« HP-A7、ND-S1、GT2 USB-Bで聴くPCやポータブルプレーヤーでの音楽再生 | トップページ | 有ww史w中ww最w大wwのwwダwwメwwwなw例wwww »

2010年2月 9日 (火)

副産物(ROMキットタイプのシステム基板で遊んでみる)・その他(HP-A7追加の感想など)(~20100208)

どらすぴのリプレイを収録しようとしていて、ちょっと思い出したことがあったのでやってみたですよ。





どらすぴのは、これ当時も実機稼動させてるときに一瞬だけネタ的にこの状態で稼動させたことがあります。はっきりいって出オチそのものなんだけど、みんな夢中になってしまうよ。これは一度見たら(聞いたら?)なかなか忘れられないと思うよ?
タイミングと演奏される曲が、もう、ね。アドレスの問題ではあるのだけれど、何の奇跡だよ?と。
音ロムがパックマニアというのも、もうねw
SDIとファンタジーゾーンの方も、これも意外にもタイトル画面でふいて爆笑してしまうよ、という組み合わせ。
タイミングばっちり過ぎて吹くw
ちなみに音を編集して合わせたMADじゃありませんのだ
収録したのはMAMEだけど、当然実機でできます。というか、実機でできるの知っててMAMEでもできるかな?と実験したら出来てしまったので、せっかくだしこういうのはうpしてる人が見当たらなかった?と思ったのでうpしてみたよ。
どらすぴやパックマニアといったナムコのシステムI(システム87)の場合は、サウンドロムはシールの末尾にs0とかs1と印刷されているので、それを別タイトルのゲームのものと挿し換えると遊べます(遊べます、て、正しい遊び方ではないんだけど)。ナムコならシステムIIなんかでもこのへんの仕様は共通のようなので、システムIIでも似たような遊びが出来ます。ここまで偶然で面白いのはなかなかないですが。ファンタジーゾーンやSDIなどのセガのシステム16Aの場合は、末尾が12のものを相互に挿し換えると、それがどうやらサウンドロムのようなので似たようなお遊びができてしまうよ(システム16Aの場合はこれで間違いないとはちょっと断言しかねるところが…他にもあったような気もするし、なかったような気もするし)。
当時のゲーセンの店員は、こういうくっだらねー遊びでゲラゲラ笑って盛り上がっていたものです(一応、営業時間外ですよ?)。仕組みがわかるといろいろ遊んでみたくなるもので、結構な組み合わせを片っ端から試した気がしますが、特に印象に残っていたのが今回うpしたこのふたつです。
いまだに実機をお持ちの方でご存じなかった方は、ぜひお試しあれ。
MAMEでやってみようという方にはあえて方法は説明しません。やることは実機と同じです。起動時にエラーが出ても無視して起動すればこうなります。あたりまえですが簡単です。

上記動画を登録するときに、間違えてするめいかコミュニティで登録してしまいました…あわてて除外はしたんですが、本当にすみませんでした。ここで謝ってどうする?という気もしますが、どこに書けばいいのかぴんとこなかったので、一応ここでと思い書かせていただいておきます。誤解を招いてしまった様子で申し訳ありませんでした。

全然関係ないですが、うちのPS3さんが調子悪い。HDDのアクセスランプ点灯しっ放しでフリーズするよ、恐ろしい。最近あまり使ってなかったから拗ねた?
単純にHDDの故障という気もするので、テキトウなHDDを買ってきて転送してみるのもいいかもしれないと思いました。

HP-A7、そろそろ安定?まだ変わるのかな?
音場とかではHD60GD9ECを上流にしたHD-1Lの方が楽しく聞けるけど、カチッとした音を解析的に聞くとしたらA7は全然あり。でも、やっぱりボーカルが頭内でちんまりと固まるイメージが抜けなくて、どうなんだろう?と思ったらHP-A7はHD650を使って調整されたなんて記事があった気が…アレで調整したのなら、このボーカルの残念な定位感も納得。HD650自体がおかしな音場でそういうボーカルの鳴り方をするので(だから嫌い)。なんでHD650で調整したし?と思いますね。自社というわけではないのですが、フォスターOEMのAH-D7000とか、そこらへんで調整してるというわけではなかったのが実に残念。お風呂エコーなんて一部でささやかれている音も、HD650なんかで調整した結果じゃないの?と勘繰ってしまうよ。まぁ、味付けは排しているということだからizoが空間表現を得意としているような、たとえばボーカルが頭外の前方にきて、ふっと浮かび上がるような味付けは排しているということなんだろうけど、わたし的にはHD650向け的な味付けになってしまっているんじゃないかと思います。HD650なんてとっくに手放してしまったのでアレですが、イヤな思い出は忘れないものですよ?HD650の音質とか音場とか大嫌いだから。それで、HP-A7だとAH-D7000の長所も殺してしまってる気がしました。逆にどのアンプなら活かしてたの?というと、やっぱりizoのiHA-1 V2(ノーマル)だと思うんですよ?SP化のチューニングを施していただいてからノーマルで感動したような音を聞けなくなってしまったのと(だからiHA-1 V2ノーマルでD7000を聞けなかった残念さというのもあります)、デジタル接続時のソースが無音になると場合によってはノイズがなりっぱなしになってしまう問題が気に入らなくて手放してしまったのだけど、V2SXがそうでないならぜひ欲しいものです。
で。
某所でizoがセールしてるというから見てみたら、iHA-1 V2SXが69800円になってる。悔しいな。あれ?izoってiHA-1 V2SXを出したときだったか、今後はもう割引で販売することはないから、なんて公表していた気がするのだけど、あれ??…♪「もうセールはしないなんて 言わないよゼッタイ~」と、izoの中の人には槇原っぽく歌ってもらわないと(苦笑)。わたしにしてみれば「やっぱりやったよね?」って感じなんですが、69800円ならつい先日HP-A7を買ったのに3000円足せば買えておつりがきてしまうよ?というわけで、もうがっかりです。でも現ラインナップの在庫の最終整理みたいなことも書いてあるから、もしかしてもうiHA-1 V2SX終了?だとしたらそれはそれで残念。iHA-1 V3とか本当に出ちゃったらそれはそれで面白いんですが。え?現ロットの在庫の最終整理?だとしたらiHA-1 V2SXは継続?だったらまた安くしてくれるよね?今回2万引いてるの見てるから、もう69800円じゃなきゃ買う気起きないよ?(こういうことを言われたくないはずでもうセールしないって決めたんじゃなかったのかな?と邪推してしまうよ)。あたりまえでしょ、通常価格で買うのがばかばかしくなるセールの繰り返しとバージョンアップ商法、さすがにいい加減にしておいた方がいいような気がしますよ…(疑問符で締めてないあたりで結構怒ってると思ってもらってかまわんよ)。

そんなわけでHP-A7、空間表現さえもっと奥行きや前後に広いものなら面白いのになーと思ったんですが、そういう味付けは嫌って極力なくしてるってことだそうなので(HD650向けっぽい調整になってる気がするのが個人的には納得できない部分ですが)、そういう意図なんだと汲みさえすれば、とてもかっちりしていい音のアンプなんだろうなと思います。実際聞いていて楽しくないわけじゃないし、上流がHD60GD9ECの場合はHD-1Lの方が断然楽しく聞けるんだけど、PCやCDからHP-A7をDACとしてHD-1Lで聞くのと素でHP-A7だけにするのとでは、HD-1Lに若干厚みがあるのが利点なくらいでぶっちゃけ拮抗してるなと思っているのが正直なところなので(PCからの場合はどちらもND-S1経由なのは大前提)。DAC部もですがアンプ部もそれなりによくできてるんじゃないかな?と。糞耳の言うことだから(苦笑)、あまりあてにされても困りますが…現時点での個人的な感想ですよ。ただしiHA-1 V2SXとの比較は…してみたい気がします。これはHP-A3欲しいとか言ってる場合じゃない気がしてきました。どうせセール期間中は買えそうにないですが。前述したとおり、69800円なんて値段を見てしまっているので、もうそれじゃないとV2SXは買う気がしないですよ…。やられたなぁ。

アンブロークンアロー・戦闘妖精雪風、もうすぐ読み終わりそう。まだしばらく先ですが。ずいぶん思索的な話になってきていますが、面白いです。零もジャックもずいぶんかわったな、と。そしてグッドラックのころからその存在感を増してぐっと表面化してきたクーリィ准将がもう格好良すぎてたまらないです。ヒカラチアも身近に思えるような詳細な描写が加わりましたし。あぁ、こう思われている人だったんだー、みたいな。結末が楽しみです。

プレミアムバンダイから悪趣味なプラモが届いたようです。というか、出荷自体は結構前で、なかなか受け取りにいけなかっただけではあるんですが。先月末くらいかな?HGのG30thの…これ。
G30thgold_01
パッケージ。見づらいですね、すみません。

G30thgold_02
1枚目。

G30thgold_03
2枚目。

G30thgold_04
3枚目。
んー、普通のHGのG30thの2.5倍な値段なのにアンダーゲートじゃないんだ、組みづらそう…つか、普通はやっぱりコーティングしただけで金型までは作り直さないものね、しょうがないかー。しかしロゴプレートのところの金型だけは作り直したのね。じゃあ3枚とも設計変えてアンダーゲートにしてくれよ、って思いますけど。詰めが甘いっす、と、えらそうなことを言ってみる。どうせアンダーゲートじゃないだろうとあまり期待しないで買ったらこれだよ、って、やっぱり感が。
一応製品紹介サイトはこんな感じでした。
これだけじゃなくて、今までの1/144をラメ入りクリア成型で作ったBOXセットもあったんだけど、これは手が出なかったです。面白そうだったけど全部を組む気力がわかなさそうだったので。V、W、Xとかフリーダム、デスティニーなんてモチベーション上がらないので多分組まないまま終わりそうだったからもったいない気がして買えませんでした。資料的に積んでおくってことで買うのもありだったのかもしれませんが、それはもったいない…。
さて、いつ組み立てようかな?せっかくなのであまり雑にはやりたくないとはいえ、アンダーゲートじゃないから慎重にやらないとゲート跡が微妙なことに。面倒くさいなぁ…なんで百式みたいに全パーツアンダーゲートにしなかった?と。ロゴプレートくっつけるくらいなら金型の全部を設計変更してアンダーゲート化くらいやってくれてもよさげな気がします。すごい値段上がりそうですけど。


|

« HP-A7、ND-S1、GT2 USB-Bで聴くPCやポータブルプレーヤーでの音楽再生 | トップページ | 有ww史w中ww最w大wwのwwダwwメwwwなw例wwww »

ゲーム」カテゴリの記事

ヘッドホン類・アンプ類」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511749/47519539

この記事へのトラックバック一覧です: 副産物(ROMキットタイプのシステム基板で遊んでみる)・その他(HP-A7追加の感想など)(~20100208):

« HP-A7、ND-S1、GT2 USB-Bで聴くPCやポータブルプレーヤーでの音楽再生 | トップページ | 有ww史w中ww最w大wwのwwダwwメwwwなw例wwww »