« ただの日記です。過度な期待はしないでください。(~20100326) | トップページ | ただの日記です。過度な期待はしないでください。(~20100329) »

2010年3月29日 (月)

ただの日記です。過度な期待はしないでください。(~20100328)

貴重な休日一日潰してたいした結果がでませんでした。
涙出る。

えーと…現在、わたしのLOOX U/C50Nの、本来Atheros AR928Xの乗っかるはずの位置には、リソースが足りない状態でまともに認識されてないIntel Centrino Advanced-N + WiMAX 6250が乗っかってます。再度の分解も面倒くさいので、そのままにしてあります。とりあえずWiMAXのUSBアダプタつなげば通信できるし(それでいいんかい?)。
ちょっと前からなんとなく水面下で、と、やっていたのは、これだったりします。
納得できる結果が出てないから進捗だけ日記的に書いてみるのですよ。もし知恵をお借りできるならコメントで何か寄せていただけると幸いです。

BIOS書き換えに関しては、色々試してみてわかりましたが、無理にBIOSを吸い出したりとかする必要はまったくなさそうです。実際はそれやっていてほぼ1日~2日潰してるわけなんですが、まずは書き換えのためのBIOSイメージを手に入れないと話にならないということで、ダウンロードしてきたファイルを眺めていたんですが、これ、実行ファイルになっていて、どうやらBIOSを書き込むためのプログラムとBIOSイメージが埋め込まれてパッケージになっちゃってる状態なんですよ、って、わざわざ説明しなくてもわかるか…。じゃあ、実機からBIOS吸い出せばいんじゃね?ってところに発想が行ってからが苦労の始まりでしたよ?WinPhlashで吸い出せるところまでは調べたんだけど、肝心のWinPhlashがなかなか手に入らない・古くて使い物にならない、吸い出すためにも踏み台にする別機種のBIOSが必要、しかし踏み台によっては吸い出したあとのファイルサイズが変わってしまうとかの問題があるようで、それに加えて新しいバージョンを見つけたとしてもソフトのタイトルに記載されてる年度が古くてあてにならない…古くても吸い出し自体は可能だったんだけど書き込みができませんでした。多分フラッシュメモリの型番がいずれの書き込みプログラムでも対応してない様子で、現行BIOSのバックアップが終わって書き込むぞって段階でどのバージョンやツールでもフリーズしてました。ようやく見つけたWinPhlash1.6.9.9でも、まったく同様。UniFlashとかも試してみましたが、こちらはそもそもメモリの型番がリストにない時点で書き込み動作すら許されないつくりのようで、なおかつUSBメモリからブートして云々とかもやってみたけどダメですね。Phlash16ももちろんダメ。書き込み時点でフリーズしてしまいます。

肝心のBIOSなんですが、どこをいじればよいかはPhoenix BIOS Editorをぐぐって拾ってくることができました。しかしこのBIOS Editorで吸い出したイメージを開くのにまた一苦労…そのままではROMの長さが違うよとエラーが出て開けず27バイトの追記が必要で(簡単そうにさらっと書いてますが『どこにどういう記述を入れるのか』とか調べるのに結構時間かかって大変でした)、そこまではわかったので追記してみてBIOS Editorで開けたので、ようやく見ることができているんですが、これも完全じゃないらしくていじれないとか開けない領域があるのでどうとも言えないんだけど、おそらくはROM Executable Codeのあたりを開いてPlug and Playの項目でPCI IRQ ReserveがOFFになっているのでチェックしてあげて、これは解釈の問題だけどIRQ Req. Valid ESCDのチェックはつけたままにしておくべきか外すのか、といったところ…ESCDにあるものだけのIRQのリクエストを受け付けるよ(つまり排他)って意味なら外さないとダメだろうし、ESCDにあるもののIRQリクエストを受け付けるよ(それ以外も受け付けるよ)ってことならチェックしておかないとダメだろうし、これは試してみないとわからないところ。ここで思ったんですが、ESCDの書き込まれている領域をいじれたら何とかなるんじゃないの?ってことなんですが、どうなんでしょうねぇ?わたしにはさっぱりわからなかったです…いろいろ調べてはみたんですよ?
多分、多分だけど、ESCDの領域で内蔵デバイスを弾いたりとか弾かなかったりとかを判定してるのではなかろうか、そう考えたんですが、間違ってるのかな?さっぱりわからないですよ?

で、とりあえずBIOS Editorでその辺書き換えてBuildして保存して、しかし焼きこめない。じゃあ富士通なりFujitsu Singaporeからダウンロードしてきたファイルに書き換えたBIOSを埋め込むしかないんじゃないかとバイナリエディタを眺めていて、それとBIOS Editorで書き換えた領域がどの辺かアドレスを確認してコピペとかしてみたんですが、バージョンチェックだか内部で見てるみたいで弾かれて実行ファイル自体が動作しません、いや、動くんだけど『この機種のBIOSじゃない』てなエラーを吐いて起動しません、ということはコピペの領域とかは間違ってないわけです、おそらくは。で、多分その辺の機種だとかバージョンチェック部分を潰せば何とかなりそうなんですが…とはいえ、いちいちバイナリエディタ開くのも面倒くさいといいつつ、方法はそれしかないのと、書き換える前のBIOSイメージを用意するのに吸い出しじゃなくてもっと確実な方法はないかなーと探していたら、実は富士通から普通に頒布されているBIOSのファイルを展開したときにWindowsの某所(Tempフォルダ…OSやバージョンによって場所が変わるでしょうから某所としておきます、7の場合は”C:\Users\UserName\AppData\Local\Temp”の下)にファイルが展開されたフォルダ(FlashAid40.tmp)ができるので、そこからコピーしてくれば実行ファイルとBIOSイメージがそれぞればらばらになった状態で手に入ることに気付き…しかもそのBIOSイメージなら追記なしでもBIOS Editorで読み込めてしまい…あれ?吸い出しで散々苦労していた時間は??あははははー、ってのはさておいて、気を取り直してBIOS Editorでイメージを作り直して、そこに放り込んでみましたが、そうするとさきほど展開される前の実行ファイルにバイナリエディタでコピペしたときと同様に機種がちがうよーといったメッセージが…これはダメかもしれんね、ということで実行中にファイルを入れ替えたらいけるんじゃね?と思い、まずはダウンロードしてきたものを展開した書き換え前のBIOSイメージが入ってる状態でFlashAidを起動して、それで起動したらBIOSイメージを書き換えたものにすりかえれば…お、動くよ!書き込めてるよ!と思ったんですが、ダメでしたよ。あたりまえか、ってか気付けよって話で、起動した時点でBIOSイメージがメモリに読み込まれてるだろうから、そこを実行時メモリ書き換えでもしない限りは無理だろう、と。うさみみハリケーンというツールにてできそうってことだったんだけど、これは時間がなくてよく調べ切れていません。もしできるのなら読み込まれたあとにBIOSイメージをそっくり貼り換えてやれば書き換えたBIOSイメージを焼きこめそうなものなんですが…それよりは普通にFlashAidでBIOSイメージをいじったものを書き込めるようにする方法を考えた方がよさそうだ、というところに至りました。

そして、書き込めてません。
現在わかったのは、Tempから拾ってきたFlashAidのフォルダ内にあるBIOSHeader.iniというファイルの中の記述、『Checksum=0』なんですが、これが某所から拾ってきた(これは全然関係なさそうな…別の用途のために)BIOSファイルをいじったものについてきたBIOSHeader.iniの記述を見ると、『Checksum=0XED70』と、Fujitsu Singaporeからダウンロードしてきたものとはあきらかに違う数値が入っていて、つまりはここさえ書き換えられればFlashAidのバージョンチェックというか機種チェックは抜けられるんじゃないかな?ってところまではわかったんですが、肝心のチェックサムの出し方がわからず、行き詰まりましたよ?

まだまだ調べ方が足りないのと、BIOSの書き換えるポイントにしても、それで正解なのかはいまいちよくわかりませんが、ひとまずここまでで時間切れです。

ちなみに…BIOSが全然書き換わっていないこの状態でも、本来ワンセグが刺さるはずのスロットに無理やり6250を挿したところ、USBのデバイスとして普通に認識してドライバを要求してきたのでインテルから拾ってきたドライバをWiFiとWiMAXのいずれも片っ端から突っ込んでみたらWiMAXのモジュールとしては認識してドライバを入れることが出来たので、最悪AR928Xは元の位置へ戻して6250をワンセグがくっつくはずのところにつけて、アンテナを取り付ければもしかしたらBIOS書き換えしなくてもWiMAX内蔵おkかも知れず、という感じです。そこまでの動作確認は今回行っていませんが、そういうやり方で出来る可能性はあります。わかんないけど。カードがハーフサイズなので固定で難儀しますが、そこはテキトウなテープでメインボードに押さえつけて、裏蓋閉じれば固定できるからいいじゃん、と。アンテナの長めであまった線も空きスペースに収納できて一石二鳥だよ?(どう考えても普通はダメだろう)
もしうまく動作するならBIOS書き換えは面倒くさいからあきらめて、テキトウにアンテナ内蔵して通信実験してみるかもしれません。そのときはアンテナは液晶画面側を開いてパネルの裏にでも設置しようかなぁ…ケーブルの取り回しが面倒くさいですけど感度は本体底面に収納するより上がるはずですよ?


オチはまだつきません。
つけさせるものか。
タダでは転ばんよ。


|

« ただの日記です。過度な期待はしないでください。(~20100326) | トップページ | ただの日記です。過度な期待はしないでください。(~20100329) »

LOOX U」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511749/47938328

この記事へのトラックバック一覧です: ただの日記です。過度な期待はしないでください。(~20100328):

« ただの日記です。過度な期待はしないでください。(~20100326) | トップページ | ただの日記です。過度な期待はしないでください。(~20100329) »