« ワンダーフェスティバル2012冬へ行ってきた件 | トップページ | だ日記(ry (~20120224) »

2012年2月19日 (日)

だ日記(ry (~20120218)

三度目の正直<挨拶

先週金曜に階段で足をくじいたんですが(ワンフェスはその痛みを押して行きました)、月曜日にまた同じ場所で同じ方の足首を…てなわけで足首がくるぶし見えなくなるくらいぱんぱんに腫れて、でもアクセルは踏めるから仕事はするという…それ以外にも右手薬指が傷口から膿んできてぱんぱんに腫れて、これまた包帯やらでぐるぐる巻きでしたがドライバーは回せるから仕事はできる、と…麻酔して(打たれるとき痛いのなんのw)膿を抜いてもらって、ようやくおさまりつつあったり。

いまさらながら、去年買ってすっかり忘れてたPSP版のplanetarianを読みました。なんの関係か忘れましたが、たぶんAirのDVDやBD、サントラを買ったからだろう、Amazonからのメールでおすすめに入ってました。わたしは元々Keyの熱烈な固定ファンというわけでもなかったので作品自体はこれで初めて知りました。寄付付きだし価格安いしやってみようかなーということで買ってたんだけど、なにせ去年の5月だからPSPは絶賛封印中な状態だったので(そもそも去年のあのころはソフト買ってもゲームをやろうって気分じゃなかった)、最近片付けしてて未開封で出てきたのに気がついたという始末。せっかくだからUMDパスポート試してみようってことで本体に登録して安価でDL版も買いました。できるだけUMDレスで行きたいねーということで。
…やられた。
いまさらな作品だからネタばれもなにもないだろうけど、それでも未読の方がいたら申し訳ないので話についての詳しい感想は控えますが、終わったら泣いていた…って、珍しいタイプのじわじわくる良い作品でした。
世界観の設定自体も秀逸なんだけど、ゆめみの振る舞いについてとか、主人公である屑屋の心境の変化なんかもすんなり読みやすくて良かったです。出しゃばりすぎず控えめすぎないちょうどいい演出と音楽もとてもよかったです。わたしはこのPSP版が初だったのでCVも素直に受け入れられました。ドラマCDが気になったので、Windows版も買いました。同梱のドラマCDを聞くか別途売られている小説本を読めばすべてがわかるようになっているようですが、まずはPSP版で…というのは、きっかけとしてはよかったなと思っています。
繰り返しまた読み返したい、と思ったビジュアルノベルってあんまりないんですが、これは改めてまた読みたい、と思いました。ボイスありでも通しで5時間くらいで読めるので、大作や話題作というわけではないと思うんですが、機種や版数を変えてもそのままのかたちでロングセラーを続けているというのも納得の内容でした。良い物語だと思うので、長く語り継がれてほしい作品だなぁと思いました。こういうコンテンツはメーカーも初動だけでなく細々とでも生産を続けてくれてるとうれしいですね。

せっかくなので貼ってみる。
すこしでも多くこの作品に触れてくれる人が増えるとうれしいかな、と。
PSPのDL版でも容量273MBでそんなに大きいものではないしお値段もお手ごろなのでおすすめです。

コストの話。
ずっと書こうと思っていたことなんですが。
わたしはダイソーとかの100均がいろいろ揃っていて大好きなんですが、それとは別にしっかり作られた専用の製品は当たり前の話なんですがそちらで買うようにしてます。
値段が安くなるのはとてもありがたいことなんだけど、それとは別に、本当に良い質のものというのはそれなりの手間とコストをかけられないとやっぱり成立しないんじゃないかな、というのがたびたび思っていたことです。
わたしも業界的に修理業なのでいろんな世代の製品を見るわけですが、製品の性能はともかくとして質自体はそれなりにコストの掛けられた昔のものの方がつくりが頑丈だったりしっかりしているっていうのは実感します。ときどき、今のPCを買うのにン万も出したのにとか言う人がいるんですが、逆にいえばその程度の値段で買えてるんだから品質的に文句を言われても困るというのがあります。PCに限りません。車だって衣料だって食事だって同様です。コスト競争それそのものが悪いとは思いません。しかし、手をかけた品物にはそれなりのノウハウも存在するわけで、ローコストばかりにこだわった今の製品はそこをそぎ落としてしまっているんじゃないか?と思うわけです。確かにいろんな品物は安く手に入れやすくなりました。だけど、いいものを作るというノウハウもどこかに置き忘れてきてしまったんじゃないか?というか、今の日本ってローコストばっかりに気をとられて品物だけではなくノウハウも精神もすべて安っぽくなってしまったんじゃないだろうか?って気がしますね。で、そう考えるといろんな物事に説明がつくような気がするんですよ。まあ、経営者が自分たちばかりが儲かる事ばかり考えて雇用している人たちや消費者や製品そのものに還元しない現状では賃金も安いし良い製品なんてできるわけもなければ買えるわけでもないですからね。高額な製品は利益率ばかり高くて中身は安物とたいして変わらなかったりするし。張りぼてのぼったくりもいいところです。そう思うと今の日本の状態はなるべくしてこうなってるんだなぁというのも見えてくる…とか、言いすぎでしょうか?雑でぎすぎすしていて当然みたいな。ま、いいんじゃないでしょうかね。上の世代が自分たちのことばかりで次代のことなど考えていないなら、その下はもっとひどくなるというのを体現してるようである意味見ていて面白い、と言えなくもないですし。すでにそうなってますが、驕れる者は久しからず…ということで。日本はどんどん凋落していくんだろう。バブルのころはまだマシだったんだなぁ…。

これまたいまさらながら、planetarianをやった流れでPSPのDL版のソフトを眺めていたらナムコミュージアムvol.2のDL版が来てたので購入(UMDパスポート非対応だった、さすがナムコ守銭奴すぎる)、それでもってようやくドラスピPSP版をクリアしました。やってて思い出したんですが、このどらすぴ、移植度は悪くないんですがエリアスタート時やミスからの再スタート時に謎の処理落ちがかかるんですよね。そんなに負荷のかかる処理してるとは思えないんだけど。っていうかザウエル登場時とか、要するにボス出現時とかも重くなりますね…まさか曲の読みだしに処理食ってるとか?意味がわからない…。それから連射設定はあるにはあるものの、それが遅いので(秒間10発出てない気がする…出ててもせいぜいその程度)、結構な場面でゲームにならん!という場面が存在します。かといって携帯機なのでどらすぴを満足に遊べるレベルの手連射などできるわけもなく…というわけで、苦戦することを強いられます(ちぇ…)。前にまだvol.1しかDL版がなかったころにナムコにvol.2をDL版で出すときは連射速度上げるとか旧バージョンも収録してくれって問い合わせを入れたんですが、それからたぶん1年か2年以上は経過してると思うんだけど、ようやく出ていたDL版はUMD版そのままでした…ちっ。せめて秒間20発くらいの連射を入れてくれていればまだゲームになるんですが、ロープロッドをデュアルヘッドのファイヤーレベル2で壊せないのはまだいいとして、パターンをかっちり決めておかないとエリア6の氷壁とかヤバいレベル。ただ、ここはまだちゃんと通路にしたい場所さえわかっていればなんとかなりますが、正直どうにもならないのがエリア9の第二パートにあたるバゴスが鉄球をぶん投げてくる通路、ここが鬼門です。連射のスピードが足りないせいで破壊できずに鉄球避けを強いられた場合、大抵は死ねるのでストレス溜まりまくります。一応バゴスの攻略としてはシングルヘッドでファイヤーレベル1でも左目(向かって右側)を狙って撃つ位置の軸線にいれば鉄球が当たらないというのはあるんですが、新バージョンなので移動速度が速いから位置取りが面倒なのと連射がそもそも遅すぎるので位置取りにミスるとわりと即死か死亡確定に近い状態に…ここを抜けても連射が遅いので対ザウエルで苦戦するんですけどね。ソフトを持ってる人はやってみてくれるといいかも、新バージョン(しか入っていない)のでエリア9からスタートできます。エリアセレクト時は2ヘッド2ファイヤースタートなので、第二パートで一旦ミスってもらえればどういうことなのかわかるはず。思い出した。ストレスたまる一方で楽しくないのでやらなくなったんだった。これ作った奴、絶対ろくにテストプレイしてないだろって思ったんですよ。やってたらこの連射速度でゲームになるかならないかくらいわかるはずだし。ていうか連射速度が足かせになるなんてPCエンジン版のドラゴンセイバーかよって思いましたね。移植の出来は悪くないだけにこの部分だけが無性に許せない感じです。PS3や箱のソフトみたいにアップデートパッチで何とかしてくれたらっていうのもPSPだと無いですからね…こういうのを見るにつけ、ナムコ腐ってるなーと思いますね。どうせ出すならなんでちゃんと楽しめるように出してくれないんだろうか…と。携帯機だから手に持って連射するのがきついですけどコンパネでレバーとボタンでやったら手で連射しても少なくとも秒間16発は出せるでしょうにってところで、せめてそのくらいの連射速度には設定しておいてほしかったとは思います。いくらなんでもゲームにならないスピードっていうのは困る。オレコマンダー欲しい、親指に付けたい…っていうか、それはそれで本体が揺れまくってゲームにならない気がしますが(苦笑)。

こんなところへ行ってきました。
P1001125
アド街の行田のときに取り上げられていた場所なんですが、あれで取り上げられる以前からちょこちょこ行ってました。
P1001116
17号バイパスを熊谷方面から行田に向かって走ると左手にあります、カインズホームとかの先。
P1001076
ビデオゲームが置かれている方はこんな感じ。
以前はこの逆側にメダルゲームがあってにぎやかだったんですが、今はこんなん。
P1001078
メダル機が消えたときはあまりの店内の寂しさにここ大丈夫か?と思いましたが、存続してくれているのでたぶん大丈夫なんでしょう。
P1001079
こんな感じでホットスナックなどの自販機があります。
P1001082
カップヌードルとか…
P1001084
うどんとか。
この辺の自販機はアド街のときにもピックアップされてましたね。オートレストランってこういうことだー、みたいな。
ここに来る目的といったらわたしの場合はもちろんゲームなんですが、雷電初代がいまだにちゃんと稼働してるのがうれしくて。当然連射装置とかは装備されてませんけど、そこがまたいい。
それ以前にエアロシティが普通に動いてるのがうれしいんですよね。
P1001091
こうやって並んだエアロを見ていると懐かしい気分になれます。
P1001090
アストロも並んでたり。
それにしてもエアロシティやアストロシティって傑作機だったなーと思いますね。他社筺体と比べると結構扱いやすかったので普及したのもわかる気がします。
P1001094
ここはうちっぽくコンパネ撮ってきました。
仕事でメジャー持ち歩いてるので、せっかくだからとりあえずいっしょに撮ってみました。何かの参考になるかもしれないし、ならないかもしれない(苦笑)。
これを見てもらうとRAPVXとかの手前部分の広さというのはゲームセンター用の筺体のコンパネにかなり近いやりやすいサイズに作られてるのがわかるんじゃないかなあ、と。
P1001096
懐かしついでにこんなものも。タイアップのコンパネですね。
P1001097
寄ってみた。
P1001099
こんなのも。
見てわかるようにもはやストIIが動いているわけではないのでボタンも目隠しされてたりします。
P1001109
アストロの純正コンパネですね。
P1001110
これも寄ってみた。
P1001114
こっちは…ブラスト用かバーサス用の純正コンパネだった気がします。よく覚えてないけど。どっちだったかなー、なんかバーサス用の純正コンパネっぽい気がするんですが。
この辺、ネットではあんまり写真が残ってないんですよね。特にエアロシティは古い筺体なので資料写真とかもあまり出てこない。
P1001119
ここへ来るとエアロを堪能できるのでうれしいといえばうれしいです。まあ、そういう楽しみ方ってどうなのよ?って気はしますが。
お店を出ると横にちょっとある店舗が、時間的に閉まってたんですが、こんなのがあります。
P1001122
謎。
P1001131
窓にいろいろ貼られているので寄ってみる。
P1001128
これとか、
P1001129
これとか、コラなんだろうけど、どれがどれか全部のキャラが分かる人は看板製作した人以外でわかるんだろうか?とか思ったり。わたしは全部はわからなかったですよ。
謎。
ゲームセンターの方だけ、熊谷や深谷方面で仕事があったときに17号バイパスを通る帰りに時間があるときは寄ってます、雷電ちょっとだけやるとか。

gdgd妖精sのBD買ったんで結構繰り返し見てます、面白い。
予告がぼかしとかモザイクとかになっちゃってるのが惜しいですが、やっぱりここは放映じゃないんでソフト化する場合の限界でしょうか、残念。でも本編も十分面白いし。しかしやっぱり予告は…しょうがないかー。ってか、これ、AGEより面白いぞっていったらどっちのスタッフに失礼にあたるのかすごく難しいな…(苦笑)。
gdgd妖精sのが全然面白いんですが。いろいろ困るなw
2期やってほしいですねぇ。
シルシルの投げっぷりがたまらん。
また見たいです。
ってかBDのリピート率高いです。
これとか、ワルプルギスナイトフィーバーとか、こういうさらっと見られるのがうちでは結構繰り返し見てたり。
ワルプルも2期あれば見たいなーと思ったんですが、スタッフやめちゃったりとか聞いてるんで残念。ちゃんとDVD二巻とも買ったしCDも買ってますよー。面白い作品です。おすすめな感じ。

わーい、なんかアフィブログだw
(まんまやんけ…)
いやいや、それはさておき。
gdgd妖精sも、ワルプルギスナイトフィーバーも面白いのでおすすめです。
DVD安いしね。
興味わかれたらぜひお手に取ってみてくださいな、っと。

オチません。


|

« ワンダーフェスティバル2012冬へ行ってきた件 | トップページ | だ日記(ry (~20120224) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511749/54020515

この記事へのトラックバック一覧です: だ日記(ry (~20120218):

« ワンダーフェスティバル2012冬へ行ってきた件 | トップページ | だ日記(ry (~20120224) »