« REAL ARCADE Pro.V3 SAをセイミツ工業のレバーとボタンに換装してSE(Special Edition)化する | トップページ | REAL ARCADE Pro.VX SAをセイミツ工業のレバーとボタンに換装してSE(Special Edition)化する »

2010年5月 2日 (日)

ただの日記です。過度な期待はしないでください。(~20100501)

予告です。

Rapvx_00
…今回は事前にちょっとだけ分解しました。
で、レバーをとめてるねじはV3ほど固くはないです、というか、むしろやわらかい。今まで分解したRAPの中で一番簡単だったかも。回し方を変えたから?だけじゃないと思います。で、動画撮影するときにはタップを切ってるふりを入れますが、実際にセイミツレバーをとめるねじ穴にはタップでねじ山切りました。レバー換装作業がねじだけでごりごりと固定するよりも格段にスムーズに進みます。V3・VXやPremiumにセイミツレバーを取り付けたいという人は、タップハンドルとタップは買っておくとよいでしょう。あわせて1000円程度の出費で楽になるし失敗する恐れがぐっと減るのだから。
しかしこれ、VXの中身はひどいです。
底板あけたら保証外だから開ける人はなかなかいないかもしれないんだけど、V3と違ってボタンへの配線が基板直付けの上にホットボンドでぐちゃぐちゃに固めてあります。V3はコネクターで接続してからホットボンドだったのに。そしてUSBケーブルへのコネクターが、ケーブルが短いせいでテンションかかって斜めに歪んでました。レバーへの配線も長さが結構ぎりぎりで、セイミツレバーをつけると実は結構しんどいかも?という状態に。
なんだかなぁ。
V3より定価で2000円も高いのに、見えないところでこうやって手を抜くのはどうかと。ホリはXBOX360のユーザーをなめてるんでしょうか?

ひさしぶりに秋葉原へ行きました。一瞬だけ。ちょっと買い物の用事があったんだけど、土曜で、もう電車男以降の秋葉原は観光地気分で押し寄せる人が多くてうんざりなうえにお店ごとのしきたりもわからないで買いに来る人が鬱陶しくてたまらないわけですが、今日もそんな感じ。買い物に行ったお店は、わたしは電話で取り置きをお願いして支払いと受け取りだけですむ用事で、そのお店は仕様説明とか商品説明しないってお店なのに、店員さんに製品についてしつこく聞いている人がいて、なんとなく外人っぽかったけど、外人だろうがそうでなかろうが『仕様説明はいたしません』と書かれてる張り紙がカウンターの目の前にあるのだから、質問すんな鬱陶しい、って感じでした。
やたら人が多くて道の流れが悪いのもうんざり、とろとろ歩いてる人が多くてもういやーんな感じ。観光地じゃないからね。しかもめちゃくちゃ混雑してるのに、天下の往来で立ち止まって建物とかお仲間とかの写真撮ってる人、はっきり言って邪魔くさいからやめてください…そういうのは空いてる時間にやれ、と。混雑してんだから空気読め、なんて 、始終イライラしてて。探し物があるときは当然だけど結構長く滞在しますが、買うものが決まってるときは、わたし秋葉原には元々そんなに長時間いなかったりします。だってあそこはモノを買いに行くところだからです、くどいけど観光地じゃないので。今日も実際にいた時間は20分もないんじゃないかな?ってくらい、引き取るものを引き取ってさっさと駅に向かってしまいましたし。
というか、秋葉原自体がどうにも昔と比べて、いて楽しい街じゃなくなったんですよ。今の秋葉原は、本当にどうしても…というときじゃなければ行かないです。昔は行けばいろんなものを見られて楽しい街だったんだけど、ネットワークの発達のせいだけじゃないと思う、マスゴミやらいわゆる普通の人が秋葉原に注目しだして、オタク風の別にほんとはオタクでもなんでもないような浅い人が大挙してくるようになってから、なんだか行ってもそんなに面白い街ではなくなってしまった感じです。ショップも流行りものの風俗まがいの店が増えましたし、工作やら電子部品やらでわくわくしたのもはるか昔になってしまったんだなぁ、と。PCもゲームも黎明期や過渡期は個人が手を入れて楽しめる余地のあるものだったけど、今はゲーム機なんかも高度すぎていじる箇所があまりなくて面白みがないんですよね、それに表通りで大々的にエロゲー売ったりとか、昔はなかったですけどねぇ…エロゲー自体は昔から取り扱いはありましたけど、裏通りとか店舗の二階の奥とかでコソーリと売られているものだったんだけどなぁ。
オタクについては某所で面白い話がありましたよ。
『一般人が大雑把にしか考えない、あるいは全く考えないような細部に対するこだわりがなければヲタとは言えないだろうな。細部の良し悪しで激論になるようでなければヲタ失格だ。』『こだわりによって他を批判したりこき下ろしたりするようでなければヲタではない。更に自分の選択したものは最高であり他は全部クソと思考するのがヲタだ。(それだから掲示板では永遠に続く宗教論争が展開されるのだ)。』『ついでにいうと延々と論争ができるくらい膨大な知識量が無いとオタクとは言わん。ただのカスだ』『正誤は別としても、知識とそれへの拘りはないと愛じゃないよね』という意見が出ていて、あぁ、なるほどな、と思いました(某所からまんま引用させてもらいました、すみません)。最近のいわゆるオタク風の人からはそこまでは感じられなくて、なんか違う、と思ったりしてしまうよ。
正誤はともかくとしてこだわるというのももちろんありだけど、現状に対して疑問を持たなかったらすすめないと思うんですよね。で、疑問を持つことはイコール新たなお楽しみを模索することでもあるし、興味のあるなしは問題としてあるけれど、興味があるジャンルならとことん突き詰めないと…というのは思ったりしました。

仕事ネタで。ちょっと愚痴です。
某所のセッティング。
相手先と打ち合わせ、その相手が今回はじめて会う人だったんだけど(その会社とはもう何度も付き合いがあるし業務的にも通常なら慣れたものだったりします)、その人がとんでもなかった。構図的にはわたしが設置する業者で相手が設置先の現場のユーザーから場所を借りて業務を行ってるって感じなんですが、設置先のユーザーと話が上手くまとまってないようで、これはヤバイと思いました。業者的には『こういう風に設置したい』という希望はあるようなんですが、具体的なビジョンがない人だったので、つまりはぼんやりと『こうしたい』という考えがあっても、それがはっきりしてないから話が進まない。しかも勝手な思い込みだけでわたしの方には指示してくるんだけど、ユーザーには説明できてなくて、説明できてないのに勝手にやろうとしてユーザーともめてみたり…この現場はヤバイ、と、直観してましたが、まさにそのとおりに…。で、その相手なんですが、モノ知らないくせに偉そうで、雰囲気的にも『この人昔は相当悪いこといっぱいやってるな』って勘でわかるほどで、要するにソッチ系の人でしたね、ヤとか。本人がうまく表現できなくても相手を威圧すれば思いどおりになるだろうとか、今までそうしてきた人なんでしょうねー、と…でも、こちらもプロだからそこらへんは折れるわけにはいかないので、実作業時は逆に圧しましたけど。だって具体的な設置案もない、下見のときにちゃんと話をしているのに当日用意ができてない、打ち合わせで早くきてくれということだったから内々で早めに行ったらやっぱり予定通りでといいつつ準備が整ってなくて予定よりも遅く待たされたりとか、そういう相手にはわたしはとことん厳しいよ?要求してきたんだからそれなりのことはやってくれないと。そのかわり、こちらも最大限に効率よくできるように応えるさ、という感じですが(というか、手を抜くなんてありえない…いつも常にいっぱいいっぱいですよ)。散々偉そうにモノを言ってくるわりに、知っておいて欲しい・知っておくべきことをほとんど理解してなかったり知らなかったりで、こちらとしては失笑するしかなかったんですが…熟練してる人が相手だとほとんど放置で任されるのですごい楽なんですが(そこはお互いわかっているので)、今回は相手が悪かったです…しかも通常よりややこしい構成だったし。で、その構成で組んで使い方を説明したら、つかいづらいねなんて言われて…知らんがなwっていうか、知っててその構成を希望したんじゃないの?とか、こちらも追加構成は急遽の依頼だったから、てんやわんやで準備したのに、使い方とかそんなことも知らずにその構成を希望してたのかと思うと、もうね…。で。最近その流れで、特に若い人、口先はいっちょまえだけど実際に動かしてみると何もできなかったり、っていうのが多いように思ってしまうよ。何もできないだけならまだいい、口先はいっちょまえだから屁理屈言うし足ひっぱるんで、やめてほしいなあ、と…それに、知っておくべきことがわかってないなんてなってしまうと、つい『御社では何を学ばれてるんですか?また、新人教育とかちゃんとできてるん?やるべきことや設置構成物や用語、内容も知らないとか、われわれだったらありえない、しかも予定時間はことごとく守らないし』と、つっこんでやりたいものがのど元まで出掛かっててやばかったです(涙)。
しかし最近の若い人はなんて言う気はないですけどね、おそらくだけどうちらの上の世代がうちらを見てるときも、やっぱり同様の苛立ちというのは相当なストレスとして感じただろうし感じ続けているだろうし。

オークションで面白そうなものを手に入れました。
これから使ってみるのでわくわくしてます。
結果が良好ならエントリーを立ててみたいな。

先月中旬の大雪ですっ転んでメガネ壊したので(涙)、今まで予備で度のあわないメガネをかけてたんだけど、ZoffのCM見てて「あそこで一本作ってみたいなぁ」と思って店舗を探してたら、歩いていけるところにお店がありました、ラッキーでした。
で、せっかくだからとおすすめのグラデーションフレームを選択。急ぎだったこともあり、レンズは非球面にすると連休明けちかくの納品になるというので標準レンズで。これで5250円で仕上がってしまいましたよ。わたしがめがねについて持ってるイメージは、なんか知らんが高い、というものだったのですが、Zoffはすごい安いので助かりました。安いから悪いなんてことはもちろんなくて、標準レンズだと乱視とか入ってると外周の像が歪むと聞いていたのですが、実際に使ってみると標準レンズでもほぼ問題がないので、すごい満足してます。
5250円なら、予備でもう一本作ってみたいなーなんて思ってしまうよ。

早ければ明日VXの作業を撮影して、明日か明後日にはうpしてみたいです、V3の換装はそんなに難しくはないけどレバーの固定ねじの固さが問題…VXはというと、そのへんすでにクリアできているので、V3のときよりも全然早く終わってしまいそうな予感がします。工具代は前述したように、そんなにかからないですから。ドライバーはもちろん必要だけど、4M(0.7mm)のタップは絶対にあった方があとあと楽できるのですよ。


オチません。


|

« REAL ARCADE Pro.V3 SAをセイミツ工業のレバーとボタンに換装してSE(Special Edition)化する | トップページ | REAL ARCADE Pro.VX SAをセイミツ工業のレバーとボタンに換装してSE(Special Edition)化する »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511749/48238075

この記事へのトラックバック一覧です: ただの日記です。過度な期待はしないでください。(~20100501):

« REAL ARCADE Pro.V3 SAをセイミツ工業のレバーとボタンに換装してSE(Special Edition)化する | トップページ | REAL ARCADE Pro.VX SAをセイミツ工業のレバーとボタンに換装してSE(Special Edition)化する »