« Ad[es]小物 | トップページ | るっきゅん(LOOX U50)にBluetooth内蔵 »

2008年4月24日 (木)

フォーカス1、起動!(bootskinでお好み起動画面に)

XP Tablet Editionを入れたときに起動画面をVistaっぽくしたいと思って調べていたら、BootSkinなるツールがあることを知りました。

http://www.stardock.com/products/bootskin/

スキンの作り方も簡単。解像度640x480ピクセルで4bit(16色)のBMP画像と、付随する情報を記述した.iniファイルがあればおk。アニメーションは無理だけど、プログレスバーを動かすくらいならできます。結構簡単なので起動画面を好みのCGに書き換えてみてね。

.iniの記述例はこんな感じです。

[BootSkin]
Type=0
Name= "Windows_XP_Tan"
Author= "Lord_Diablo_006"
Description= "...(XP-Tan)..."
Screen= XP_OS_Tan.bmp
ProgressBar= Bar.bmp
ProgressBarX= 68
ProgressBarY= 218
ProgressBarWidth= 129

Xp_os_tan上記の.iniだとこんな感じになります。
以下説明
Type:これは0のままでいいみたいです。作り方のヘルプを見ても記述がなかったよwww もし何かご存知の方がいらっしゃいましたら情報を頂けますか?
Name:スキンの名前です。テキトウにお好みの名前をつけてあげてください。
Author:スキンの作者の名前を設定します。
Description:スキンの紹介文です。
Screen:画像(BMPファイル)のファイル名を記述します。
ProgressBar:プログレスバーのファイル名を指定します。
ProgressBarX:プログレスバーを配置する画面内のX座標を指定します(プログレスバーの左上の頂点をセットする位置決めです)。
ProgressBarY:プログレスバーを配置する画面内のY座標を指定します(プログレスバーの左上の頂点をセットする位置決めです)。
ProgressBarWidth:プログレスバーを表示する幅を指定します。
※プログレスバーを表示しない場合は、ProgressBar関係の行は記述不要です。

Bootskin_listここまで書けたらテキトウなフォルダにBMPファイルと.iniファイルを入れて、それを”C:\Program Files\Stardock\WinCustomize\BootSkin\skins”の中に放り込んであげると、BootSkinのメニューから選べるようになります。BootSkinのメニューはスタートメニューのすべてのプログラムの中の、WinCustomizeの中にあります。 メニュー表示させるとこんな感じです。これでリソースハッカーでカーネルを書き換えたりせず簡単にWindowsの起動画面を置き換えることができます。メニュー画面の使い方は見ての通りですが一応説明すると、表示されてるスキンからお好みのものを選択してApplyを押せば次回起動時に選んだ起動画面で起動します。Default System BootscreenでApplyを押せばOS標準の起動画面にもどります。Previewを押すとどんな起動画面なのか素のサイズ(640x480)で表示します。ファイルメニューのImport from fileで、webにうpされているbootskinファイルを取り込めます。Random boot screen at startupは、メニューに取り込まれている起動画面が起動時にランダムで選ばれます。Export selected skin to fileは、選択したスキンを.bootskinファイルで出力します。出力時に任意のテキトウな名前を付けて保存してね。うpするときとかに便利そうです。Delete selected skinは、文字通り選択されたスキンをメニュー上と実ファイル両方から削除します。

…と、こんな感じでBootskinの使い方でした。結構簡単にできるから、いろんな起動画面を作って入れ替えてみると面白いかも。わたしもTAの起動画面で作ったよ。

「GDSOS.bootskin」をダウンロード

「GDSOSEX.bootskin」をダウンロード

これで気分はいつでも第三実験中隊www
ガサラキ、Blu-rayでリリースしてほしいなぁ…DVDだと解像度が荒くて、こういう起動画面とか、TAの細かい描き込みがもったいない。フィルム作品だしBlu-rayで出す価値は高いと思うんだけどなぁ。

|

« Ad[es]小物 | トップページ | るっきゅん(LOOX U50)にBluetooth内蔵 »

LOOX U」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。ナオ、いいます。
私もBootSkin使っていて、いまのに飽きてきてて・・・・・
自分でつくれたらな~なんて
いろいろ探し回っていたら、ココにたどり着きました。  って2・3時間がんばったのですが、
4bit(16色)のところで、画質が見れないくらい、悪くなっやうんですけど、どうやっているんですか?良ければ、おしえてください。おねがします。

投稿: ナオ | 2009年4月27日 (月) 15時03分

ナオさん、コメントどうもです。
わたしのところでは別の記事(確かグラディウスのロゴでBootSkinを作るようなのだったかと)でも紹介した『OPTPiX』のwebDesigner3というアプリケーションで減色処理を行っています。これで『標準』もしくは『アニメ調CG(ディザあり)』『アニメ調CG(ディザなし)』を画質優先でかけています。これだけ。
減色処理だから当然多少は色褪せた感じにはなるんだけど、グラデーションなどもきっちり再現された状態で減色されるのでそこそこ見られる絵にはなります。
ただ、元の絵が色数がやたら多いものなんかは減色するとそれなりに汚くはなりますが、見られないというほどにひどくなったのは今のところありません。
このOPTPiX、バージョンアップしたようなのでそれも買ってみようかと思っています。
写真やCGの処理をしたりするのにすごい便利ですよ。
LOOX U自身で処理させるとそこそこ処理時間がかかりますが、それでも不満のないレベルです。
他のフリーのソフトで減色処理できるものなども試しましたが、わたしが使った中で用途と価格のバランスが取れていてなおかつ処理に満足できたものがこのソフトです。

投稿: 釘町阿梨 | 2009年4月29日 (水) 20時05分

はじめまして。
Bootskin用の画像を作成して、プレビューでは正常に表示されるのですが、PC起動時に一瞬だけ正常な色で表示されるのですが、次の瞬間、色が変になってしまいます。
何がいけないのか、さっぱりです。
規格とおりに 640×480・16色・4ビットで作成しました。
ご教授頂ければ、幸いです。

投稿: アマナ | 2009年11月 8日 (日) 15時12分

アマナさん
参考にしていただいてありがとうございます、レスが遅くてすみません。
こちらでもそういうことがあるのか確認してみたのですが、数種類ファイルを作成して見ていても特にいただいたような症状がでることはありませんでした。
減色ツールによってはWindowsが起動時に使える正常なファイルにならない可能性があるので、いろいろとツールを変えてみてはいかがでしょうか?
OPTPiX webDesigner4であれば問題なく使えるファイルを生成してくれるはずです。有料のツールですが、これであれば色情報の正確なファイルを生成してくれるということでわたしはよく使っています。Bootskinを作る以外にも写真などの編集用にも非常に有用なので助かっています。
わたしもフリーのツールをいくつか試してみましたが、結局綺麗に減色できてWindowsでも正常に使えるファイルを生成するのがOPTPiXだけだったので、これに落ち着いた次第です。
画像の保存はできませんが減色具合を確認するだけなら試用できるようなので、試してみてはいかがでしょうか?

投稿: 釘町阿梨 | 2009年11月11日 (水) 05時29分

音声を挿入する事はやっぱり出来ませんかね?

投稿: | 2010年3月27日 (土) 23時27分

記名がないのでなんと呼べばいいのかわからない方、コメントありがとうございます。
音声は…どうだったか覚えていません。指定できるのが画像と進捗バーだけなので、おそらく無理なんじゃないかと思います。

投稿: 釘町阿梨 | 2010年3月29日 (月) 07時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511749/40969342

この記事へのトラックバック一覧です: フォーカス1、起動!(bootskinでお好み起動画面に):

« Ad[es]小物 | トップページ | るっきゅん(LOOX U50)にBluetooth内蔵 »