« サンダーフォースVIの問題点を冷静に考え直す | トップページ | ただの日記です。過度な期待はしないでください。(~20091024) »

2009年10月20日 (火)

ただの日記です。過度な期待はしないでください。(~20091019)

西川口から春日部へ1時間未満で行けというのよ、「そんなの無理ね」といいつつ、何とかならないかと模索して…春日部駅前の踏切でハメられなければ行けたかもというのがくやしいったらなかった昨日の夜。
いや、もうね、夕方7時前の時間から行けというのが無茶振りっていうか。
高速使ってもR4なりR16なりでも、ちょっとでも混雑してたらアウトですよ?
若干オーバーしたものの、一応予定に近い時間に到着…同乗者曰く「あなたの技倆のたまものだ」と言っていただけましたが、あんなの無謀以外のなにものでもない、ただ運転が荒いだけなんですが。あ、ただあきれてただけか…と考えると、合点がいきますよ?(苦笑)
というか、最近柄悪くなった。自覚せしめるほどに。もっとも、無闇に車間をつめてくるようなバカドライバーっぽい走りはしないので、後続車でそういうのが来た場合は『こいつの前後はあからさまにヤバい』をアピールするような走り方にモードチェンジですよ?あからさまに煽ってくるようなの相手には前との車間があいていても平気で急制動とか、いろいろ。外から見てあきらかにだらーんとしているように見えて、一応全方位見てるので(根は臆病ですから…って、そうじゃなきゃ路上走れませんて、無神経なバカほど事故起こしますから)、あきらかにビビらせてやろうという悪意をもって急制動かけますね。でも、教習所では最近譲り合いなんて教えてないだろうなというのが路上にいての実感だから、たとえば割り込みは1台ずつというところでたてつづけに無茶して突っ込んでくるようなの相手にはがんがんホーン鳴らして詰めて入れさせませんね。マナー悪いなと思われようがお互い様ですよ?
…ぁぁぁ、以前はそんな運転する人じゃなかったのにぃ、といわれても、路上出たらみんながみんな無茶苦茶わがままやってるなーと思ったので、そこで折れないようにするには、結局自分がもっと我を張らなきゃダメなんだなという結論に至った次第。
いつもいつもそういう走り方してるわけではないですけどね(当たり前だ)。普段は車間は普通にどころかかなり空けるし(車間を詰める行為は渋滞の誘発に他なりません、無闇に詰めたがるのはバカだと思いますよ)、横から出ようとしたりしてる人がいたら基本的には譲りますよ?結構余裕なくてもそういうことはしてます、要は状況次第じゃないでしょうか。対向車線の流れとか、走ってる車線の前の方とか、そういうのも走行中に絶えず観察していれば、どのタイミングで譲るべきか・譲らざるべきかとか、そういうのは読めると思うんですよね。だから身勝手な走り方してる車を見つけると近寄りたくはないんだけど、迷惑かけられたときは仕返しに回ることも(やめなさいっての)。
いつか事故るな。気をつけないと。
『自分は事故なんか起こさない』と思ってる人ほど派手な事故を起こすから、とはよく言われることですよね。

アクセスログから。
mh256関係が異様に伸びていて、アクセス元調べたら某スレにリンクが貼られた模様。
比較例としてあげてくださる方がいるというのはありがたいことです、ここはすごい無責任なクソブログなのに(苦笑)。 スレはこれまた久しぶりに見てみましたが…そこでわたし?が、やたらmh256を推してるレスをしてるだとか、Aurvana Live!をやたらとけなすレスをしてるとか…知らん知らん(苦笑)。
イザベル魔理沙風に「やってねぇっつってんだろ!」ですよ(で、別件であがるのかwww…って、別件も無い無いw)、なんかもう、なんでも人のせいにしたいみたいな人がいるところで否定してもしょうがないので敢えて出ません(苦笑)。頭の中に仮想敵を作っちゃった人には、何を説いても無駄ですから。せいぜい頭の中のサンドバッグ相手にがんばってください、としか。
引っこんでろと言われても、そもそも出て行ってもいないものをどう引っ込めと?(苦笑)。
まぁ、個人的には『アルバナより低音がなく、D1000よりはある、三兄弟の真ん中』という意見には同意しかねるかしらねー。
全部同条件で上流同じで聴き比べて感想書いてるから。mh256は、Aurvana Live!と近しい程度の低音はあるけど低音の質が違う感じで、Aurvana Live!の低音はごりっとかたまってこもり気味に出るけどmh256のは必要量があるべきところで鳴ってる感じで、AH-D1000ほどふくよかには出ず、すっきりまとまってるのよさ。全体的にはAurvana Live!はごちゃっとかたまった音で鳴るけど、mh256とAH-D1000はそれよりもぐっと広い音場を感じさせる鳴り方をする、音それぞれの分離もいいし定位感もしっかりしている、これが人によっては音が遠いなんて勘違いした感想で敬遠されるところだと思うんですよ。mh256やAH-D1000のがスピーカーで音楽を聴くのに近い鳴りだから、いかにもヘッドホン的に耳のまそばで音がかたまって鳴るAurvana Live!より良くできてるとは思うんだけど、あくまで個人的感想だから、わざわざスレに出向いてどうのこうのしたりは面倒くさいからしてないし、しませんし。Aurvana Live!がいいと思ってる人はそれでいいんでね?どうせディスコンらしいし、そうすると残るのはAH-D1000だけなんだけどね。mh256も限定品だから…再出荷分はどこでも余ってきてるようです、手に入れるなら今のうちですよ?わたしはW・Bともに2個ずつ買ったから(ぉぃぉぃ)もういいんだけど。ゆえに個体差という話もあるようですが、個体差は感じないかなぁ…。Aurvana Live!とAH-D1000の個体差では?って話もあるけど、どちらも店頭で聴いたものとうちのとで差があるとも思えなかったのですよ?
んでもって、これが単純にわたし一人の感想だとしたら、やっぱり人それぞれ感じ方の違いだし、わたしの感じ方が多数の人と違うだけかもという見方もできるんだけど、友人何人かに試しに三機種を聞いてもらって傾向的にはわたしの言ってることが間違ってないみたいだっていうのも確認してるから、やっぱりそういう傾向なのかなー、と。総じてAurvana Live!は三機種の中で一番つまらない機種で、mh256とAH-D1000ならそれぞれデザインも含めて選んで買う価値はあるっていう感想だったから、そうするとネット上でAurvana Live!がべた褒めされてることの方が不思議というか違和感があるって話の流れになったんだけど、どうなのかなーと。逆説的には、ネットでAurvana Live!をほめてる人はちゃんとAH-D1000なりmh256なりを同時に同条件で確認したのかな?ということなんですよね。でも、なかなか難しいことだと思うんですよね、ヘッドホン祭というイベントにしたって、各社別々のブースに設置されているものを聴いて回るのが関の山で、アンプなりプレーヤーなりを同条件で揃えて異なるメーカーのヘッドホンを聴き比べるといったことはなかなか実現が難しいようで(あのイベントで有志が持ち寄ったものを聴き比べるのはまた別の話。クローズドすぎるので『あのイベントへ行けば聴き比べができるよ』という一般的な話にできない時点でボツ)。メーカー協賛を得てるので面白いイベントだとは思うんだけど、各メーカーの宣伝色を排してストイックに比較できるイベントというのは存在しないように思います。ショップとかが自前で機材をセッティングして、そういう比較試聴会をやるのなら面白いかなとは思いますが。秋葉原の某老舗オーディオ店はそういうのも得意そうな気がしますが、ヘッドホンというアクセサリーについてはそんな力は入れないでしょうね、あそこのターゲットは車なり家なりを買える額の投資をするお客様だから。そしてネット上の評価なんてHD650がべた褒めされたりとか、往々にしてあてにならないといういい証拠なのかな、という気もします。当然このクソブログなんかもあてにはなりませんよ(苦笑)。だから参考にするのは推奨しないよって書いてるし、みたいなー。

初音ミクの衣装を着たロボット…キモイ、キモイって。
このロボットって、前に『オリエント工業に外殻作らせた方がいんじゃね?』と突っ込まれていたアレですが、そのときも確か動作音がキモイとかって話だったと思いますよ。下手にリアルに作るもんだから、ロボットらしい動作音がかえって気色悪い、とか。
マンガの”こはるびより”のネタだけど人の顔とアニメ顔の境界みたいなのも問題かと。
でも、こういう方向性のロボットは応援したいなーとも思いますね。途上段階をネタに笑うことは誰だってできます。これが進化したらいずれはすごいことに…!という方向に期待を寄せるのも夢のひとつのあり方なんじゃないかなぁ、と。

トランジスタティーセット2巻が11月11日発売、と。○本の住人3巻まだ買ってない、と。メモメモ…。

iHA-1 V2SXいいねー、DAC変わってるし欲しいねーと思ったり。でも今のところHD-1LとKAF-A55あるし要らないんじゃないの?と思ったけど、HD-1Lで使えるDAC兼単体でも使えるHPAとして、今手元にあるiHA-1 V2チューン済みよりもいいよね?って気がしたので、気が向いたら買うかも、買わないかも。でもDACのチップがiDAC-1同様のものに変わってたりとかするので、iHA-1 V2で前から気になっていた機器の相性と思われるデジタル接続時のノイズ発生については変化があるかもしれず、それなら欲しいなーと思ったり、思わなかったり。お手軽再生環境としてはKAF-A55でわりと満足しちゃってるところもあり、でも、ときおりiHA-1 V2を聴くとやっぱりいいなーとも思うわけで、これは思い切って買えということかー?
いや、出てるのは知ってたけど、別にいいかなぁと思ってネタにもしてなかったとか、正直HPAどころではなかったですよ。メールでメーカーに発売日前に売ってとかごり押しお願いするような悪知恵も働かなかったし(苦笑)、そういうの嫌いだし。しかし、買うとなると確実にiHA-1 V2改がいらない子になるんだけど、下取りに出しちゃおうかなぁ…どこがいいだろうか…。いやまて、フォステクスの新型も気になる、あれも予価10万くらいって話じゃなかったかな、光入力あればおkで同軸デジタルは要らないとしたら半額の方ですむけど、あれは聴いてみないと買うのに勇気が必要な気がするのですよ。

2週間は長いようで短い。

いまだに化物語のBD、開けてもいないし見てもいない…見る時間がないんだよう。
「録画設定しないのは見る気がないからだ!」と友人に説教されてしまったのですが、ぶっちゃけ夜間対応やらなんやらで朝6時起きで8時には出てて、家に着くのが夜1時半前とかいうのが週のうち半分以上あったりとか、それでは録画設定もし忘れるって…家にいる時間が長い人はいいですよ?帰宅したらぐったりでばたんきゅー状態でどうしろと?という感じです。デスクワークで体力使わなくて疲れてないならともかく、車での移動は体はさほど動かないけど色々たまって神経使うし、かなりしんどいので…そんなだから休日はぐったりごろごろして、気がついたら時間がなくなってたなんて最近当たり前になってきた…これはつらいよ?
んなわけで、キディガーランド1話取り逃しました(ぁーぁーぁー)。いいや、もう、BD出たら買うし。

T-5Mの音は、持ってる機種の中ではそんなに上の方ではない(値段考えりゃ当然)にもかかわらず、聴いていると落ち着きます…なんだろう、このここちよさ。バランスもすごくいいしー。これで6000円してないんだから、いい買い物でした…だけじゃなくて、実は結構使ってる。使い分けというと変だけど、気がついたら使ってる。装着感だって別に極上ってわけじゃないんですけどね。同じ価格帯で装着感だけならAH-D501のが合皮パッドで感触も全然いいし。でも気がつくとT-5M使ってるんですよね。謎。HD650みたいに作為的なキモイ音場でレスポンスがゆるくて悪いわけじゃなくて、それなりにレスポンスもいいしキレもあるのにすごい聴きやすい。もちろん値段なりの解像度の甘さやこもり気味なところはあるんだけど(同社のmh256と比べると明確にわかってしまいます)、とはいえ音場だって自然だし、クオリティは悪くない…やっぱデザインかー!!取扱店の少なさと、ぐぐったときの情報の少なさは泣けてくるのですよ。メーカーサイトで用意されている写真がやたらハイキーなグレーなのも謎…実物、うちでも写真撮りましたけど結構濃い目のグレーですよね。んで、ここらへんで聴いてて、しばらくしてMDR-CD900STに戻ってくると、CD900STってやっぱり値段考えると恐ろしく性能高いんだなーとも思ったり。mh256も同様。どれも方向性は結構似たようなところへ向いてるので、そこらへんは好みというか、これでいいかな?と思うところ。原音や自然な音がなんなのかはメーカーによって解釈が異なるだろうけど、アプローチは違えどそこを目指してることが真摯に伝わってくるものは好きです。ヘッドホンしか作ってないメーカーの高級機ほど、その方向性に対して味付けしようとして迷走してしまってる気がします、素人考えですけどね。その傾向は海外メーカーも国内メーカーも似たり寄ったりって気がしますね。そういうメーカーほど機種を乱発してみたり。そんなにたくさん機種揃えても意味ない気がするんですけどね。まぁ、国内大手は戦略上の問題もあってたくさん作らなきゃいけないのかもしれませんが(ソニーとかパナソニック、パイオニアとかビクターとかとか)。でも基本な機種は潰さずずっと作り続けてくれてますし。CD900STがディスコンになったらキレるかもって気はしますよ。古い古いといわれてますが、後から作られたものでこれを超えてる実用機ってそんなにあるのかな?とも思います。
(と、詳しい向きには「また無知なバカがバカなことを言ってるよww」と陰口を叩けるようなネタも置いておくとして)

ラブプラス、すすまない。なんか先日の連休中にプレ値の未開封中古を買って学校パート全部終わらせたとかいう人もいたんだけど、そんな暇あるかー!という感じで全然やれてない。別に彼女を持ち歩くとかいうコンセプトはどーでもよくて、単に丹下桜さん復帰作ってことで興味があって買っただけのわたしには、そこまで熱の入れようもなく。公式ガイドは本当にデータシートなので、ネタばれとかが嫌な人は買わない方が…いや、買うだけ買っておいて開かないことをおすすめ、って、もう遅いかしら?
それよりもどらすぴの腕の低下の方が深刻。やっぱりシューティングは毎日こつこつでもやらないとダメです、もうこりゃダメだ状態なので、強制的に課題として1日1回は慣らし程度でもやるようにしないとダメだと。QMADSのように寝っ転がってできるものでもないから(やるときはスティック用意してやるのでどうしてもセッティングに手間がかかるのですよ)、そこらへん筺体をもってる人にはかなわないなーと思うところ。狭いんだけど、片付けてニューアストロ導入したいなぁ…でも、アストロなんか買ったら確実に同居人に怒られるので無理っす…。
PS3のナムコミュージアム.commも、ここ数カ月起動すらしてない。ランキングとっくに抜かれてるだろうなぁ…85万なんて、そこそこ腕のある人なら、運さえ向けばわりと誰でも取れる点なのは、やってる自分がよくわかってるし。むしろあんな点でランキング10位以内に入れたことの方が奇跡。全盛期だったら箸にも棒にもかからない凡スコアです。
そういえばCSで放送しているシューティングゲーム番組、中野なんとか社長って、ドラゴンセイバー収録うまくいったんでしょうか?
当時全盛期のすごい人を呼ぶのかと思ったら社長本人が2週間練習して収録するとかネットで見たんだけど、ドラゴンセイバーって2週間で出荷時設定をノーミスクリアできるほどぬるいゲームじゃなかった気がします。で、ご本人のサイトで当たり判定が厳しいなんて書かれていらっしゃいましたが、セイバーの判定なんてまだ甘い方でしょ…と思うのね。どらすぴの狂った判定に比べれば(そこまででもないか…これもわかれば理不尽ではないし)。セイバーはグラIIIプレーヤー想定での難度らしいことがCDのライナーにも書かれてたけど、無茶苦茶すぎます。そんなの普通の人は遊べないから。エリア4とか5のボスとか、ひどいしね。そもそも出荷時が残ライフ無しで残数制のみなのが気が狂ってる。当時の設置店は、大抵は設定でライフありにして、3~4ライフで設置してたのを記憶しています。集計店は別にして(東京ディズニーランドのゲームセンターは集計店でもないのにノーライフでD設定だった気がします、あそこはダライアスIIなんかもベリーハード設定だか回収し忘れた高難度版の基板だったかという噂で…基板の話は眉唾ですが、普通の基板でベリーハードに設定してもあの難度にはならなかった気がするので、嘘ではないのかも…アイテムが出ないだけではなく敵の固さが異常だったので。あのゲームセンターももう消えたとか…そりゃそうだ、”TDLまできてゲーセンに入り浸る人を排除したい”的な難度設定(苦笑)だったし)。でも、だからって中野社長がライフありの設定で収録してたらブーイングものですけどね。プロゲーマーですから。ナムコ基板はタイトーと違ってノーヒット設定がないからインチキもできませんし、セイバーって正直厳しいゲームだから、ノーミスはかなり厳しいと思いますが、収録できたんでしょうか…本当にノーミスできたなら喝采ものです。それは素直にすごいなと思って見てみたいですね。エリア9の蝙蝠の撃ち返しとか、絶対殺す気満々ですから。あんなの普通のプレーヤーではノーミス無理ですよ(苦笑)。プロゲーマーなら大丈夫なのでしょうか?まぁ、2週間、なにも他のことをやらずにずっとセイバーだけやってれば…それでも厳しい気がしますけどね。でも、ネットにはエミュでだけど、ノーミスでクリアしてる動画も上がってるので…どらすぴレベルでエミュの再現度が問題なければいいんだけど、わたしが見た動画はまだシステムIIの再現度が不完全な時代のエミュの動画だったので、あれを参考にするのは正直厳しい気もしました。今のエミュレータならドラゴンセイバーもほぼ問題なく動いているとは思うのですが(一応実機と比較したことはあります、でもうちももう実機の動作環境(モニタ)がないから厳しいですね…基板とロムキットはまだ持ってるんだけど)。ライフ4にして雰囲気に浸ってだらだらと遊ぶ分にはいいんだけど、求道的にノーミスを狙うとしんどいゲームです…って、どらすぴ旧バージョンも意味的には同じかしらね(苦笑)。

イザベル魔理沙で思い出しましたが(関係なさそうで…聞けばわかります)、BLACK LAGOON、Blu-rayでBOX化されたら買いたいんですけど、出ませんね…もうしばらく先かな?これとかノワールとか、欲しいですね。見る暇あるのかYo!って感じですが、出たら多分買いそうな気がするですよ。


|

« サンダーフォースVIの問題点を冷静に考え直す | トップページ | ただの日記です。過度な期待はしないでください。(~20091024) »

ヘッドホン類・アンプ類」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511749/46538952

この記事へのトラックバック一覧です: ただの日記です。過度な期待はしないでください。(~20091019):

« サンダーフォースVIの問題点を冷静に考え直す | トップページ | ただの日記です。過度な期待はしないでください。(~20091024) »