« だ日記(ry (~20110630) | トップページ | だ日記(ry (~20110703) »

2011年7月 3日 (日)

だ日記(ry (~20110702)

そういえば昨日のは日付間違ってたなーとか書いてから気付いた後の祭り。
面倒くさいのでそのままにしてありますが…ロウきゅーぶ!の初回放送は7/1でしたので。

そんなこんなで改変期、今日も新作1本見ました。
『神様のメモ帳』なんですが、これ、かなり微妙でした。
いや、ぶっちゃけつまらなかった。
2話は見ないだろうなー。
そもそもOPの時点でなんか嫌なクレジット見たなーと思ってたんですが(厳密にはOPなくて初回はぽつぽつとクレジットが出るって形式の演出だったですが)、”監督・桜美かつし”ってなんかひっかかるなぁと思ってたら…ああ、あれか、アニメ月姫の人か、と。シエル先輩にカレーじゃなくてパスタ食わせた、わかってない人か。原作の暗めのイメージを敢えて払拭したとかいうイカれたことやってくれてあのアニメも作画ひどかったですが。ガンパレのアニメも微妙でしたしね。藍青もしょうもなかったし(これはそもそも原作が…)。
1時間スペシャルでしたが、尺が長いからとか関係無しに面白くなかったというのが正直なところ。
キーであるアリスにブヒれるかどうか(下品な表現なので嫌いなんですが敢えて使いますよ?)、そこで決まるような作品なんだろうなぁ、と。わたしはそういうのはダメだなー。
一応一通り終わりまで見たんですが、EDひどいです。ケイゾクSPECの出来の悪いパクリで。よくこれを流す気になったなーと。実写使うならもっと考えようよって感じで、それならまだだぶるじぇいの方が効果的に面白く使ってたよって思うんですが(こっちはこっちでED間に合わなかったのか未完成なのか狙ってるのか頭を傾げたくなる感じでしたが)、とにかくダメでしたね。
正直言って予告に釣られて見たわけですが、予告の絵が禁書とかに似てるからとかで見ると本編の絵がえらい違って淡泊なんでがっかりすること請け合いだし(そもそも原作の挿絵自体は禁書とは似ても似つかないのでなんで予告がああなってたのか…釣り針だった?)、推理物を期待すると実にどうでもいい感じでやっぱりがっかりするという。
要するにキャラ萌え狙いで、そこのみで押してるのかと言われれば押しも弱いしで、1話の時点で「どうでもいいわぁ」となってしまい。見る時間ももったいないのでもう追わないかなー、と。
なんで1話切り?ってのもあるんですが、月姫もガンパレも2話以降見てて化けるかな?と思ってたら1話時点のイメージより良くなるどころか…って経験を繰り返しさせられていては、そりゃこっちも学習しますわ、ということです。
原作情報を見ると、元はそんなにつまらなくはなさそう…というのも、過去にこの監督がアニメ化した作品に共通しているようにも見えます(藍青を除く)。なのでおそらく原作にはそんなに非はないんだろうなぁ…もったいない。


予言が当たることの恐ろしさ。
★チラシの裏@オカルト板4枚目★
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1302237580/
現行スレなのでまだ見られるかと。落ちてたらすみません。
ここの536が今えらいことに。
以下転載。

536 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/06/07(火) 16:44:07.61 ID:i7TooiWL0
6月下旬~7月初旬?
あまり有名ではない野党男性議員(おじさん)が自殺扱いで死亡
この前後に総理辞職か内閣総辞職があるけど大連立や解散はしない

7月中旬?
東京西部で死者が出る暴動(よくあるデモみたいな穏やかなものじゃなく暴動)発生

7月後半?
災害(地震?)で千葉から避難民が多数出るけど移動先で事件を起こす
関西方面でバラバラ殺人事件が発生。頭部だけ駅や繁華街等の人気のあるところで発見
犯人はすぐ逮捕され監禁強姦殺人を供述するも頭部以外は見つからない
男性アイドルが自殺(飛び降りみたいな派手な死に方)して↑の殺人事件と並び報道番組を独占
その影で与党男性議員(おじいさん)で割と重要ポストに就いてた人が突然死

7月後半~8月初旬?
海外から持ち込まれた食中毒が国内で猛威を奮う。但しあまり報道されず
大手の乳業会社or製菓会社が不正表示問題を起こす。こちらは報道各社から袋叩きに遭う
福島からの避難民が東京電力に対して抗議し、過激とされて逮捕される

9月初旬?
原発作業員の中から被曝由来の死者が出る(最初は他の死因で発表される)
災害(地震?)で東京は足立区辺りまで浸水。千葉沿岸部は全域壊滅
この直後に天皇皇后両陛下を除いた皇族が西日本(関西ではない)に移動

9月初旬~中旬?
東電社員狩りみたいな運動が始まって、逮捕者がちらほら出てくる
この運動で東電社員は肉体的被害を負う事はない。東電も潰れない事が確定か?
お笑い芸人から出世した有名司会者が突然死

地震と海外は割愛。今年度中に完全失業率12%超え
最近よく見る同じ内容の白昼夢をなんとなく書いてみた。暇な妊婦の独り言
予知予言経験も無いし、宝くじ外れてばかりの凡人なのでここにひっそり吐き出し

転載終わり。
うーん、どうなんでしょうね。
これが事後捏造されたレスならともかく、ほぼ1カ月前に投稿されて現時点で一発目の部分が当たっちゃってるのが…。
都議・樺山卓司氏が自殺か 頭にビニール袋(日テレNEWS24)
かばさんの活動日誌(livedoor blog)
そして原発絡みとか民主党絡みでの不審死ということで、ほんとそういうの多いよなぁって思うわけで。ビニール袋かぶって自殺とか発表的にも相当苦しいんですが。警察仕事しろよって感じです。ろくな捜査もしないで権力に屈してたりしませんか?って。
そしてご当人の記事を拝見すると、スポット的にも0.25μSv/時ってことは2.19mSv/年になるのでその他累積で見れば一般的に日常生活で受ける量を超えることになるわけですが、それでどんな影響が出るかというのは、こうして書いてるわたしにもさぱーりわかりません(ダメじゃん)。まぁ、原発が事故って以降、びびってフルアーマーで現地訪問したチキン役人も首都圏で普通に暮らしてた市民も等しく危険なのは間違いなさそーと思っているんで、何があっても受け入れるしかないんじゃないかなーと。
勝俣はじめ東電社員の連中は一生叩かれ続けるべきだという見方・立場を変える気はないので。ていうか、あいつらいまだに高給もらってるんでしょう、そんなのありえないので。許されることじゃないですよ。ぎりぎり生活保護にならないレベルまで奴らの給料を落として運営させるべきで、かつ、節電なんて言わせない、すべての発電所(原発含む)を稼働させても電力供給すべき…極端かもしれませんがそういうことをやれ、と。
毎日毎日グラフを出して節電を煽ってますが、おかげさまですでに何人も熱中症とかで健康被害や死人が出てたりしますよね、これ東電が殺したも同じですよ。責任とれっての。
わたしも基本的には反原発ではあるんですが、単純に反対したところで止めてもコストのかかる原発ですでに全国に建っちゃってるものをどうするねんと考えたとき、具体的な代替策が稼働するまでは動かすしかなかんべ?という風に考え方をシフトしましたよ?怨むべきは建設・稼働を推進した過去の連中についてで、できてしまっているものはもうどうしようもないと思うんですよね。それを事故が起こったからと単純安易に停止しろなんて声高に叫ぶのは、停止してなお負の遺産となり高コストなことを考えてない考えなしだとわたしは思います。そりゃ止めて処理にもコストがかからず安全に撤去できたりするならともかく、停止したり廃炉にしても莫大なコストがかかるなら、使えるだけ使えばいいんじゃないの?ってことで。別に推進してるわけじゃないんですがね。単純に止めろなんていうのはバカっちゃうか?と思ってしまうわけですよ。日本には世界もびっくりなくらいの数の原発がこの狭い国土にあるわけで、しかもそのほとんどが今回事故ったのと似たり寄ったりの危険な場所にある、と。でも今までなんだかんだ言いつつその恩恵は享受してきたのならば、何が起こってもっていう覚悟だけはしておいた方がいいのかなー、と。しかし運用する電力会社もその何かが起こらないようにする対策は必要で、それを怠って安全と連呼したり、何かが起こったときに反発を受けるような失策ばかりしているようでは、叩かれても当然だろうと。
都合の悪い意見や人を文字通り封殺してるようじゃ、レスにある東電社員狩りなんて動きも本気で発生しうるんじゃないだろうかって気がします。レスの内容じゃ災害で足立区あたりまで水没とか千葉沿岸部壊滅なんてありますが、願わくばここらへん当たらなきゃいいんですけどねー、くらいにしか。今のところ一発目だけなので。
ま、オカルトですから。


ゲームソフトがハードウェアを破壊することなんてあるのか?というとバカバカしいと思われる疑問ですが、経験がある身としてはそれはあり得ますと言わざるを得ないことがあります(涙)。
もっとも、電子回路を壊すとかそういう意味ではないんですが(カートリッジ式ハードウェアの場合にカートリッジに仕込まれた特殊チップとか仕様外の回路が…という可能性はあるのかもしれませんが、そういう例にはお目にかかったことがありません)、要は光学ディスク採用のゲーム機でディスクアクセスが頻繁に起こるゲームの仕様が原因でピックアップが極端に消耗して故障を早める…というのは経験あります、ということです。
初代プレイステーション時代のソフトでPCからの移植版として出たプリティサミーの上下巻がそれなんですが、正直これピックアップの酷使具合が半端じゃないんですよね。プレイ中も本体からぎゅんぎゅん唸りを上げてるのがわかるレベル。ゲーム自体はムービーの多いAVGという体裁なんだけど、そのムービーを読みだすのにとにかくピックアップがめまぐるしく動くんですよ。で、ムービーだけじゃなくおそらくプログラム本体もとびとびで読み出しを行っているらしく、事あるごとに本体からぎゅんぎゅん音が出てるという…。
ちなみにゲームそのものは面白かったです、正直な話、ワゴンセールで上巻を手に入れて、下巻は探して買ったくらいだったんですが、なるほど人を選ぶのはネタ的にしょうがないとして、お話自体はしっかり真面目に作ってあって面白いなぁ、と。このころはわたし自身がぴえろものとかに傾倒していてまだサミーのOVAとかを見る前で、サミーは邪道じゃないの?って偏見を持ってた時期だったんで、買うきっかけも当時勤めていたゲーセンの先輩店員さんが「こういうの好きそうだしPart1しか置いてないけどワゴンで980円なんだし買ってみれば?」ってネタ的にすすめてきたからだったんだけど、おかげさまで視野が広がりました(苦笑)。というか、サミーはゲーム版(PS・サターン両方全部)もOVAもTVもサウンドファイルもCDも小説版もマンガ版も全部手にすることに。結果、面白かった・良い作品に出合えてよかったなぁ、という感じ。特にゲーム版の下巻とかTV版の19・20話は涙なしには見られません、というか、ゲーム版の上巻で掴まれて下巻で泣かされてハマるきっかけになったんですが、それはさておいて。
とにかくアクセスが頻繁なので、プレイ中にアクセス不良でゲームが進まなくなって止まったのが故障に気付いたきっかけでした。で、ここからはよくある話だと思うんですが、PS本体の下に雑誌とかを挟んで本体に角度を付けて読み込みさせて、角度が徐々に90度に近付いていき、結果的に上下逆さにしてまで遊んでましたがついに読み込まなくなり本体を木更津送りにした記憶があります。
ここまでピックアップの移動の激しいゲームというのは後にも先にもこれだけで、他には見たことないですね。どういうソフトの設計だったのかはわからないですが、読み込みに関してメモリの使い方とかあまり効率を考えた作りではなかったのかなーというのが印象的。
で、ゲームソフト的な部分はさておいて、今の黒田・倉田作品に比べて相当に荒削りではあるものの面白さは今見てもずば抜けてると思うので、OVAサミー・TVサミーともに機会があれば見ておくのは損ではないと思います。OVAサミーはその悪乗り具合を(苦笑)、TVサミーは子供向けと大きなお友達向けとしてもよくバランスとって考えて作ってるなぁという部分を楽しめるんじゃないかと。しかしOVAの3本目は泣けますよ。良い作りだなーと思います。今でも。それとミュージッククリップもおすすめですよ、枯堂夏子さんの詞がもう面白すぎなのから曲もいいものが多いので。恋はブロイラーとか今聞いても飽きないですね、ぐるぐる聴き続けてしまいますよ。
今のアニメは商業的な成功をつかもうとしてちょっと売れた原作を引っ張ってきては粗製濫造してるようにしか見えないのが残念、こういう荒削りでも熱気のあるオリジナルをやってくれれば面白いんですけどねぇ…というのを先日フォトンOVAを見ていていも思いました。リヴァイアスなんかもそうですよね。

といいつつ、GOSICKの感想を忘れていたので。舌の根も乾かぬうちから(苦笑)。
強引な筋運びだなとか思いましたが終わりよければすべてよし、久城もヴィクトリカも無事でよかったです。Aパートで久城が孤影のテイタニアみたいになってたときは、こりゃバッドエンドか?と内心気が気ではなかったですが、もんぺ和服なヴィクトリカとかいいもの見られましたし、面白かったです。作画もあまり破綻することなく終盤まで描き切ってましたし、これならBD全巻揃えるのも頑張ろうと思えます。
それと地上波では追ってなかったシュタゲとかアザゼルさん変ゼミあたりも良かったですねー、って、AT-Xではまだシュタゲは終わってませんが。あと戦国乙女なんかも結構良かった、あけりんええのう(ダメだこりゃ)、というか、意外に真面目に作ってて好感度高いです。萌えアニメでタイムスリップパラドックスもので最近ありがちな戦国ネタといえばそれまでなんですが、いやこれなかなかに面白かったですよ。安ければBDで見返したいんだけどなぁという、高いから買えませんが。そういう見てて良かったというのが地味に多かったです。

アニメばっか見てたんでどらすぴ進んでません。ダメだ。やらなきゃ。自己満足のためですが。ゲームは所詮自己満足でやるもんでしょってわけで、ぼちぼち進めるか…。いや、まあ、マイルシューやるときにグラリバとかと一緒にWiiのVCAでやってるんですが、やっぱり実機やPC(あれ)でやるのと比べると操作遅延が気になります。あと、連付きノーミス達成したら連なしノーミスも録りたいですね。若干パターン緩めになりますが。連なしとはいえ手連射がんばりますよー。部分的に。このころのゲームだからと擁護するわけじゃないんですが、結構メリハリしっかり作られてるので、あまりきついシーンが連続することはないんですよね。今のゲームはずっとテンションを維持しなきゃいけないような作りが多い気がして…同人ですがCrimzonCloverは、そのへんも考慮された良作だと思います。ゲーム的にはCAVEっぽいですが、やってみると全然違うんで。爽快感重視のがんがん壊す系のゲームなので、弾幕避けるの苦手とかいう人でもおすすめです。


オチません。


|

« だ日記(ry (~20110630) | トップページ | だ日記(ry (~20110703) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511749/52106581

この記事へのトラックバック一覧です: だ日記(ry (~20110702):

« だ日記(ry (~20110630) | トップページ | だ日記(ry (~20110703) »