« るっきゅん(LOOX U50)にWindows XP SP3をクリーンインストール(Professional&Home・Tablet Edition 2005両対応) | トップページ | 極小劇場のすゝめ(ポータブルDVDプレーヤーとバーチャルサラウンドシステム) »

2008年5月30日 (金)

俯瞰から墜落!(空の境界・俯瞰風景)

遅ればせながらOVA劇場版らっきょ(空の境界)の感想をー。
※サイズ固定でスクロールバーの出ない不親切なサイト設計、なんとかならんかなぁ…るっきゅんじゃ画面からはみ出して見られないのよ。

DVDは発売日に届いていて何度も見たんだけど、思っていたよりいい出来だったので次以降にすごい期待してます。本当は劇場で見たかったけど、これ劇場へ来ることを拒否してるような上映形態だったし、ぶっちゃけ無理ですって感じだったから、DVDは待ち遠しかったよ。
おっそろしく絵のクオリティが高いので映像を見てるだけでもそこそこ気持ちいいですねー。劇場用というならこのくらいやらなくっちゃってところですか。
本編そのものはわりとらっきょのエッセンスをしっかり凝縮してあって、Fateから入ったような人向けにもわかりやすくなってるんじゃないかとは思いましたが、原作読んでなけりゃイミフwwwなところがあることはあります。原作読めとは言いませんが。面白いけど苦行だし。わたしは同人版から式が大好きで読んでたし商業化されたときの記念箱も買ったけど、記念箱はあれ本というより飾りものですねー、読むこと前提に作られてない気がするwww
ただ、今なら文庫化もされて読みやすくなってるから、興味がわいた人は手を出してみるのも面白いと思います。
声はドラマCD同様に川上とも子で動いてる式を見たかったのが本音なんだけど、今の式もなかなかいいなーと思ったよー。「じゃあ、殺さなきゃあな!」とか、ゾクゾクきましたよ。
BGMがいいですねー、梶浦節炸裂で。NOIR思い出しました(霧香かわいいよ霧香)。サントラ買わなきゃですよ。
ところで式の目つきがやたら悪いのがちょっと気になったかなー?
ラストのジェラートネタのシーンの式はやたらかわいいけどね。同人版のそこの挿絵の式だったかドラマCDのジャケットの式はもっとかわいかった気がするけど。
こうなると次以降にもますます期待しちゃいますね。わたしとしては対ふじのんがとても楽しみなんだけどねー。アクションシーンももちろん期待してるけど、不良に襲われるシーンとかをどう映像化してるのか興味津々。挿入れますか?挿入れませんか?みたいな(サイテーだな、ぉぃ)。
歪るシーンとかも特殊効果やCGをうまく使えば面白くできるんじゃないかって思ってて、えらい期待してます。
わたし前々から映像化するなら月姫よりもらっきょの方がアクションとか映えて面白いんじゃないか?って言ってたんだけど(月姫ファンの友人からは「え゛ー?」なんて散々突っ込まれたけどね)、ようやく映像技術がらっきょを作れるくらいになったってことかなと。
今回のを見た感じだと作画が結構硬質な感じがするから、人物はもっとかわいくなってるといいなと思います。ふじのんはかわいくなきゃだよね、霧絵怖かったんでwww
DVDのわりに解像感もそこそこあってとにかくきれい、さすがアニプレ。本当はBlu-rayで欲しかったし、アニプレならFLAG劇場版はBlu-rayでも出してたから(あれも実にいい作品でした、ってかBlu-rayで本領発揮って画質でしたし)期待してたんだけど、まあいずれ出すんだろうなぁ、で、買っちゃうんだろうなぁ…。
アクションとかとにかくよく動いているし絵もきれいだし、見るだけなら通常版でいいけど、らっきょってコンテンツにどっぷりつかりたいなら限定版を買うしかないですねー。

|

« るっきゅん(LOOX U50)にWindows XP SP3をクリーンインストール(Professional&Home・Tablet Edition 2005両対応) | トップページ | 極小劇場のすゝめ(ポータブルDVDプレーヤーとバーチャルサラウンドシステム) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511749/41369394

この記事へのトラックバック一覧です: 俯瞰から墜落!(空の境界・俯瞰風景):

« るっきゅん(LOOX U50)にWindows XP SP3をクリーンインストール(Professional&Home・Tablet Edition 2005両対応) | トップページ | 極小劇場のすゝめ(ポータブルDVDプレーヤーとバーチャルサラウンドシステム) »