビューが上がってますが、ZX1の購入直後のファーストインプレとか、たいして鳴らしてない状態の感想っておそらくあんまりあてにならないですよ。マジで。
 かなり変化するんで。
 正直言ってしまうと、購入直後だとF887と比べて、低音はぼわぼわしてて締まりもなくて中音が引っ込んでて高音が粗くてささくれ立ってる雑な音という印象でいまいち。
 これは友人が言っていたんだけど、F887のがバランス取れててすっきり聞けない?とか、ZX1って雑じゃね?くらいの話だったんだけど、開梱からちょっとしか再生していないとまさにそういう印象。
 なので、買ってすぐですごい!とか書いてるのはちょっと…と。
 感じ方は人それぞれじゃんって言ってしまえばそれまでなんですけどね。
 あと手持ちのイヤホンでは、EX800STがベストマッチ。
 EX1000は次点…なんだけど、うちにあるDAPではEX1000は、ようやく本気出してくれたかー、と。聞いてる音の素直さと自然さではEX800STなんだけど、空間表現とか定位のわかりやすさではEX1000に分があるなーとかなんとなく思ったり。
 ただ、ロックとEX1000はとことん合わない印象。人の声のサ行やタ行やパーカッションやシンバルがシャリシャリとしすぎてしまって、まるで安物のイヤホンで聞いてるのか?という実に不自然な印象に。EX1000の持つ高域は、以前からずっと感じていたんだけど、不自然なくらいの強調感があるので…。
 どちらも良いイヤホンなので悩むけど、以上の理由から、わたしの常用はEX800STです。
 あとMDR-CD900STでも、グッと締まった低音がでて気持ちよく楽しめるので良いです、元々のヘッドホン側の良さもあるから鮮明で質の高い音をこうも手軽に得られるのは良いかなーと。

 ナムコミュージアムPS版の1~4までがPSアーカイブスに入ったようですが、なんで4までなんだ…中途半端だなぁ。最後まで出てからまとめて買おうと思っています。
 とはいえ、PS版のミュージアムって出来がねぇ…おまけ機能とか面白いからいいんだけど。
 PSP版はUMDでもDL版でも買ってるけど、ドラスピの連射が遅すぎて話にならないので結局遊んでないとか…作った人は実機でちゃんとテストプレイしてない気が。連射速度とかも調整できなきゃ意味ないです。携帯機なんだからそのあたりもっと考えて作って欲しかった…ただ動けば良いというものでもないので。それとナムコのミュージアム収録タイトル、VCでもそうだったりするけど、当時の表記が書きかえられてたりして興醒めすることがかなり多いんですよね。ゲームに入るメニュー画面とかで現在の表記にするのはいいんだけど、一旦ロードしたら極力当時のままを再現して欲しいのに。
 セガの移植版なんかはわりとそこらへんちゃんとやっていて、移植担当がM2だったりでそのあたりはわかってるからだと思うんですが、ナムコは企画担当や移植担当がそういうのわかってないっぽいのが本当に残念。
 だからナムコのはリリースされてもあんまり積極的に買おうって気になれないんですよね…。
 どうも昔のファンの足元を見て商売してる気が。

 ちょっと古い話ですが食品偽装の話題。
 これ、東京ディズニーリゾートが震源だったみたいですね。
 で、それがなんで大々的にTVなどで報じられて吊るし上げられないかというと、TDLからTV各社がもらってる金や仕事の大きさが原因らしい…なんとも情けない話です。
 実は身内の近しいものに過去あそこでキャストとして在籍したのがいて、いろいろ話は聞いてるんだけど、どちらかというとブラックなうちらIT土方業界よりも実はよっぽど黒いんじゃないか?というのがTDL。
 魔法の国というけど、まさに魔法(洗脳)にかかってないとやってられない薄給と待遇で…聞いてて恐ろしくなるレベル。実際にわたしも今の業界に入る前にあそこのキャストの説明会を受けに行ったことがあるんですが、内容を聞いていてこれはヤバいと思って面接受けずに辞退して帰った記憶が。
 好きだけじゃ無理だしそれ以上の何かがないとやってられない職場だと思いました、それであのクオリティを維持している現スタッフは素晴らしいと思いますが…。
 夢を与えるところがこういう黒さを持っていてはどうかと思うんですよ。潔く認めて是正するくらいの発表をしてくれたら…とは思うんですがね。
 あちら(オリエンタルランド)にも言い分はありそうで、それならもっと出すもの出せ、と。確かに今の入場料でも安いのかもしれません。あのクオリティをクリーンに維持するなら…今の倍とはいかなくても、150%くらいの入場料に改定されるというのもありなんじゃないかとは思います。それであのクオリティがクリーンに維持されるなら、見合った対価ではないかと。
 ただ、それと偽装問題を隠蔽する黒さとは話が別。
 ディズニーだからでタブー視して報道しない機関もどうかというのもありますが、その金の力にものを言わせて情報や事実を隠蔽する黒さをああいう夢を与える企業がやってるというのが、ねぇ…。
 そのあとに吊るし上げられたホテルが本当にかわいそうです。やってることは同じなんで悪いは悪いから同列扱いで良いと思うんですけど。TDLが先だったらどうなったか…というのは興味あります。
 それにしても開園から30年以上、よくやってると思います。
 あんまり裏の黒いところとか持たずに、夢の国を標榜するならクリーンにがんばってもらいたいものです。
 みんな楽しみにしてるものなんだから。



|

« だ日記(ry (~20131212) | トップページ | だ日記(ry (~20131222) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511749/58755226

この記事へのトラックバック一覧です: だ日記(ry (~20131213):

« だ日記(ry (~20131212) | トップページ | だ日記(ry (~20131222) »