« LOOX U/C50NにFlash Player 10.1 beta3を入れてみた | トップページ | 携帯音楽プレーヤーとしてみるPSP-3000 »

2010年3月14日 (日)

SE-M870は…懐かしいかほりがします…

パイオニアのヘッドホン、SE-M870を前にどこかしらで書いていたように買ってしまいました。
店頭試聴や過去のイメージだけでむやみに他人にすすめるのではなく、実際に自分の手に入れてみてじっくり聞いてどう思うか?というひとつの実験でもあり、ある意味では過去のわたしの憧れに対する回答を自分なりに出しておきたいということだったり。

購入直後ではなく、ひととおり200時間ほど鳴らしこんでの感想です。

この価格帯のものは結果的にいくつか手にしてしまっているので難しいんですが、とりあえず1万円以下5千円以上というくくりの製品になると思うので、手持ちのそのあたりの機種との相対比較になってしまうよ。
まずおことわりを入れるなら、今もわたしはバカだけど昔はもっとバカだった、ということが証明されたくらいでしょうか(苦笑)。
もしくは価値観の変化に伴って…いや、屁理屈はいい?

具体的には、すごく頭内で鳴ってる感じのする、いかにもヘッドホンだなぁ、そんな音です。音が耳に近いとかそういう感覚ではなく、モロに頭内。
アンプをiHA-1 V2SXで聞いていてこれです。
このあたりの価格帯だとフォステクスのT-5MとかDENONのAH-D501、パナのRP-HT560なんかと競合する範囲かな?とも思うのですが価格的にはSE-M870が頭ひとつ抜けて高めなんだけど、どこに近いかと言うとRP-HT560寄りなんだな、これが。もちろん音質はSE-M870の方が上です。ただし、これこそドンシャリ。解像度は決して高くなく価格を超える性能を感じさせるわけでもなく、なんていうか、その、ラジカセから聞こえてくるFMラジオのステレオがカッコよく聞こえたころの感性の音というとアレなんですが、昔はこういう音を良い音だと思ったよねっていう。そこらへんが、なんだか懐かしい気分にさせてくれます。
低音はぐっと押し出しが効いていてずしずしきます。これは好きな人にはたまらなさそう。それでいて高音は埋もれないんだけど、きらびやか過ぎるわけでもなく、バランスはそこそこよさそうな感じ。ボーカルや楽器の中域は…微妙に主張しない感じでフラット感を持たせているのかなー?と思えます。
空間表現や音場感はきわめて狭いです。思いっきり頭内で密集しているイメージ。プッチンプリンのカップの中で音楽を鳴らしているような…そういう表現をしたくなる音です。右から左から、あー、このへんで鳴ってるんだなーというのがわかる程度。空間表現や音場についてはAH-D501やT-5Mの方がぐっと上手でしょう。はっきりいってわたしならこの3機種なら、音場表現ではAH-D501を一押しにします。ただし耳から遠いだの音量がとりづらいだのといった使い勝手の面での意見には目をつぶるとして、です。次点的にバランスのいいところでT-5M。T-7Mは持ってないからなんともいえないんだけど、そっちのが価格的にも近いし鳴りがT-5M同様ならT-7Mでもいいのかもしれません。SE-M870の音場はそのくらい広がらないです。でも頭内でくっきりしたイメージにはなるので、それが不思議とよく聞こえてしまう魅力も持ち合わせているので、こういう個性もありなんだなとは思います。
伸びやかなわけではないんだけど、なんか聞いていて良い音だなぁと思わせられてしまい不思議な魅力はあります。ドラムのシンバルなんかもつぶれて鳴ってしまったりとか残念なところもあるのでドンシャリなのだとは思うんですが、なぜかこれはこれでありと思わせられる音なんですよね。でも、もう2千円出せるならmh256買えって言っちゃいますね、わたしなら。
悪いものではないんです。着け心地はいいし。決してモニター的音質というわけではないんだけど、おー、モニターしてるぜってふいんき(なぜか変換できない)を味わえるヘッドホンだと思うんです。実際聞いていてこの音に酔いだすと気持ちいいし。音がカップの中で密集してる印象だからかっちり聴けている気分にもなるし。
しかし。
MDR-CD900STの音場が狭いという人には、SE-M870をがつがつ聞かせて猛省してもらいたい感じ。CD900STはあれでいてしっかり空間も描き出せるから。広くはないけど密集するわけじゃないんです。SE-M870を聞けば、音場感が希薄ってどういうのかわかるはず。CD900STに音場感なんてないなどというのがいかに失礼なことか思い知るがいいにょ。
…なんか辛口になってしまっていますが、悪くはないです。たぶんわたしの感性がおかしい。そうだ、そういうことにしておこう。これで解決ですよ?(いいのかよ)
解像度はなさげとはいえ輪郭はくっきり聞こえるし、伸びやかではなくともきらびやかに鳴って低音もしっかり迫力があって響きはよいものがあるので聞いていると楽しくなれます。SE-M870は、そういうふいんき(なぜかry)を演出する魔力を秘めたヘッドホンだと思います。パイオニアファンの友人にはぜひおすすめしたい感じ(舌の根も乾かぬうちからひどいですね)。
いい音だな。
わしは認めんが…いい音だな。

…と、まぁ、ぶっちゃけてしまうとRP-HT560よりは全然いいので、おおよそ普通のヒト的に名の通ったメーカーのヘッドホンでいいものはないかいね?と聞かれたらSE-M870と紋切り型的に答えておけばまぁいいか、と(ひどいな)。でもわたしなら2千円足してmh256を買っちゃうなぁ、そういう音です。

あれー?
昔の思い出、汚れちゃったよ(バカ丸出し)。
感覚が変わったと言うべきか…難しいものですお?

SE-M870とは全然関係ない話になりますが…
なんかiCON HP-360とかいうのも世の中には存在するらしく、興味津々です。
これ、輸入されたら1万円割ってたら欲しいなぁ、割ってなくても一個は買いそうな気がします。
笑ってくれてかまわん。
…いや、ほんとこれ、欲しいんですけど…まだ、国内には入ってきてませんよね?
mh256と違って限定モデルでないのなら、これはこれでありだと思います。真っ白だからアウトドア使用するとすぐ汚れてしまいそうな気もしますが。音も気になりますよ。Aurvana Live!みたいな調整じゃないといいなぁ。
国内で取り扱いがあれば欲しいですよ。


|

« LOOX U/C50NにFlash Player 10.1 beta3を入れてみた | トップページ | 携帯音楽プレーヤーとしてみるPSP-3000 »

ヘッドホン類・アンプ類」カテゴリの記事

コメント

ふいんき×→ふんいき○
M870はノれるけど聴き疲れしますよね。音の圧力でw

投稿: 通りすがり | 2010年4月25日 (日) 18時05分

通りすがりさん
コメントありがとうございます。レスポンス遅くてすみません。
なぜか変換できない…は、さておいて。
ノリは良いヘッドホンなんですよね。
でも、M870を買えるお小遣いを渡されたら、わたしならT-5Mを買ってしまいそうな気がします。もしくはAH-D501でもいいかも。

投稿: 釘町阿梨 | 2010年4月27日 (火) 04時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511749/47805612

この記事へのトラックバック一覧です: SE-M870は…懐かしいかほりがします…:

« LOOX U/C50NにFlash Player 10.1 beta3を入れてみた | トップページ | 携帯音楽プレーヤーとしてみるPSP-3000 »