« ただの日記です。過度な期待はしないでください。(~20090920) | トップページ | ほしのくず・わかりあえない・きたるべきとき(~20090922) »

2009年9月21日 (月)

8bit年代記の帯コメントについて

遠藤さんから回答をいただけました。
以前わたしが残したエントリで匿名の方から「そちらで質問すればお答えいただけますよ」とコメントをいただいたので、質問していたのですが、その回答をいただけました。
敢えてこちらに転載などはしませんが、ひとまず納得しました。
本音を垣間見れただけでもありがたいです。
ただ、資料性のある本として出版するのであれば、コントロールすべき編集者たるゲームサイド側も岡野哲の原稿の内容に誤りがあるのであれば修正するのが出版としての当然の務めだと思うんですけどね。
マンガは作家のみで作るものにあらず、編集者も…というのは素人の幻想でしょうか。でも、編集の意向で書きたいようにマンガを描けないって話も聞いたことがありますし(岡野哲の場合は好き放題できているのならある意味本人的には幸せなんでしょうね)。
実名をちらほら使いつつ嘘をつくというのは史実の歪曲に他ならないですから、当時の状況を伝える資料としては不完全というよりむしろ出鱈目で塗り替える行為で許されるべきものではないと思うんですけどね。
そこらへんは遠藤さん、さすが清濁併せ呑む懐の深い部分があるので、わたし如きには思いもよらないところであれの資料性を認めていらっしゃるということなのでしょう。
ただ、編集者からして『内容に虚偽や嘘が含まれているままで出版して岡野哲を嗤う』ということなのなら、それはそれで、また一興です。
でもそれって、やってることは同人レベルですよ?
ライターやってる友人とときどきそういうことについて話をしたりはするんだけど、岡野哲の書籍とその出版姿勢については、商業出版としてはモラルを問いたくなる問題ですけどね。


伸び悩んでますが募集中なので、今一度署名リンク貼っておきますね。
http://www.shomei.tv/project-1266.html
http://www.shomei.tv/project-1268.html
岡野哲の排泄したサンダーフォースVIに対してセガに意見するための手段です。個別にセガに問い合わせを入れてもテンプレ回答などで返されて実効力がないため、数が必要です。
ゲーム制作者がシリーズタイトルを私物化して好き放題することや、出してしまえばファンは文句を言いつつも買うだろうという制作側のユーザー軽視の姿勢に一石を投じたいという上での活動です。
何卒ご協力をお願いいたします。


|

« ただの日記です。過度な期待はしないでください。(~20090920) | トップページ | ほしのくず・わかりあえない・きたるべきとき(~20090922) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511749/46268657

この記事へのトラックバック一覧です: 8bit年代記の帯コメントについて:

« ただの日記です。過度な期待はしないでください。(~20090920) | トップページ | ほしのくず・わかりあえない・きたるべきとき(~20090922) »