« ただの日記です。過度な期待はしないでください。(~20121216) | トップページ | 鉄拳タッグトーナメント2 Wii U EDITION 対応スティックを使ってみた »

2012年12月18日 (火)

ただの日記です。過度な期待はしないでください。(~20121218)

 またいっこ無駄に歳をとってしまった。

 運よく代休だったので、ごろごろ休んでました。

 というか、やらなきゃいけないこともあったので大宮へ行く予定だったんだけど、計算間違いで秋葉原へ行かざるを得なくなってしまい、結果的には夕方から秋葉原まで出かけてきました。
 諸事情あって20時まで秋葉原に拘束される感じだったんだけど、そのあいだの待ち時間としてひさしぶりにゲーセンちょっとだけ回ってきました。
 とりあえずトライタワー、そのあとHey、セガを見てきたんだけど、どこもいつも通りだなーと思いながらも、一番落ち着いてゲームで遊べるなって思ったのがトライタワーだったりして。なんだろう、ゲーセンに一番入り浸っていた頃の雰囲気も含めての再現がトライタワーが一番近い気がするというか、置いてあるラインナップもそんな感じだし。他は結構混在したラインナップとフロア構成だから、落ち着かないんですよね。古いゲームやってて他の今風のゲームの音が聞こえてくるのも興醒めだし。まあ、トライタワーもグラディウスやダライアスの真後ろに怒首領蜂最大往生完とかあるから変わらないっちゃ変わらないかもしれませんが、稼働としてはそんなにかぶることもないんで、わりと静かに落ち着いて遊べるのはいい感じ。他のタイトルはフロア的にもレトロなタイトル満載で基本PSGかFMかって音が聞こえてくるので、やっぱり落ち着くんですよね。やっぱゲームのBGMはPSGかFM音源でときどきパーカッションとかボイスでPCM使ってるくらいのがちょうどいいなぁ…(苦笑)。
 そんなわけでひさしぶりに初代のグラディウスをやってきました。腕めっちゃ落ちてて4面すらクリアできないありさまでしたが楽しかったー。昔みたいにゲームにガンガン時間を割ける生活じゃなくなってるから、下手なのが悔しくて時間とお金をかけてトライで練習…とかできないし、家でやろうにも自宅だと結局環境再現や雰囲気の問題であんまりやる気がしないとか、移植版だとそもそも動きが…っていうのもあるし。つか、現行の据え置きゲーム機で完全移植に近いレベルで遊べるグラディウスって、よくよく考えたらないんですよね。コナミがXbox360なりPS3なりで出してくれたら買うんですけどね。できれば360で出してくれると嬉しいんだけど。グラディウスと沙羅曼蛇セットで、だとうれしいですね。M2での移植ならダウンロードでもパッケージでも喜んで買います。
 ていうか、実は10年くらい前は基板持ってたんですよ。グラディウス。バブルシステム版だけど。ロケの店員の仕事をしていたときから持ってました。私物で。お店に稼働機として入れてたこともあります。すでに格ゲー全盛期もすぎかけて音ゲーに市場がシフトしかけてた時期だったこともあり、あんまし人気はなかったけど。当時は中古でバブルシステム版なら1万5千円くらいで買えたんですよ、当時的にも壊れたらガラクタ的な基板扱いだったのでバブル版は安かったんですね。で、バブルシステム版を対象にROM版に交換してくれてたってサービスを知ったのはそれが終わってた頃だったので、残念ながらソフトが飛んだときの修理はバブルメモリ再書き込みで1万円とかかかったり(苦笑)。基板上というかバブルシステムのバブルメモリカートリッジ上にセメント抵抗が乗っかってて、バブルシステムで有名なウォーミングアップは、あれ本当に温めてるんですよ。ゲーセンでの稼働ではそんなに起動しないことって見たことないですが(そりゃ毎朝観察してるわけじゃないですからね)、自分で手に入れてからは、冬のめちゃくちゃ寒い時期は電源投入直後には遊べない基板ということで結構難儀してた思い出があります。温まらないのでボイスカウントからバブルシステムのローディングのカウントダウンに移行しないんですよ、ずっと50~0までのボイスカウントを延々繰り返してる。当初は壊れたのかと思っていたら30分くらい放置してたら突然モーニングミュージックが流れ始めてちゃんと起動して、一度起動したあとに電源を切ってコールドブートしたら普通に数カウントでいわゆるモーニングミュージックのカウント画面になるから、ああ、温めてたんだなぁ、っdて。それも含めて面白い基板だったんですけどね、一時期何を血迷ったのかゲームやめるとか考えてたことがあって、そのときにいろいろ手放したものの中にこのグラディウスのバブル版も入ってた…というわけで。2枚持ってて2枚とも手放したのは失策でした…。ROM版だったら手放さなかったのか?というとわからないところですが。
 そんなこんなでひさしぶりにやってきたグラディウスは、あれ、ROM版でしょうね、うらやましいなぁ…じゃなくて。やっぱり実機は良いですね。そりゃたしかにDSのコナミアーケードコレクションのグラディウスは完成度高いですけど、実機のように稼働してる時の画面上にノイズが出たりしませんもんね。稼働してるのは実機なので当然のように空中戦の画面の真ん中の方とかステージ中でも上の端の方とかにノイズが出るんですよね。わたしは実機のそういうところもあわせて好きだったりします。当時からしてゲーセンでそういう表示や処理だったわけだし、それも含めて思い出だから。個人的には基板を買う人って、そういうのも含めて手にしたいから買うんだろうな…って、グラディウスをやっていて改めて思いました。難儀なことに初代が一番好きなんで…今後手に入れられることはなさそうだけど、機会とお金があれば欲しいものです。まあ、無理だろうなぁ…。【どらすぴ】だけは絶対に手放すつもりはないですけど、なんでグラディウスを手放しちゃったのかなぁ…好きだったのに。理由はいくつかあったんですけどね。1枚は純正のシールドケース込みで持ってたからでかくて邪魔だったという単純に収納スペースの問題、もう一つの問題は稼働させるときに別電源が必要でセッティングそのものが面倒くさい、さらにもう一つの問題は遊びたいときに電源入れてすぐ遊べない…これが一番大きかったかも。そうこうしてるうちに、基板でじっくりゲームをやれるライフスタイルじゃなくなってきた…というのもあります。ROM版だったら…どうだったでしょうかね。何とも言えないですね。
 携帯機で操作性とか考えたらPSPかPSVitaでちゃんとした移植版を出してくれたら買うのになーっていうのはあるんですけどね。グラディウスポータブル…は、持ってるんだけどアーケードの移植というよりPS版のデラックスパックの再収録って感じなので、沙羅曼蛇ポータブルのようにM2の移植でちゃんとしたグラディウスポータブルを出し直してくれたら買うのに…とか思ってしまったり。コナミ自身がもうグラディウスってコンテンツで商売する気はあまりないようなので望み薄というか、まあ出ないでしょうけど。前に出た外注やっつけのCD-BOXがそれを象徴しているような(涙)。
 それはさておき。
 ひさしぶりにそうやって過去を振り返る機会を得たことは、誤算だったとはいえ秋葉原へ出てきて良かったなーと。
 トライタワーでは立ち寄るたびに時間があれば極力やりたいゲームを見つけては遊ぶようにしてるんですが、グラディウス初代はまたラインナップから消えそうな感じになってたので残念ですね。稼働させてる以上はインカム悪かったら消えますよってのはしょうがないんで。前に【どらすぴ】が入ってた頃も崖っぷち台扱いになってて、しばらくしたら消えちゃいましたし。そうそう頻繁に秋葉原に行かないので、遊びに行って運よくやりたいのがある時は、やるようにしないとダメですね。

 ソーシャルゲームってあんまりゲームって呼びたくないんですが、やらずにそういうのもどーなのよ?ってことで、ひとつ手を出してみました。NW-F807がAndroid端末でブラウザ上でやれるってことで、『ガールフレンド(仮)』やってみてます(なんだかなぁ…)。
 ぶっちゃけ現時点でも本質的にはゲームとして何が面白いの?って感じではあるんですが、なるほど蒐集欲につけこむという点では良く出来てるなーと思います。要はトレカですね。どれだけ魅力的なイラストのカードを提供できるかに尽きるというか、それを手に入れさせるためにうまく課金を誘う…ああ、やっぱりこれをゲームとは呼びたくないな。しかもソーシャルって…ろくろくコミュニケーションするわけでもないし時間をかけないといろいろ手に入らないとか考えると、ソーシャルというより引きこもりゲーじゃんって友人が指摘してたんだけど、まさにその通りだと思ったり。時間泥棒っていうか。まだQMAのがよっぽどソーシャルしてるわ、対戦による他人との無言のコミュニケーション…DS版は展開が終わっちゃいましたが、PSVitaで新作展開してくれるなら本体ごと買うんだけどなぁ…。ってのはさておき。ガールフレンド(仮)ですが、そういう意味ではなかなかまともなイラストを提供できてるんじゃないでしょうか。GooglePlayのせいで幸か不幸か課金したくてもできない環境なので(苦笑)、っていうかできてもしないけど、いいカードだなーと思っても課金が必要そうだったらわりとすんなりあきらめられる性格してて良かったーと思います。ガンガンにリアルマネーを突っ込んで時間もかけてる人は強いんだろうなぁとは思いますが、そこまでしてやる気はないですねー。あくまでまったり無課金でちょぼちょぼやってる程度。
 しかし、やっぱりこれをゲームと呼ぶのはどうもしっくりきません。基本的にはリアルタイムでアクション性があって、操作の腕を磨いて結果を出すために挑戦していくのがゲームだと思うので…非リアルタイムにしても、何も考えずにボタンを押していればだれでもできるというのではなく、シミュレーションやパズルやRPGなんかでプレーヤーが試行錯誤したり努力して…っていうのならゲームだと思うんですけどね。アドベンチャーとかもそうですけど。RPGやアドベンチャーでもプレーヤーが考えなくてもただボタンを押していれば話が展開するようなのは、それこそアニメかなんかでやれば?って思いますしね。ゲームでやる必要がないじゃんっていう。こういう性格だからP17nとか好きなわけですが(PS版が出たときは発売前から期待してて、買った当初はそれこそ狂ったようにハマってやり込んでましたしね…初回クリア時は72周くらいかかったような)。その意味ではこのソーシャルゲーとやらは、やっぱりゲームとは呼びたくないなぁ…って感じで。ぼちぼち集まってくるカードを眺めて楽しむものと考えれば悪くはないですが。そういう意味では楽しいですけどね。
 で、こんなのがゲームショウを席巻してるということは、もうゲームらしいゲーム自体が『面倒くさい』ってことで飽きられてきたりしてるのかなーなんて思ったり。そもそもアーケードゲーム自体、商売前提とはいえ目先の売り上げばかりを求めて多様性を否定したところで進化の行き詰まりが見えていたといえばそうで、雑多にあった面白いゲームやメーカーが市場に存在することを許されない状況になった時点ですでに黄昏てたと言えなくもなく。
 そう考えると、8bit~16bit機時代にゲームを遊んで過ごした世代って、ことコンピュータゲームという体験に関しては恵まれた時期を過ごしてきたんじゃないかなーなんて思ってしまったり。

 良くも悪くも成長してないなーと思ったり(ダメじゃん)。


オチません。


|

« ただの日記です。過度な期待はしないでください。(~20121216) | トップページ | 鉄拳タッグトーナメント2 Wii U EDITION 対応スティックを使ってみた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511749/56347776

この記事へのトラックバック一覧です: ただの日記です。過度な期待はしないでください。(~20121218):

« ただの日記です。過度な期待はしないでください。(~20121216) | トップページ | 鉄拳タッグトーナメント2 Wii U EDITION 対応スティックを使ってみた »