« SE-M870は…懐かしいかほりがします… | トップページ | Windows 7化したFMV LOOX U/C50NとXP化したLOOX U/B50Nを並べてみた »

2010年3月14日 (日)

携帯音楽プレーヤーとしてみるPSP-3000

そういやようやくわたしがPSP-3000を手に入れたのでやっとこさこういう感想が出せるのですが、先日集まったときに、PSP-3000って音楽プレーヤーとしてはどうなのか?と聞かれたことがあって、そのときはPCはあってPSPへファイルも転送できたんだけどわたしがまだPSPを持ってたわけじゃなくて、そのPSPのマスターさんがWMAの再生を有効にしてなかったからよく比べられなかったという事情があり…今回は自分のだから購入直後にWMAは有効にしていて(特にこういった購入時無効や制限がかかっている機能でも有効にするのに解除料がかかるとかでなければわたしは結構すぐ有効にしちゃいます)、手持ちのプレーヤーたちと聞き比べてみました。

とりあえず比較対象はMG-F516、HD60GD9ECです。なんかHD60GD9ECと比較するのは反則だろう?という気もしますが、とりあえず手元のはこれだけなので。なんかKENWOODばかりだとかいわない!
ちなみになんでそんな話になったかというと、PSP-1000のころに音楽プレーヤーとして使おうとしたことがあったんだけど、当時のRio CARBONにも及ばないひどい音だったので…みたいな話を前にその集まった人のなかにいた人にしたことがあったようなないような、で、PSP-3000はプレーヤーとしてどうなのか?みたいな話になったんじゃなかったかな。そうだと思う!
比較に使うヘッドホンはMDR-CD900STとしました。たぶんこれがしっかりいいところも粗も脚色なく聞かせてくれるだろうということで。

そんなわけで、手持ちのWMAファイルをいくつかPSP-3000に入れてあるメモステに放り込んでみました。今のバリューパックの4GBすごい。昔のバリューパックの32MBではこんな実験はできませんでしたよ?
これとこれとこれで聞き比べたいなぁっていうフォルダをごそっと400MBくらい。ダウンロードで買ったゲームも入ってるから空き容量は2.8GBくらいだったんだけど、これでもまだまだ入るという…。
とりあえず放り込んだのはBuono!とかDOES、fripSide、夏川りみ、志賀真理子に森高千里に辛島美登里といったあたり最近よく聴いているので。
で、曲ごとにどういう印象か書こうかなと思ったんだけど、どうやらそこまでする必要はなさそうというのがわかってきたので、ざっくりと。
(さんざん並べておいてそれかい…)

まずHD60GD9ECと比較するのは無謀でした…さすがにマイスターのチューニングと比較できるほどのものではなかったってことで、とりあえずこの段階でHD60GD9ECは比較対象から外れました。
MG-F516との真っ向勝負となるわけですが、前提条件としてPSP-3000の本体価格が16800円(メモステ当然ありません)、MG-F516はメモリ16GBあるからメモリの少ないMG-F504の実勢価格が約8000円として見ると、メモステ4GBがだいたい1600円くらいとすると、プレーヤー的には約6500円前後、でもPSPはゲーム機とかマルチな機種だからと考えると音楽プレーヤー的には互角くらいの能力はあるのかな?と思いたいところ。
で、PSP-3000とMG-F516を比べてみました。
PSP-3000ですが、ぉぉ、これは悪くないんじゃないか?むしろいい、PSP-1000はあんなにひどかったのに、そこそこ聴けるじゃないか…と。PSP-1000がダメだと感じた印象のひとつに、当時はいまほどうるさくいわなかったわたしが微妙だと思ったくらい音が薄っぺらくて、ゲーム機としてはいいけど音楽プレーヤーとしてRio CARBONの代用になるほどではなかった(当時はCARBONはわりと音はいいプレーヤーの部類だったと思います)、という印象だったですよ。
PSP-3000は、それ単体で聴くと、わりと耳当たりのいい音で気持ちよくて、PSP-1000のようにプレーヤー単体としては使うに耐えない薄っぺらな音じゃなくて、ちゃんと厚みがあってなかなか聞かせてくれるんじゃないか?って傾向。ただ、若干ベールがかかったような…と思っていたら、MG-F516と比較してはっきりその差がわかりました。
いまさらMG-F516の感想をここで詳しく書いてもしょうがないので比較したPSP-3000主体で話をすすめてみます。PSP-3000の耳当たりのよさなんですが、そういう風に書くと悪くないように見えるだろうということで耳当たりがいいと書いてるんですが、ぶっちゃけエッジが甘い(あーあーあー)。PSP-1000より全体的には比較にならないレベルでかなりよくなってはいるんだけど、エアリーって意味じゃなくて空気感の再現がいまいち。これはゲーム機じゃしょうがないかなって気はするので、音楽専用のプレーヤーであるMG-F516と比較しちゃうのは酷なんだろうけど、いまいちなんだからしょうがない。でも、普通に聞く分にはそこまでこだわらなければ音楽プレーヤーとしては全然よいんじゃないかと思います。エッジは甘いけど解像度が低いわけではないようだし(細部はそこそこ分離してちゃんと聞こえます)、ソリッドでシャープな音が持ち味と思えるMG-F516と比較して、PSP-3000は、やわらかめでわりと暖かみのある音です。それでいてPSP-1000のようにプレーヤーとして聞くに耐えないというレベルではなく、それがちゃんと持ち味になっていると思いますよ。聴いていて気持ちいいですし。PSP-1000はプレーヤーとして使おうとしたときにぶん投げたくなりましたから(いや、マジで)。同じファイルをMG-F516で聴くと、確かにもっと鮮明で細部もしっかり聞こえるし、空気感も広くて気持ちいいしボーカルもしっかり張り出して力があるし、やっぱりそういう意味では音楽専用のプレーヤーには敵わないのかな?とも思うのですが、わざわざ専用プレーヤーを買うのも…という人がPSPを音楽プレーヤーとしてメモステにファイルを入れて楽しむのは、全然ありでいい環境なんじゃないかなーと思いました。いい時代になったものですよ。
わたしならMG-F516を使いますけど(それ以前にHG60GD9ECが常用機なんですが…ホワイトノイズがあろうが音がいいものはいいんだからそれでいいんですよ)。

…と、こんな感じになりました。
トータルとしてはプレーヤーとしてもなかなかの実力なんじゃないでしょうかね、PSP-3000は。iPodよりは音はいいと思いますよ。なのでPSP-3000を持っていて携帯プレーヤーを買うのはどうかなって人でPCにファイルを溜め込んでたりする人は、メモステに入れて持ち出してみてもいいんじゃないでしょうか。
再生に対応する形式はMP3、AAC、ATRAC、そしてWMAということでおk?
これだけ再生できれば十分だと思います。WAVに対応してないとイヤだ!という人は普通に携帯音楽専用プレーヤーを買うでしょうから。

正直なところ、PSP-1000がひどい印象だったからPSP-3000も心配してたんですが、結構よかったのでこれはこれで安心しました。
いいものだな。
わたしは使わんが、いいものだな。
(またイデネタかいw)


|

« SE-M870は…懐かしいかほりがします… | トップページ | Windows 7化したFMV LOOX U/C50NとXP化したLOOX U/B50Nを並べてみた »

AV機器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511749/47806163

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯音楽プレーヤーとしてみるPSP-3000:

« SE-M870は…懐かしいかほりがします… | トップページ | Windows 7化したFMV LOOX U/C50NとXP化したLOOX U/B50Nを並べてみた »