« コミックマーケット77 最終日 | トップページ | 『レクイエム 5 ドリーム』感想 その他 »

2010年1月 2日 (土)

MG-F516 追検証結果(暫定)

MG-F516については、わたしが以前書いた感想を参照してくださってる方が結構いるようで、ありがたくはあるんですが微妙に責任感みたいなものも…と思い、そういう部分もあるので、ここはメーカーの太鼓持ちではないってこともはっきりさせる意味で製品交換後の追検証をはっきりお届けした方がいいのではないか?ということで書いておきたいと思いました。
まぁ、メーカーの人はこんなところは見てないとは思いますが、そこそこPVもあったので影響が皆無とも思えないからそのあたりはごまかし効かないなーという風に考えてます。
ここのトップにも『購入の参考にすることは推奨しない』と書いていても、やっぱり参考にされてしまうものは仕方ないなということで、これがすべてではないけど一例としてそれなら嘘書けないしってことで。
じゃ、いきます。
ことの始まりは12月30日、コミケ二日目を終えて、その日に買ってきたアルバトロシクスとmikoお姉さんのディスクをPCに取り込んでMG-F516に転送したところから。
それ以外にもいくつかのフォルダを追加転送したような気もするんだけど、とにかく正常に動作している状態にファイルを追加したわけです。で、PCからはずして起動したら…ライブラリ情報が死んでました(苦笑)。フォルダ0、ファイル0です。交換前に発生していた現象と同じ。この忙しい時期にそれかい!というわけで、とりあえずリセットして、まずはデータベースファイルだけ消して構築待ちしてダメで、次にファームウェアのリカバリーをデータ領域を残した状態で行ってダメで、しょうがないからデータ領域を消してファームウェアリカバリーを行いましたが、そうしたら今度はPCからのファイル転送で本体がフリーズする現象が発生しました(涙)。
んぁぁ、交換前と変って無くね?と。
調子が良かったのは交換直後だけか…。
というわけで、31日は結局HD60GD9ECに再登場いただくことに。
そして今日、1月2日…考えられる原因を排除しつつファイルを再転送して動作するようにいろいろ試みましたが、結果は惨敗です。
もうやだこのプレーヤー(音は良いんですけどねぇ…正常動作すればね)。
ファームウェアもハードも両方に根本的な問題を抱えている気がしてなりません。
それでも使い続けるということで注意点をあげていくなら、こんな感じ。
・ファイル転送は少量ずつ
なんでかというと、一気に大量に転送しようとするとプレーヤーがダウン・フリーズしてしまうようです(もちろんフリーズしないこともあります)。
PC環境依存の問題かとも思いましたが、他のPCに変えてもダメだったのでプレーヤー側の問題だと思われます。
一度に送るファイル数が多かったりすると、フリーズまではしなくてもプレーヤーへの書き込み失敗が発生することがかなりの確率であるように思われます。実際にエクスプローラーからのコピーでもFFCからのコピーでも同様の事例がでていて、ベリファイしながらコピーだとベリファイ時にエラーを吐くことがかなりあるようです。

ちなみにPCにMG-E504とMG-F516をつないで、MG-EからMG-Fへ一気に転送したときは、フリーズしませんでした。謎。

この方法でも固まった…もうやだ(涙)。
・ファイル数上限に注意
一応4000曲ということになっていますが、画像ファイル含めて4000ファイル超えてると問題が発生してしまうような気がしてなりません。
しかし一度おかしくなった状態で4000ファイルを割るところまで削除しても、データベースが正常な状態に復帰して構築されることはありませんでした…。謎。
・追加転送は要注意
曲数的に全然上限に達していなくても、ファイルを追加するとその後のライブラリ再構築でこける恐れがあります。つまりフォルダ0ファイル0が発生する恐れが高い、ということ。
…なんか、安心して使えないプレーヤーという時点でどうかなぁというのと、こんな検証はユーザー側でやるべきことじゃない、製品発売前にメーカー側でしっかり検証したうえでリリースすべきものでしょうということ。KENWOODのベータテストに付き合わされてる気がしてきて、気が遠くなってきました。
サービスセンターが休み明けに修理相談してみたいと思います。さすがにこれは使い物にならないです。転送速度もそうですし。結局交換後の機体でMAX3.2MB/sくらいは出ていましたが、それでもUSB2.0接続でというなら遅いですよね?
ちゃんと動けば音そのものはHD系にかなわないにしてもとてもいいだけに、もったいないプレーヤーです。
仏作って魂入れずとは…なんだかなぁ。

ただ、ここで起こっていることはあくまでひとりのユーザーのもとで起こっただけのことなので、普通に使えている人の方が多いのではないかと思われることと、普通に使えている方はそこまで心配されることではない、といえます。
実際、ちゃんと動けばいいプレーヤーですから。
しかし前の感想を見てくださってる方、検索フレーズとして『MG-F516 不具合』といった感じでの検索で見に来られてる方も結構いるなーというのは書いておきたいかな。

ドラッグ&ドロップで気軽に転送できる、転送専用ソフトが必要ない気軽さはとてもいいんだけど、それは動作がちゃんとしていればという前提あってこそだと思うんですよね。プレーヤーがライブラリ構築するのにユーザーが10分前後待たなきゃいけないとか、どこの途上製品だよ?って話で。
microSDまわりの作り込みももっと使い勝手がよければ話題もとれるだろうし便利な機能としておすすめできようものの、SD突っ込んでると毎回の起動が遅くなるとか、なんだかなぁという気はします。

MG-F5xxはMG-E5xxにくらべて音は格段に良くなっているんだけど、安定性とかの面では正直使い物にならない、という結論を出さざるをえません。
一応、これらの結果を踏まえてKENWOODに対応を希望したいと思っていますが、結果がどうなるかはまたいずれということで。
埼玉サービスセンターが移転さえしていなければなぁ…ビクターとの統合がかなり恨めしいです。加茂宮って…遠い、遠いって。あの新交通、高いし。駅からもちょっと離れてるし。


|

« コミックマーケット77 最終日 | トップページ | 『レクイエム 5 ドリーム』感想 その他 »

AV機器」カテゴリの記事

コメント

チラシ見て買おうと思ったけれども

安くなっていると言うのは、長い目で見れば損するから安く処分という家電販売店の考えなのでは(ry

と思うようになりました。
やはりMG-Fシリーズも不具合が多い結果になってしまって、せっかくの音質がもったいないです…。

投稿: | 2010年1月 3日 (日) 13時49分

 さん(無記名なので呼び様がない…できれば記名していただけるようお願いしますお)
コメントどうもです。
どうやら4GBや8GBのモデルでは不具合が出ているらしいという話をあまり聞かないようなので、もしかすると16GBのモデルのみコケてるっぽい印象がありますお。
よくわかりません。
音質はとにかくいいので(HDシリーズと比べて絶賛するほどではないにしてもiPod買うくらいならMG-Fのがいいです)、本体安定性とファームウェアの更新でのソフト的使い勝手の悪さ、レスポンスが微妙なところが修正されれば…と思うのですが、これ、本体内のプロセッサがダメで転送速度が遅いとか転送中にダウンやフリーズしたりしてるんじゃないだろうかという気もしてきました。
いずれにしても検証不足で製品化してるんじゃないかという懸念は深まるばかりです。
KENWOODがどういう対応をしてくれるか、心配でもあるし、楽しみにもしています。
MG-Eのように結構早めに改良されるといいんですけどね。

投稿: 釘町阿梨 | 2010年1月 5日 (火) 06時19分

名前が空白のままで申し訳なかったです。
結局ケーズデンキでピンク色を購入してしまいました(ぉ)。

やけにピンク人気なのか市内のエディオン系列の店では、F508Pのみ売り切れという罠に。7日までメーカー休みにより新品入荷不可という余分な情報も頂きました。

まだ500MB(51ファイル、100MB前後のwav入り)程度しか入れていませんが、このブログや某巨大掲示板に書かれている不具合はないです、今のところ。

2年前に購入したD-snap 850Nやsansa e200のとは比べ物にならないほどホワイトノイズ及び電子音が少なく(ほとんど無い)上記2種やnano2ndより音はいいと思います。

ただ、唯一の特徴であるmicroSDを含む16GBモデルの不具合や、録音機能や再生速度変更等の音楽的な付加機能が一切無いことを考えるとkenwoodのDAP商品の将来が不安で仕方ないです。

謎が残ることは、ver「005.006.020」のファームウェアを対象にしたアップデートプログラム終了後のverが「005.006.020」となります、と公式サイトに書かれていることです。下手に更新すると危なさそうです(汗)

投稿: oz | 2010年1月 5日 (火) 09時36分

ozさん、コメントありがとうございます。
F508は不具合報告が少ないようなので、とりあえずわたしもF508を注文してしまいました(涙)。
コジマネットで8980円だったので、というのもあります。よそではまだ14000円前後していますし(だから16GBにしたんですけどねぇ…)。
某所では508のメモリはSAMSUNGと報告があり、516はわたしの確認ではMICRONなので、もしかするとそういう部分でメモリ不良引いちゃった?という可能性はあるのかなー?と思います。
508を受け取ったら、再度いろいろ試してみます。
使えないのが話にならないわけで、516は手放しはしませんがとりあえずKENWOODとやり取りをして安定するまではサポート受けるつもりです。いずれにしてもロット単位で不良が出てるのでは?という疑いも出てきたので、どうしたものかなー?という感じはします。
メモリメーカーの問題の可能性もあるんだけど、そこらへんも検証したうえで量産・リリースするか、原因がわかったなら早期に対応とかしないと、長い目で見てメーカー的にまずいんじゃないかな?という気もするので、それも含めて問い合わせしてみたいと思っています。

投稿: 釘町阿梨 | 2010年1月 6日 (水) 07時03分

初めまして(^-^)
F508を正月に某Kデンキのセールで買った者です。
>・ファイル転送は少量ずつ
・・・の件なんですが、自分の場合(環境はWinXP)も最初、失敗して
ましたが、放りっぱなしで転送してたんで、よく監視してたところ、
失敗した直後に「テンポラリファイルが見つからない」だったか
何だかってコーションがPCのツールバーに一瞬出て消えたんで、
もしや!と思い常駐させている「めもりーくりーなー」という
メモリー監視・掃除・節約ソフトをOFFに。
すると以降は5GB位のやり取りでも大丈夫です。
ただ、確かに転送後の構築の時間はドキムネもんですし、彼ら
(MG-Fシリーズ)の御気に召さないIDタグファイルは勝手にUnknownに
放り込まれるのは他社の機械から乗り換えた自分は暫く苦労しましたね。

投稿: Горики | 2010年2月20日 (土) 14時24分

Горикиさん、コメントありがとうございます。
とりあえず現在のファームウェアなら安定動作しているので、ファイル転送なども特に意識せずに大雑把に扱っても問題ないようですね。
めもりくりーなーが引っかかっていたのかどうかはわたしにはわからないですが、原因はいろいろありそうです。
しかし、現時点ではようやく安定したので、まだまだだという話もあるかもしれませんが、音質的にも良いプレーヤーだから、手軽な音楽再生プレーヤーを欲しい方にはわりと気軽に話題に出せる機種になったと思います。
後継機種が出るなら、こんどこそSupreme EXの搭載とマイスターのチューニングに加えて、安定動作する製品で出してくれたらいいのになーと思います。

投稿: 釘町阿梨 | 2010年2月23日 (火) 00時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511749/47183519

この記事へのトラックバック一覧です: MG-F516 追検証結果(暫定):

« コミックマーケット77 最終日 | トップページ | 『レクイエム 5 ドリーム』感想 その他 »