« モバイル専科さんはリアル店舗はケイゾクです そして個人的にWILLCOM 03始動 | トップページ | 遊星よりaiをこめて(20090116までの日記) »

2009年1月12日 (月)

ただの日記です。過度な期待はしないでください。(20090108~20090111)

職場が大宮に移ってから秋葉原に行きづらくなったなと思っていたんですが、千葉県から来ている方が仰るには秋葉原へは大宮から30分くらいで行けるから遠くはない、と。
やってみた。
確かに30分くらいで行けました、わたしの自宅から行くより時間がかからない…お金もかからないw
東北線か高崎線で上野へ出る乗換えですよ。
浅草橋から行くより当然遠いから気軽に寄るというわけにはいかないけれど、大宮で買い物して微妙に損したり商品選ぶ幅が狭いよりは、秋葉原へ出ちゃった方がいいなぁと思ったりもしました。

10日は先日鷲宮のサンクスで予約したねんどろいど ぷち らき☆すた お年賀セットを引き取りに行かねばならなかったのですが、別の事情で仕事の日になってしまったので、仕事のあとに引き取りに行くのはつらいなぁ…なんて思っていましたよ。それが驚いたことにこの日の訪問先が鴻巣~久喜というコース。これは…と思い、ドライバーでエンジニアな先輩に「鷲宮寄ってもらっていいですか?」と切り出してみたところ、あっさり「おk」と返事をいただいたので、食事休憩もかねてサンクスへ行くことができました…助かったー。
Luckystarpuchipackf
できいいですねー、相変わらず。
Luckystarpuchipackr
ちゃんと4人いますよ?みWikiさんハブられてないですよ?
仕事は2件ともノートだったので見学させてもらうつもりだったんですが実質的な作業はわたしがやったという…でもわたしは『ばらすの専門』で組み立ては苦手なので(ダメじゃん)、解体後の組み立ては先輩と一緒にやっていただいたり。もっともLOOX U/BとLOOX U/Cは基本は装置交換なので依頼自体が普段はほとんどなく、それのシステムボード交換だなんて…私物もばらしたことないのに初めてでした、成功して一安心。
…ユーザーさんを訪れるカスタマーエンジニア、はっきり言うと実際に実機をばらす経験というのは、案件が起こってユーザーさん先でやるのがはじめてというケースが少なくないです。ぶっちゃけ業務時間内では学習する時間もないし資料を読む時間もありませんよ。メーカーから検証機などが送られてくるはずもなく、新型機が出ても検証や研修なんてまったくありませんのだ、というのが実情です。ソニーなんかは実機研修がありましたけど、あれは検証とは言わないような…保守マニュアルも無しで『分解して組み立ててください』とか、どう考えても嫌がらせというか、エンジニアいじめですよ?(苦笑)…担当の方がニヤニヤしてエンジニアを生暖かく見守られててもうね。それはさておき、時間もないし実機もいじれなければ、じゃあどうするのかというと、ハードウェアやOSなどのソフトウェアの知識も、個人の技倆に負う所が非常に大きいのですよ。そういう業界の体質はどうかと思うんですけどね…しかもそんなだからCEの質なんてピンキリもいいところだし(もちろんみんなユーザー様先では最善を尽くすわけだけど)。それとD社やL社の保守マニュアルは一般公開されてたり比較的わかりやすいし分解・組み立てする上で破損しないようにポイントやコツがしっかり書かれているんだけど、ぁ、ぃゃ、その、大変だったですよ、ベゼルとボトムケースの爪の位置とかは書いてあるけど、実際にどうやって開けばそこが外れやすいとか全然書かれてないので、なるほど別の先輩が「あのマシン、絶対ボリュームノブとか壊すから」って言ってたんだけど、おk把握したって感じでしたよ。わたしはちょっと悩んだけどなんとか壊さず解体できましたが…保守マニュアル書いた奴一歩前へ出ろ。多分一般ユーザーさんが分解していらんことにならないように公開してないんだと思いますしその姿勢にはどうともいえないですよ、でもマニュアルって誰が読んでもわかりやすいように書かれてなければ意味ないわけで、そういう意味ではL社の保守マニュアルでも読んで猛省して欲しいですよ?それとCEがユーザーさんの目の前で保守マニュアルを見ることについてはわたしは否定しないんです、カッコつかないとかはあると思うしそりゃ頭に入ってる方が手早いしスマートだけど、状況が状況だけにわからないのをない知恵絞るよりも資料があるなら見ながらでもミスしないようにするのが筋だと思うんですけどね。
そんなわけでLOOX Uはパーツさえあればとりあえず自力で直せるようになりました(そっちかよw)。

といいつつ、たまたま事務所に”壊しても怒られない検証用ノート”があって、分解して直してくださいといわれたのでやってみた機体があって、これまた保守マニュアルがないものだったんだけど、多分マニュアルさえあればミスなくできるという自信のついた機種がひとつ。で、それはどうでもいいんだけど、その機種自体がすごくいいなと思ったので調べて見ました。
HPのHP 2133ですよ。
いわゆるNetBookとかULCPCのカテゴリに属する機体ではありますよね。インテルプロセッサじゃなかったり店頭で見る機会の少ない機械だからモバヲタじゃないと知らない機体なのかもと思って、実際わたしも事務所で見るまでこんなのが出てるなんて知らなかったんですが、これはおすすめです。
サイズはいわゆるNetBookでそこそこ大きいし重いんですが大方Eee PCの9シリーズとかAspire Oneあたりと競合する製品かな?と思ったんだけど、ぶっちゃけHP 2133のが出来いいです。
価格もHPが価格改定を行ったようで現状では手に入りやすいものになっていますし、わたしならLOOX Uじゃなくてもっと安くでというならこれをおすすめしちゃいたいですね。でかいけど。
何がすごいかって、Eee PCにしろAspire oneにしろ、その他LenovoIdeaPad東芝NB100にしても、液晶解像度がだいたい1024×600ドット前後なんですが、HP 2133は1280×768ドットでLOOX Uの1280×800に及ばないものの必要十分な解像度を持っていて、普通に使うだけでも全然問題ありません。Eee PCとかAspire one、IdeaPad、NB100あたりの安PCの縦解像度600なんてOSのプロパティすらマトモに表示できないダメのダメダメですが、HP 2133はそこらへんもちゃんとしているので問題ありません。プロセッサも実力十分、搭載OSが微妙だけどステップアップグレードできるし、メモリなどのスペックも十分で、デザインも質感もかなりいい感じですよ。ポインティングデバイスがタッチパッドなのが個人的に気に入らないですが、これはおすすめできる機種だと思いました。HPならメーカーサポートもしっかりしてますし、普通に買うならEee PCとかよりはHP 2133のが長く使えそうだし断然いいですよ。実物も超カッコいいので、ちょっと欲しくなりましたよ?(LOOX U持ってるわけだし買わないですけど)。

11日は友人宅で前々から光デジタルケーブルの比較試聴をさせてーってお願いしてたので、聴かせてもらって来ました。ケーブルはわたしが普段使ってるPOC-10DSAと友人が持っていたのがPS AUDIOのXDS/1.0TOSで数年前にヨドバシのアウトレットコーナーで2万円くらいで買ったとか。光は興味はあったけどじっくり比べる機会がなかったのですよ。プレーヤーはマランツDV9600、AVアンプがマランツでスピーカーはELACで結構大きめのものだったけど型番ちょっと覚えてないです、そしてヘッドホンでの試聴はアンプがProdino(KAF-A55)でヘッドホンがMDR-CD900STですよ。
曲は『娘フロ。』のCDから『TALLY HO!』で比べてみたですよ。感想としては…POC-10DSAではやわらかく聴きやすい音かなと思ったけど、XDS/1.0TOSでは全体的に見通しがよくなってすっきりして解像度も格段に上がり音に艶が出てる感じ。全体的な情報量がもう違う印象で、ブラスの質感も伝わるような気持ちのいい音で、これはすごいなと思いました。人によっては聴き疲れすると思う人もいるかもなーとは思いましたが、パフォーマンスの高さは理解できました。ま、定価レベルで10倍くらい差のあるケーブルだから当然なんだけど、デジタルで光ケーブルでもこれだけ差があるんだってことを実感できて楽しかったですよ。多分プレーヤーがそこそこいいからだと思うんだけど、Prodinoのアンプ・KAF-A55がそれを受け止めてちゃんと鳴らせるだけのポテンシャルがあるのも驚きました(やっぱりこのアンプすごいです…それでいて価格がお手頃なのもすごい)。スピーカーとヘッドホンではスピーカーの方がよりダイナミックでいい音でしたね、やっぱスピーカーもいいもの使ってるなぁと思いましたけど、CD900STも結構気持ちよく聴けるから全然おkなんですけどね。ケーブルの違いは十分わかるレベル。これはオカルトとかそういうのじゃないですよ?
で、友人は電源ケーブルも色々持ってるというので、取り外しやすくてすぐ比べられるようなのあったら聴かせて?ってお願いしたら1本出してきてくれました。ケーブルは銀単線で1m2万くらいの線材でケーブルの工作請負をしているような人に作ってもらったものだそうです。これをHD-1Lとその付属の電源ケーブルとの比較で、ヘッドホンはMDR-CD900STで、プレーヤーはHD60GD9EC、プレーヤーからHD-1LはCrystalConnect PICCOLO CP-MINI-RCA-1Mで接続。曲は『風が知っている(赫奕たる異端・OP)』で聴きました。付属の電源ケーブルよりも友人の銀単線の電源ケーブルの方が、ぐっと音そのものが引き締まって鮮明になり、ベールをはがしたような見通しのいいすっきりした音でした。鮮度も高くて気持ちいい音です。こちらは簡単につなぎかえられるよというので、せっかくだからブラインドでも試させてもらって、はっきりと違いを当てることができたので、そのくらいぐっと差が出るってことですよ(わたし自身、そんな違いわかるんかい?って思ってたけど、自身で思うより糞耳じゃなかったのかな?と一安心)。これも面白い経験でしたよ。昔はそういうのをその気になれば比べられる環境にいたくせに興味なくてやらなかったなんて、実にもったいことしたなーと(後悔しても遅いわけですよ)。光でも電源でも変わるの当然と思ってる方にはいまさらなことなんだけど、わたしは理屈では知っていても経験したことがなかったから、光や電源ケーブルでもそのくらい変わることが体験できて、実に面白い日でした。そのあと友人がAH-D7000が気になるというのでHD-1LとiHA-1 V2-1で聴いてもらったり(ヘッドホンはいいものだね、アンプはHD-1Lの方がいいねーというのが友人の感想でした)、00とフルメタのBD見たりとか。面白い休日でした。


|

« モバイル専科さんはリアル店舗はケイゾクです そして個人的にWILLCOM 03始動 | トップページ | 遊星よりaiをこめて(20090116までの日記) »

AV機器」カテゴリの記事

LOOX U」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 ネットブック繋がりで、VAIO type Pを発売前に実機を触る機会があったので、SONYの方に失礼ながらLOOX Uと並べて比較してみました。

 サイズは奥行きがLOOX Uの方が1.5cm程度大きいという感じ、LOOX Uのヒンジの位置が位置なので、ヒンジ部からキーボード手前側までの長さはLOOX,VAIOともに同じ程度。横幅はVAIOの方が断然長いです。
 液晶の解像度はVAIO(1600×768),LOOX(1280×800)とLOOXの液晶をそのまま横に引き伸ばしたような感じの液晶でした。VAIOの液晶はアンチ・リフレクトコートしてあるので、屋外での見やすさは良さそうです。
 VAIOのキーボードは相変わらずMacBookの紛いみたいな仕様で、IBM,Lenovo機のようなトラックポイントが付いてます。クリックボタンとトラックポイントのスペースが狭い上にクリックボタンが細長く使いにくい。LOOXのALPS圧力センサーに比べれば良い。キーはLOOXより大きい。
 重量はLOOXの方が軽いです。バッテリー持ちはカタログ値ではLOOXの方が有利ですが、消費電力では劣ります。

 VAIO type PをLOOX Uと同等性能・装備までカスタムすると、キャンペーン時のLOOX価格になります。液晶の解像度を取るか、タッチパネルを取るかですね。VAIOはネットブック、LOOX UはUMPCですから。あと、アフターサポートに関しては富士通の方が上だと思いますし、富士通も本腰上げて宣伝すればLOOXも売れると思うんですが。

投稿: cyberbird | 2009年1月12日 (月) 21時25分

cyberbirdさん、コメントどうもです。
VAIO Pは興味はちょっとだけあったんですが購入対象にはならないだろうなぁということで見に行ってませんでした。
ソニーらしいわりととんがった仕様でGPSなんかもあるあたりはうらやましいんですが、VAIOを持ち歩きで使うのは耐久性的な意味で怖いなーというのがありまして(苦笑)。
いいマシンだとは思うんですけどね、横に長いのがちょっと残念。ジョルナダとか思い出しますね。少なくともPCを尻ポケに入れたいとは思わないけど、そこまで小さくしたのはさすがソニー。
富士通はLOOX Uをもっと押していいと思うんだけど、そこまで宣伝に金かけたくないとかもあるんでしょうね。それ以前に生産も追いついてないみたいですし(保守部品もなかなか手に入らなかったりします、交換用完成品など先の話でしょうね)。
TVCMとかやってくれてもいいんだけど、見るからに力の入ってるデザイン重視のFMVノートとLOOX Uでは扱いが違いすぎて泣けてきます。キムタクさんがLOOX Uを颯爽と取り出して…なんてCMでユーザー増えたらそれはそれで、なのですが、この機種自体、元からPCそれなりにわかってる人向けっぽいところがあるから、サポートとか悲惨なことになりそうで…今くらいの注目度がいいのかもしれないですね。

投稿: 釘町阿梨 | 2009年1月12日 (月) 23時27分

いつも素早い返答に感激です。

 たしかにLOOX Uは一般向けという空気のPCではないですね。PCをバリバリに使いこなしている人向けなちょっとしたプレミアム感が...
 LOOX Uの生産ってまだ追いついてないんですか、小さいので組み立てるのが複雑そう。前型の液晶ユニットの組み立ては他機の2倍の人数で行っていたそうです。ほかにも唯一ピンセットを使用したりと普通のPC以上に手間が掛かるようですね。島根のおばちゃん達が丁寧に1台1台手作業で組み立てていますから、信頼性は高いです。基板製造から組み立て→出荷を国内の1ヵ所の工場で済ませているのも素晴らしいです。

 つい最近OQOのmodel2+が発表されてから、そっちの方にも興味が湧いてしまって... ですが、有機ELの解像度が低くかったり、OSがXPだったりなのでOQOの次期モデルに期待していたりします。電磁誘導式タッチパネルなのも魅力なのですが、スタイラスが選べないのはやっぱり不便かな。
 使ってるノートPCの天板はシート印刷して貼っちゃう人なので、スライド式だとそれも出来ない。以前、知り合いに見せたら「お外に出れない」と言われましたが普通に大学とか電車内で使ってます。別に絵柄は"痛い"訳ではないのですが。そろそろLOOXの天板も本気モードの物に貼り変えたいのですが、耐久性に難があるので奮闘しております。

投稿: cyberbird | 2009年1月13日 (火) 19時52分

阿梨さん、ソニー系の人だったのですか。
そうそう今回、MDR-EX700SLを入手しました、7,000円で。タイ製らしいですがバランスが少し右に。エージングでどう変わるか。EX300の方が音が良い感じですが、しばらく使ってみます。
その後、LOOX U50は問題なく使っています。でも前のHDDの方が高速な気がします。
では、お仕事頑張って下さい。

投稿: mipod | 2009年1月13日 (火) 20時46分

cyberbirdさん
どもです。LOOX Uはほとんど国産というところもすごいかなと思うんですよね。内部はシステムボードまでなら意外とシンプルでメンテナンス性高いです。液晶ユニットは分解したことないんですが(多分そこまで重篤だと装置交換)。
OQOはいいんだけど手が出ないんですよね、それとLOOX Uに慣れるとスライドよりもこっちのが使いやすいと…(スライドならAd[es]やWILLCOM 03もあるので)。
天板はわたしも貼り換えたいんだけどなかなかいい絵とかデザインが思い浮かばない…いいのが出来たら見てみたいので楽しみにしてます。

mipodさん
どうもです。ソニーだけじゃなく状況や依頼によってはどこでもやってました、今は某社関係。バレバレですが(苦笑)。
ところでそのEX700、えらく安くないですか?すごいです。
わたしは結局ずっとEX90使ってます。EX500はサブでスタンバってる状態。EX700は…確かに買えばソニーのEX系が下から上までほぼ揃うんですが、コレクターじゃないしなぁってことで躊躇してます。というかソニーでは前から他の気になってるのがあって、そっちが先かもです。

投稿: 釘町阿梨 | 2009年1月15日 (木) 06時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511749/43715332

この記事へのトラックバック一覧です: ただの日記です。過度な期待はしないでください。(20090108~20090111):

« モバイル専科さんはリアル店舗はケイゾクです そして個人的にWILLCOM 03始動 | トップページ | 遊星よりaiをこめて(20090116までの日記) »