« AH-D7000予約開始 | トップページ | 富士通サポート超いい! »

2008年8月23日 (土)

機動戦士ガンダム00 Blu-ray Disc発売

もうすぐセカンドシーズンも始まる機動戦士ガンダム00のBlu-ray Discが発売されましたよ。
といっても、1月からわかってたことですでに予約済みだったんですが、これの発表タイミングに「やられたよ」と思った人は結構いたのではないですかー?
わたしがそうで、DVD全巻予約済みでわくわくしてたらDVD1巻発売直前にBD版リリース予定の発表があって、マジっすか?なんて届いたDVD1巻目を開けたら封入されてた宣伝に夏からBlu-ray版リリース予定って書いてあるよwww
という状態で、もはや両方揃うのは不可避でした(DVD売ればいいじゃんってのは…そうもいかないんですよ?)。
そんなわけで届いたBlu-ray版、早速見ました。マクロスフロンティアの1巻とか00と同時に届いたマクロスゼロはいまだに放置なんですが(普通にダメだろそれ)、00はずっと楽しみにしてたので、1話見返しててもすごい面白かったですね。
とりあえずはBlu-rayとDVDのパッケージはこんな感じ、というのから。

00box
まずジャケットとBOX。左がBlu-ray、右がDVDです。
BD版がわりと渋くまとめていて、DVDはいわゆる全員集合楽しい系ですね。

00disc
それぞれのディスク。Blu-ray版は一応カラーのピクチャーレーベル。

00booklet01

00booklet02
ブックレットです。基本的にBlu-ray版もDVD版も同じで、Blu-ray版がひとまわり小さいだけ、というものです。

00jacket
ジャケット裏面です。パッケージサイズが違うので若干レイアウト変更とかはありますが、これも基本的には同じものですね。ただ、コメンタリーなどの収録内容が異なるのでそういった表記がBlu-ray版には追加されています。
…と、まあ、ここまでであればBlu-ray版があればDVD版いらないんじゃないの?売っちゃえば?と思うのも当然で、コメンタリーが違うとかいうのはありますが、わかります。
が。
ここからお見せするもののせいで、DVD初回版を手放せないという…。

00mf01

00mf02

00mf03
はいこれDVD初回版にのみ付いてきた”MEISTER FILE~INTERNAL DATA OF VEDA~”というブックレットの抜粋です。
このようなインタビューや描き下ろしイラストの他に、各種設定資料やサブテキストなども収録されたものが付属してるのですよー。
これのせいでDVD版は手放せなくなりました(号泣)。
Blu-ray版には付いてこないってなんとなく予想はしてたんですけどねー。
ちなみに上のインタビューをご覧頂けるとわかりますが、00のBlu-rayやDVDはヘッドフォンでの視聴推奨ですよ。さあ、アニヲタのみなさん、ごっついヘッドフォンの出番ですよ?(なんか自虐的だな…冗談ですよ?)

まあ、フォーマットの切替時期の作品にはよくあることなんですけどね、ToHeartだってLDで買ってたけどDVDも揃えたしね(何もかもみな懐かしい…といいつつ、先日北米版のDVD-BOXも予約しましたよ?興味がおありのかたはこちらこちらこちらでどうぞ。国内版DVD-BOXよりはるかに安いし画質もいいらしいですよー)。
東鳩のはなしはさておき。
Blu-ray版の00の画質はさすがに半端じゃなくきれいです。HD作品ということもあって、DVDではかなり甘くなっていた映像が本来のシャープさで表示されるので見ていて非常に気持ちいいです。地デジで発生していたビットレート不足によるものと思われる映像の荒れも皆無で、これは00好きなら買わなきゃ損です。これが本来の00なんだな、ということで。
絹江が見てるネットの画面の文字なんかも鮮明に読み取れるし、各種モニタの文字やテロップもシャープだし、なにより緻密に描き込まれた背景などが鮮明に見えるし、発色もDVDより鮮やかなので見ていて気持ちいいですよ。
これを体験しちゃうとDVDには戻れないっていうのはあると思います。
とはいえ、改めてDVD版も見返してみたんですが、確かに規格の限界で絵が甘いとか発色が…とかはあるんだけど、圧縮技術の限界に由来するような破綻があまり見られないのはさすがバンダイビジュアルのエンコード・オーサリング技術はすごいなってところです(※もっとも作品にもよるのでスタジオぴえろの魔法少女シリーズBOXとかハレのちグゥOVAの映像特典の圧縮なんかはとことん手抜きですけどねー)。他社が現在出しているHDソースのDVDで、たとえばドルアーガの塔~the Aegis of URUK~なんかだと、もうオープニングから泣きたくなるほどブロックノイズが出てたりするし、そうすると00なんかはもっと動き激しいしGN粒子の表現や意図的にノイズっぽい効果を画面に使ってたりするところがある(前期エンディングなど)からあからさまにMPEGにはやさしくないソースのはずなんだけど、それでもあまり破綻せず圧縮に起因するノイズが出ないのは、さすがとしか言いようがありませんよ?
そういう意味では先月リリースされたマクロスフロンティアのDVDも見てみたいなぁと思ってはいるんですけどね。地デジだとOPでクランが出てくるところとかですでにノイズがひどいことになってるんですが(録画してる方はコマ送りでもして見てみていただけるとわかるかもですよ?)、ちゃんとバンダイビジュアルがリリースする製品版の”DVD”だとどうなのかなぁ?と思ったりするわけですよ(Blu-ray版は綺麗で当たり前だしそっちを買っちゃってるからフロンティアの製品版DVDは持ってないんですよ…まわりもギアスだなんだで誰も買ってないし)。
自前でエンコードした00とかは結構パラメータいじったわりに厳しいなぁって感じだったんですがやっぱり製品版のDVDはすごいってことで、そこらへんはソースがいいってこともあるんでしょうけどさすがプロですね。GONZO/avexも見習ってほしいものです(を?

DVDの話はさておき、そんなわけでマイスターズファイルにこだわらなければ00のBlu-rayDiscは間違いなく買いの作品ですよ!
コメンタリーも面白かったし。特にスタッフコメンタリー。00の1話はお偉いさんからもほめられたそうです、これだけキャラとメカがしっかりたくさん出てくる1話は珍しい、とかで。これまでのような受け身(ひょんなことから巻き込まれてガンダムに乗って戦わざるをえなくなる)じゃなくて攻めのガンダムを目指したとか、プロデューサーさんの”我々は何年かに一度ガンダムを作らなきゃいけない会社にいるので”発言も結構面白かったですよwww
もうすぐセカンドシーズンも始まりますし、ファーストシーズンを見ていなかった方もこれをきっかけに00を見てみてくれるといいなと思いますよ。
特にファーストガンダムにとらわれた人、毛嫌いしてちゃ勿体ないです。
00内での”ガンダム”という言葉の概念的なもの(特に刹那の発する”ガンダム”について)が飲み込めてくると、すごく熱くのめり込めるようになるので面白いですよ?


個人的には黒田洋介さんのオリジナル作品ってことで期待してたってのもあるんですけどね。
天地無用!OVA第二期もかなり泣かせてもらったし、サミーMAICO2010無限のリヴァイアススクライドなどなど、結構黒田作品好きなので。
この人、原作つきでも原作の枷が少ないとか、オリジナルやってくれる方が面白いです。そこにパロディ色を入れてもおkってことにすると、おそらくは最大限で本領発揮ってことなんでしょうけど…それが先日出た00のドラマCDってわけですね、わかりますwww


|

« AH-D7000予約開始 | トップページ | 富士通サポート超いい! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511749/42248833

この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士ガンダム00 Blu-ray Disc発売:

« AH-D7000予約開始 | トップページ | 富士通サポート超いい! »