« ただの日記です。過度な期待はしないでください。(~20120531) | トップページ | だ日記(ry (~20120624)※軽量版 »

2012年6月14日 (木)

ただの日記です。過度な期待はしないでください。(~20120613)

記憶は美しかった…<挨拶

超時空要塞マクロス、ようやくTVのBD BOXを手に入れたのでぼちぼち見ているわけですが、いろいろ面白いです。

あー、現在取り扱いが止まってますが一応劇場版も貼っておくとして。
実は以前、HDリマスター版のDVD BOXも持ってたんですが、手放してしまってたんですよね。で、いずれ買い直そうと思って機会をうかがっていたんだけど、なにやらプレ値がついたっぽくなっていて入手難度が上がってたり高かったりで、気がついたらBD箱の初限版ととんとんかBDのが安いくらいに落ち着いていたのでBDで買ってしまいました。上のリンクでは初回版と通常版両方貼ってますが、わたしが買ったのは初回版で。届いて驚いたのは、マクロスの箱ってどうもいつもなんですが、書籍関係の特典が多いのでやたら重いんですよ…今回も異様な重さで、はじめは何が届いたのかよくわからなかった(苦笑)。
んで。
画質は…いやー、テロップ綺麗だわ(ぉぃ
フィルム傷とかノイズとか結構盛大に出ちゃってて「ぉぃぉぃ;」って感じなのですが、古い作品だししゃーなしだ…とも言ってられないんですよねぇ、わたしは買わなかったけど見せてもらったZガンダムとかのBDだと古い作品でも気合いの入ったリマスターがなされてたりするので、やっぱりマクロスはDVDのときもそうだったけど結構ファンの足元見た商売してるよなぁ、と。せっかくリマスターしてせっかくBDで出すなら、もっと丁寧に仕事してくれたらいいのにとか思うんですけどね。わたし自身、マクロスなんでわかってはいたけど画質に期待して買ったわけじゃないので、残念ではあるけれどまあいいか、と。いや、良くはないですけどね…なにせ36話なのに定価えらい高いですから、これ。そこらへんもあいかわらずマクロスだなぁ、と。画質が驚くほど綺麗ならこの値段でも納得したかもですが、見る前から何となくわかってたからわりとすぐにあきらめもついたですよ。
それはさておき。
本編内容は…いやー、面白い。改めて見直してるといろんな意味で面白いです。可変戦闘機(バルキリーはどっちかというと飛行機描写メインでロボット的扱いのシーンのウェイトが少ないのはご存知のとおり)とラブコメとSFと、ってフォーマット、今見ても斬新で面白いです。ここいらがマクロスが現在でも名作として語り継がれる所以かと。設定面の面白さとかですね。そしてそれらを盛り上げる羽田氏の楽曲たち。音楽はほんとどこをとってもすごくいいんですよね。初代の曲はどれもかなり好きです。OP・EDはもちろん大好きなんですが、それ以外では中でも『シルバームーン・レッドムーン』や『やさしさSAYONARA』はお気に入りだったりします。その他BGMもいずれもすばらしいですよね。
ここまでは真面目な意味で面白いと感じている部分。
で。
突っ込みどころ的に面白いのは…作画酷い(苦笑)。当時から見てた人ならもう「またか」というか「そりゃそうだ」的な部分ですが、いやー、思い出は相当美化してたみたいで、DVDのときにも見ていて同じことを思ってたはずなんだけど、改めて見返すと、ほんと作画ひどいw
1話も大概なところがあるけどまだ踏ん張ってる、が、もう3話で作画で腹筋壊れるかと思うくらい笑うとは思わなかった…これはわたしのアニメの見方が変わってきてるというのもあるのかも知れませんが、キャラ作画がとにかく酷かったりするシーンが結構ある部分に妙に意識がいってしまって。表情とか目とか。脳内で美樹本氏の絵に変換しながら見る…とか考えたんだけどダメでしたごめんなさい的な。無理っす。
スタープロ、すごいわwww
メカのシーンも完全に中割りがなくてコマ落ちしてガタガタに動いてるおもしろモーションだったりとか、ぶっちゃけヤシガニよりもはるかに酷い状態が本編のほぼ半分程度を占めるという恐慌っぷり、いやいやいや、だからマクロスは作画云々じゃなくてシチュエーションと設定と話の面白さで見るアニメなんだなーというのを再認識。
しかしそこらも含めて好きなんだからしゃーない。
友人は愛おぼは買うけどTVはいいやっていうんですが、それはそれでありだと思うんですよね。とはいえTV版は見たことがないというので、TVを知らないのはいろいろもったいないというか、TVあってこその愛おぼなので。わたしは愛おぼは劇場行きましたよ当時。メインテーマよりも『天使の絵の具』のが好きだったり(当時からひねくれものだったんだなぁ…)。そういや天使の絵の具は当時の朝のTVニュースの天気予報でインスト版が使われてたなーという気が。記憶違いかもしれませんが。それとか、劇場版にあわせて発売されたデフォルメされた完全変形バルキリーのスーパーパック付けられるタイプとかも買ってもらったりしたんだっけなぁ…TV版のマックス機の塗装はどうかと思ってたけど劇場版のマックス機はカラーリング好きだったのでそっちで、とか。どこにしまったかわからないから見つからないんですが(涙)。一条機のVF-1Sのプラモも作ったっけかなー、当時にしては珍しく金属パーツとかついてるものだった気が。20周年のDVDも出たときに買ったし(ランナーが収録されるというのでそれが見たかったので)。なんやかや言いつつ、マクロス好きなんですよね。ただ、シリーズいろいろ出てますが、好みなのは初代とプラスとFに絞られるというか…プラスのBD化マダー?みたいな。
いずれにしてもTV版マクロス、やっぱりこれがあってこそです。OP・EDは今見てもやっぱりいいなぁ、と思いますね。それだけにBDはOPの画質がとにかく酷いのが残念。でも特典類とかも含めて、悪い買い物じゃなかった、とは思ってます。値段は不満だけど、こういうものを今でもしっかり出してくれるのはありがたいことです。

P1001434
こんなの組んでました。
P1001435
箱の中身、キットの内容はこんなんです。パーツの総点数は30点もありません。ガンプラよりは全然簡単。
P1001437
2パターンのライティングが楽しめます。こちらは『粋』。
中央にクリアパーツを通してあって、そこからライトブルーの光がまばゆくきらめきます。
P1001442
でもって、これが『雅』。
台座の部分に投射用のクリアパーツを取り付けて、下から塔体上部に向かって紫の光を投げかけます。
なかなかに楽しいです。組み立て簡単で結構細かくて綺麗に仕上がり、飾るにそこそこお手軽なサイズなので、わりかしおすすめかも。普段プラモの組み立てなんかをやらない人でも簡単に作れると思います。

お値段もお手頃なので、さくっとおひとついかがでしょうか。

そういえばもう発売されてるんですが、ホリのファイティングスティックmini3、うちには10日の日曜日に届いていたんですが、このところ疲れてたりでなかなか更新できなかったので今更ですが簡単に感想などを。

かなーりコンパクトです。昔あったPS用のコンパクトジョイスティック、あれですね。
でもって、ひとまず物理的な操作感、感触はなかなか良好。お手軽に寝っ転がって使うにも楽しいジョイスティックということで、実に楽しいです。
でもって、実用的な面では、体感なのであてにせず話半分程度に受け止めていただきたいですが、遅延してます。軽ーく。N3(キャリバーVスティックEXVSスティック)程度には遅れてる感じです。VXとの体感差はあきらかですが、そりゃ当然か、と。予想はしてましたし。
でもって、うちっぽくひとまず裏ぶた開けました。
P1001445
当たり前ですがボタンがはんだ付け。で、チップなどは表面に実装されてると思われるので、はんだ吸って基板を外さないと表面は写真撮れません。今回は断念。筺体が青のタイプはボタンが黒く、黒のタイプはボタンが赤…ということで、両方買って真・黒を作ろうとかいう人が某所にいらっしゃいましたが、これ結構面倒臭いですよ。とはいえ改造用にあといくつか発注してたりするので、そのうちやります。そのときに基板表面の写真も撮ってみますよ。それからこのファイティングスティックmini3はあらかじめ書いておくと遅延の比較実験とか面倒臭いのでやりません。構造上こんなんなので、正直面倒臭いですよ?ただ、これ、そこまでガチになるほどの製品じゃないと思うんですよね。要はお手軽にジョイスティックの操作感を楽しめればいいよっていう製品だろうし、実際そういう意味では十分に楽しいので。まあやっぱりPS3実機で【どらすぴ】とかやると多少は操作感が重かったりで本気でやるなら変換機かましたRAPVXなりFSVXなりでやる必要はあるわけですが、そういう製品じゃないだろ、ということで。簡易としては必要十分、お手軽にジョイスティック気分を味わえる楽しい製品だと思います。
なんていうか、アーケード型ジョイスティックタイプのコントローラーを手にしたことがない人から『入門用とかとりあえず何買えばいい?』って聞かれたら、まずはこれでいいんじゃない?っていうキッカケ的な製品としては十分。これで満足できなければFSV3なりRAPV3なりを買えばいいので(RAPV3はあまりお勧めできませんが…どちらかというとキャリVスティックなりEXVSスティックなりといった新しい方が、わたし個人の体感としてはまだマシだったので)。
そんなわけでファイティングスティックmini3、地味におすすめだったりして。超楽しいですよ。
お値段もお手頃ですし。
ちなみにPCで使う場合はレバーがハットスイッチ(POV)固定なので、そこは注意が必要です。ゲームによっては使えない場合があると思われます。もしくはJoyToKeyとかXpadderなどを使ってキー割り当てしてやる必要がありそうです。個人的にはXpadderおすすめ。グラフィカルで直感的にわかりやすい設定画面とかいい感じです。JoyToKeyも多機能でいいソフトなので、好みや状況に応じて使い分けするとよろしいかと。


あれやこれやのうちにいろいろあって、2ちゃんねるが某サイト向けの転載禁止とか。当然かなーというか、まとめじゃなくてちゃんとスレ読めっていう。いや、問題はそこじゃないんだけど、まあ、わざわざ書かなくともいいか、と。それから、amazonがPS Vita購入するのに画像認証を用いたりとか、なんやかやでいろいろおもしろいことになってるなーなんて思ったり。
流れを眺めてて、あーあーあー、悪いことはするもんじゃないなーという見本を見てるようで。

ニャル子さんの9話・10話見ました。
いろいろひどいw(もちろん褒め言葉)。
入れ換わりの話をやってるので原作での宇宙児ポ法ネタなんですが、それ以前に入れ換わりでいろいろおもしろいことになってたりとか、ぶちゅーキター!とか、AGEデバイスやらキルミーやら、まあいろいろよく仕込んだものだと。なかなか楽しかったです。予告のおいたんネタとかも面白かったし。2~6話はあまり見返してないんですが、1話と8話以降は結構何回も見返してます。面白いので。8話以降はいい意味でパクリっぷりに躊躇がなくなってきたなということで、かなりふっきれたつくりになってるのが見ていて手ごたえとしてあるので、実に楽しいです。どうやら1話の反響をみて8話あたりからいろいろ反映されてたりという話が某所に出ていたですが、ようやく勢いづいてきたなーというところでもうすぐ最終回なので、これはぜひ4期やってほしいですねー。
原作もようやく9巻まで一通り読み終えました。パーフェクトBOXについてきた番外も。面白かったーw
9巻でニャル子さんが真尋さんに魅かれる理由がみたいな話でしたが、これもなかなか面白かったです。この手の時間遡行ものだと卵が先か…的な話なわけでいろいろ悩ましいわけですが、そういうのをあまり真面目に考えてもしゃーないなーと。素直に楽しんだ方がいいなーというわけで。
原作は次も楽しみです。

でもってガンダムAGE。
1年やるのはわかったけど(AGE4とか出るようだし)、なんていうか敗戦処理というか消化試合というか。ネタとして見る以外の楽しみ方がないんだなーってアニメですね。
ランティスのサイトでドラマCDの紹介記事があったんですが、『機 動戦士AGE』という表記になっていてなかなか面白かったです。機動戦士でもなければガンダムでもないというあたりが…オフィシャルで絡んでるランティスがやっちゃうかー、みたいな。他意はないとか言われても信用できない(苦笑)。


オチません。


|

« ただの日記です。過度な期待はしないでください。(~20120531) | トップページ | だ日記(ry (~20120624)※軽量版 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511749/54954968

この記事へのトラックバック一覧です: ただの日記です。過度な期待はしないでください。(~20120613):

« ただの日記です。過度な期待はしないでください。(~20120531) | トップページ | だ日記(ry (~20120624)※軽量版 »