« ただの日記です。過(ry (~20100903) | トップページ | 東雲のウェアハウスへ行ってきました »

2010年9月 5日 (日)

ただの日記です。過度な期待はしないでください。(~20100904)

そのうちちゃんとやるファイティングスティックVX分解とレバーとボタン換装。
ぶっちゃけFSVXはかなりできのいい素体だと思うので(そこらへんFSV3も同じ)、別にRAPV系を買うまでのこだわりがないとか、あたりまえの話でコントローラーに1万3千円も出せるか!って人には、今回のFSV系はおすすめしたい出来になってます。改良点とか分解・換装とか、もう他でもやってると思いますが、わたしもやってみようかなーと。定価で考えたらFSV系はそれぞれのRAPV系の半額だから、レバーとボタン換装した場合でもRAPV系の金額を超えることはないと思いますよ。足なんかはRAPV系譲りなので、軽いのに安定性はとてもいいし、レバーもうまいことやればサンワ・セイミツともに意外と簡単に取り付けできそうというか、取り付けさせることを意図したガイド穴が天板側に加工されているのはナイスとしか言いようがない…ボタンも半田付けだけど、配線に作り変えてファストン端子化すればメンテナンスも考慮できて故障防止にも一役買うし、なんだこのちょっと工作すればRAPになりそうなFSは?という感じ。WiiFSを買ったときのがっかり感はここにはなく、意外とこれ使えるんじゃないか?という希望が。ちなみに写真撮ればよかったと散々後悔しているFSVXのメイン基板はRAPVXとおそらくまったく同一と思われます。コネクターが配線の都合でRAPVXと若干違ったり、ボタンまわりの配線がRAPVXだと基板に直結でホットボンド固定だったのがFSVXだとコネクターでフラットケーブル配線になっていて実はFSVXのがそこらへん良さそうな感じだったり。コントローラー基板が同じということは、つまり遅延についても同様のことがいえるはずです。これで比較して差があったらそれはそれでなんかおかしいと思いますけどね。
んで、友人にRAPVXを1台プレゼントしてきました。ちょっと困惑してましたが(苦笑)。わたしの中ではRAPVXをその友人宅に持って行ったときに彼がRAPVXをべた褒めしてくれたのを見て、そのときに比較で彼にTEを触らせてもらってTEの遅延を直感したときからこの行動は決定事項だったので、わたしが遅延云々の記事を書く書かないは関係なしに、この友人にはぜひRAPVXを使ってもらいたいと思っていたのはまったく変わってなくて予定していたことだったですよ。コンボとかフレームレベルでこだわって、すごい研究文を送ってくれた友人だからこそRAPVXを使ってもらいたい…と思っていたわけです。TEの遅延さえ感じなければそれぞれが購入タイミングや好みの差もあるからTEうらやましすで終わってた話なんですが、わたしがTEを実際にPCにつないで触らせてもらったときに、そのときのゲームは普通にインストールしてあった雷電IIIRefRainのCM77体験版やRedRiveをやったんですが、どれをやっても微妙どころかはっきりと操作がしんどいなって感触を得ていたので、もちろん直後にRAPVXをつないでレスポンスが軽快なのでこれは差がありそうだってすぐに気がついたけどさすがに持ち主の手前でそれをいうのははばかられたため黙ってたわけですが、要するにTEまずそうってのはこの時点で気づいてました。特にRedRiveがきつかった。動きたいときにスタートダッシュが遅れるから弾や敵そのものをかわすのがやたらきついし、止まりたいところで止まってくれないから事故的な激突死が結構出やすかったです。そのくらいわかりやすいレベルでTEって遅延してますよって話なんだけど、実験をやって結果がでている今だからいえる話ですね。当時は裏付けがないから疑いを持ってる程度でそれが確かに遅延によるものなのかははっきりとは言えなかったし(でも違和感はまちがいなくあったですよ)。でも、単体でも重さは感じるだろうから、そういう違和感ははっきりわかるレベルであるのでこれまで話題にならなかったことが本当に不思議でしょうがないんですよね、TEの遅延。実は誰もが気づいていたけど信者がWikiを書き換えたりするような情報操作をしてたりと、そんな行動をとるような人が多くて今まで隠蔽されていただけ…と考えると納得できてしまうのがなんだか嫌だなぁ(苦笑)。実際まとめWikiのTEの項目だけ記述が変に詳しく書かれてたりと、Wikipediaの岡野哲の自己紹介的細かさに似た気持ち悪さを感じるんですよね。ていうか、どう見ても宣伝工作だよねー、今考えると(苦笑)。

エースコンバット2のサントラをざっくり聞きました。
やっぱりいいものはいいです。
なんで単品販売してくれないのかなー?
タイトル曲を聞いて思い出しました、AC2って全体的に渋くて暗めの重いイメージもあったんですが、そこがいいんだよ、と。どんより曇った感じというか。朝焼けとか夕方とか、雲が低く垂れこめてるとか、そういうイメージが強いですね。ゲーム全体もすかっと晴れ渡ったシーンはそんなになかったような。そこがいいんですが。とにかくよくできたゲームだったし、楽曲群もわりとハズレ無しで。このころのナムコはよかった。


オチません。


|

« ただの日記です。過(ry (~20100903) | トップページ | 東雲のウェアハウスへ行ってきました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511749/49353277

この記事へのトラックバック一覧です: ただの日記です。過度な期待はしないでください。(~20100904):

« ただの日記です。過(ry (~20100903) | トップページ | 東雲のウェアハウスへ行ってきました »