« 風邪ひきなのか鬱なのか(~20090821) | トップページ | 真・セイミツと三和のレバーとボタンの見分け方講座 »

2009年8月22日 (土)

ポータブルBlu-ray ROMドライブを使ってみた(MARSHAL MAL-BD02U2)

なんか久しぶりにPC関連のネタです。
前々から気になっていたポータブルBlu-rayのコンボドライブを買ってみました。
目的はThinkPad T61pでもっとお手軽にBlu-rayを見られないかな?と思ったこと。据え置き機では電源の確保とかがいちいち面倒だったので。
購入したのはこれ、MARSHALのMAL-BD02U2です。
書き込み可能でスロットインのドライブもあったんだけど、2倍速書き込みはまあしょうがないとして、ポータブルでもBlu-rayの読み込みと書き込み時に電源が必要というのが納得できなかったので、この手のポータブルドライブはバスパワーで駆動してなんぼという価値観の持ち主たる筆者としては、再生だけでもいいからバスパワーで動かなきゃダメのダメダメですぅ!と思ったので、今回は再生のみですがコンボドライブを選択したわけです。値段も定価で1万円を割っているという、なんとも良心的な製品ですし。
ちなみにNetBook対応とあるけど、チップセットの問題でビデオがついてこなくてネットブックじゃBD再生できないんじゃないの?というのはさておいて、まずパッケージ外観。
Pbdpackage01
商品名のところになんかシール貼ってありますね。
側面はこれです。
Pbdpackage02
おわかりいただけたでしょうか?
MARSHAL社さんのノート用光学ドライブ外付けケースにパナソニックのUJ-120を入れた製品ということで、ライティングや再生ソフトを省いて低価格を実現したということで、それでといい思うんですよね。なんでもかんでもハードにソフトがついてなきゃというのはダメ人間のダメな思考ですよ。必要なソフトは必要に応じて買えばいいのですよ。わたしはBlu-ray再生用にPowerDVD8を持っていたので(本当は9が欲しい、そのうち買おうかな…)、ライティングソフトはImgBurnで問題なさそうだし、こういうバンドルソフトありません的製品は全然おkです。
ドライブ外観はこれ。
Pbddrive01
そろそろドライブ正面のロゴがにぎやかになりすぎてきましたねwww
まぁ、多種メディア対応だからしょうがないっちゃしょうがないんですが。
そしてドライブ背面。
Pbddrive02
USBはタイプBのコネクタです。この手のドライブ、据え置きならありがちだけどポータブルは最近ではmini Bコネクタが標準になってきたけど、これはこれでおkです。そして電源はセンターピンがプラスで外がマイナスのコネクタ。ACアダプタとUSB補助電源コードが付属しますが、ThinkPad T61pではいずれも使用しませんでした。バスパワーのみでおk、そのスマートさがナイスでした。
ドライブトレイはこんな感じ。
Pbddrive03
ピックアップレンズが2個ありますね…DVDまでのディスクと、Blu-ray用でしょうね。これは作るの大変そうだ…よくこのサイズで実用化できたものだなぁと、驚きました。まぁ、本当はThinkPadに内蔵させたかったから、9.5mm厚でPATA接続のドライブが早く市場に出回ってくれるとうれしいんですけどね。しかしまぁ、もうBDコンボドライブがこの価格で手に入るということ自体が驚きです。
実際の動作は実に静かで快適、BDで薄型でもこれはすごいねーと思いました。
再生も基本的には問題なし。2度ほど再生が完全に停止してしまったことがあったんですが、これはまだ電源の供給不足なのか、再生ソフト側の問題なのか、ちょっと切り分けできていませんが、結構長時間使っていての現象だったので、あまり気にしてません。それほど問題になるほど頻繁に停止したわけじゃないですし。
再生ソフトとしてはWinDVDなんかよりもずっとあてになるわけで(PowerDVDのBD再生は結構信用できます。WinDVDはコーレルに身売りされてからもうダメダメですし)、たぶんあのとまり方は電力不足のような気がしなくもなく、でもバスパワーで映画1本まるまる普通に再生できてるし問題はないと思われます。
サイズも手ごろでドライブ自体はパナソニックなので信頼性もそこそこ高いと思われるこの製品、お持ちのノートPCが能力的にBD再生おkならおすすめです。デスクトップ用にもお手軽な増設ドライブとしておすすめですね。

で。
LOOX U/C50に接続してみた。
バスパワー不足でスピンアップすらしないwww
しょうがないのでポートリプリケーターのUSBを使って補助電源ケーブルも用いて動作させてみました。一応動きましたが、BD再生はビデオドライバが対応してないって怒られて再生できませんでしたね。Atomプロセッサというかチップセット周りの再生支援の実力を見せてくれ!と思ったんですが、残念ながら再生はできなかったということで。液晶が結構高解像度だから、再生できたら面白いかな?と思ったんですけど、残念でした。

…と、まあこんな感じで。
先日、友人宅でガンダム00のコンプリートベストのBlu-ray版とDVD版を両方見比べてもらって「なるほどやっぱりBlu-rayの解像度の高さと発色のよさはもう規格としてDVDと違うんだね、すごいね」ってようやくわかってもらえたりしたんですが、Blu-rayとDVDはもう再生画質に圧倒的な差があるので、わざわざ映像ソフトを買うならもうBlu-rayしか選択肢はないかなぁと思うわけです。で、再生環境をそろえるには、ということになるわけですが…。
なかなかにいい製品だと思うので、PCのハードパワーが足りてる方はBD再生の足がかりとして買ってみてはいかがでしょうか。フルHDの表示できるPC用液晶モニタもすでに1万円台で手に入るこのご時勢、Blu-rayソフトの再生環境をそろえるのはかなり容易だと思われますので、チャレンジしてみては?


|

« 風邪ひきなのか鬱なのか(~20090821) | トップページ | 真・セイミツと三和のレバーとボタンの見分け方講座 »

AV機器」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511749/45999769

この記事へのトラックバック一覧です: ポータブルBlu-ray ROMドライブを使ってみた(MARSHAL MAL-BD02U2):

« 風邪ひきなのか鬱なのか(~20090821) | トップページ | 真・セイミツと三和のレバーとボタンの見分け方講座 »